フェラーリ75年の歴史で1番売れたクルマって知ってる? 調べたら1万7000台以上も販売したモデルがあった! (1/2ページ)

フェラーリ75年の歴史で1番売れたクルマって知ってる? 調べたら1万7000台以上も販売したモデルがあった!

この記事をまとめると

■2022年上期のフェラーリの販売台数は6706台で年間販売台数で新記録を更新しそうだ

■フェラーリ歴代モデルの販売台数を集計してベストセラーモデルを探った

■これまでのベストセラーモデルの累計販売台数は1万7653台だった

フェラーリ初期モデルの販売台数はいずれも100台未満だった

 8月2日、フェラーリは最新の2022年上半期における世界販売台数を発表した。その数はじつに6706台。これは対前年同期比で23%増に相当し、昨2021年の年間販売台数が1万1155台であったことを考えると、今年もその記録が更新されることは確実な状況と考えられる。

 そのフェラーリも、今年で創立75周年を迎えるわけだが、これまでに販売されたモデルのなかでベストセラーはどれなのだろうか。こんな難しい質問が編集部から届いた瞬間、そのメールを削除してしまおうと思ったものの、個人的にもなぜか興味が湧いてしまったので、地道にそれを調べてみることにした。ちなみにここで紹介するのは、現在生産が継続されているモデルを除いたもの。ワンオフやイーコナ、あるいは限定車なども、あたりまえのことだがザクッと省かせていただくことにした。

【関連記事】ライバルメーカーの「フェラーリとランボ」「メルセデスとBMW」を同じ会社が販売! 高級車でお馴染みのコーンズとヤナセって何もの

フェラーリの歴代モデルの集合カット画像はこちら

 まずは1947年の創業から1960年代にかけてのモデルはどうか。この頃のフェラーリは、いうならばまだ家内制手工業の世界。最初のグランドツアラーとして1948年から1950年まで販売された166インターが38台しか生産されていないことを知れば、当時のフェラーリの規模も想像できようというものだ。ちなみにこの頃は、フェラーリはシャシーとV型12気筒エンジンを核とするパワーユニットを出荷するのみで、ボディの製作は外部のカロッツェリアに委ねられていた。166インターの場合はミラノのツーリングがその役を担っていたのだ。

フェラーリ166インターのフロントスタイリング画像はこちら

 生産台数が初めて100台の大台を超えたのは、1953年から1959年まで、4モデルにわたって進化した365/410スーパーアメリカ。トータルで410台を生産したスーパーアメリカは、その名のとおり豪華で卓越したパフォーマンスを持つGTとして、アメリカ市場で大人気を博した。

 1960年に発表され1963年までに1000台弱が生産された250 2+2(GTE)も当時のフェラーリとしてはヒット作といえた一台。リヤにプラス2シートを設けることで、その実用性が大きく高まったことが、その成功の理由だった。

フェラーリ250GTE 2+2のフロントスタイリング画像はこちら

 ちなみにコレクターズアイテムの頂点にある250GTOは、わずかに36台が製作されたのみ。また、フェラーリのファンには人気の高い275GTBもすべてのバリエーションをトータルすると932台という数字になる。

でラーり250GTOのフロントスタイリング画像はこちら

 そして初の1000台超えとなったのは、1964年から1967年まで生産された330GT 2+2。シリーズ1と2を合せると、1099台がマラネロから出荷された記録が残されている。

画像ギャラリー


新着情報