最高級EVが日本上陸! 輸入車なのに給電も可能なメルセデス・ベンツEQSの凄すぎる中身 (1/2ページ)

最高級EVが日本上陸! 輸入車なのに給電も可能なメルセデス・ベンツEQSの凄すぎる中身

この記事をまとめると

■メルセデス・ベンツ日本は電気自動車であるEQSを発表

■同日、EQS 450+を発売、またEQS 53 4MATIC+は予約注文の受付を開始

■メルセデス・ベンツ初のラグジュアリー電気自動車

ARヘッドアップディスプレイを採用!

 2022年9月29日(木)、メルセデス・ベンツ日本は電気自動車であるEQEとEQSを発表した。

 同日、EQS 450+を発売、またEQS 53 4MATIC+は予約注文の受付を開始。納車は同年10月頃を予定している。

 今回はメルセデス・ベンツ初のラグジュアリー電気自動車、「EQS」を紹介する。

【関連記事】メルセデス・ベンツが突き進むEV戦略! ミドルクラスセダンEQEを発表

メルセデス・ベンツが「EQS」を発表画像はこちら

EQSのエクステリアデザイン

 EQSのスポーティで低く構えたフロントは、グリーンハウスを跨いで続く「ワン・ボウ」(弓)のラインとサッシュレスドアにより、クーペのようなシルエットを形成。フロントにエンジンやトランスミッションを縦置きする必要がないことから、メルセデス・ベンツの典型的なシルエットとは異なるキャブフォワードデザインを採用した。通常よりも前方に位置するAピラーと前後のショートオーバーハングにより、ゆったりとしたキャビンスペースを確保することに成功。

 フロントフェイスは「ブラックパネル」ユニットに統合。また、ボンネットは左右フェンダーまで回り込んでいる。これはシームレスなデザインとしているだけでなく、高速巡航時にボンネットが浮く現象を抑え、空力的にも有効な機能性も備えた。左フェンダー側面のサービスフラップはウォッシャー液補充のためのもので、ボンネットは、室内用エアフィルター交換などのメンテナンス目的の場合にサービス工場でのみ開閉可能。ベルトラインに配置されたドアミラーは、空力と低騒音が最適化されたデザインとした。格納式のシームレスドアハンドルは全車に標準装備。

メルセデス・ベンツが「EQS」を発表画像はこちら

 ルーフからなだらかにつながるクーペのようなリヤエンドは官能的なデザインとする一方、テールゲートにスポイラーを設けることによりスポーティな印象も持ち合わせる。テールゲートは、隙間を精密にデザインすることでボディとの段差を最小とし、周囲との連続性を表現。リヤカメラはスリーポインテッドスター裏側の、汚れが付かない位置に格納。LEDリヤコンビネーションランプの内部は、曲線的な螺旋構造となっており、立体的に映るような工夫が施されている。フロントと同じくリヤにも連続したライトバンド(光の帯)が設けられ、メルセデスEQモデルであることを強調している。

EQSのインテリアデザイン

 左右のエアアウトレットはジェットエンジンのタービンを模したデザイン。高度な精密技巧とデジタル技術を駆使したMBUXハイパースクリーンとのコントラストを通じて、アナログとデジタルの共存という遊び心豊かな演出とした。なお複雑な形状を持つタービンブレードは、エアコンの空気を効率よく配分する機能を備えている。センターコンソールの前部はダッシュボードにつながり、下側は宙に浮いたような構造となっている。

メルセデス・ベンツが「EQS」を発表画像はこちら

 ドアパネルのデザインは、先進的な室内デザインを提案したもの。ドアパネルに取り付けたモジュール本体は宙に浮く格好で、アームレスト、ドアグリップ、ドアポケットなど、必要なものをすべて備えている。また、周囲が暗くなると自動的に点灯するアンビエントライトが、この宙に浮くような前衛的なデザインをさらに美しく演出。

 EQS 450+には、デザインはシンプルながら造形美にこだわったシートを採用。サイドサポートの「ラップアラウンド」形状は、乗員の身体を支えるとともに、シートの中央部とのコントラストによる立体感を生み出している。

 オプションのAMGラインパッケージではスポーツシートが標準となる。スリムな一体型の形状が特長で、シート表面は本革のカバーを上から掛けたように見えるデザインが施されている。

 シートは輪郭に沿って照明付きパイピングが施されており、夜間走行の際には 雰囲気のある室内空間を演出。

 インテリアトリムには、アンスラサイトファインラインライムウッドインテリアトリム、ブラックファインストラクチャールックセンタートリム、アンスラサイトファインライン ライムウッドセンタートリム、AMGカーボンインテリアトリムなどを用意。

メルセデス・ベンツが「EQS」を発表画像はこちら

 コックピットの機能と操作は基本的にSクラスと同様だが、電気自動車ならではのアレンジを各部に施している。グラフィックはすべてブルーのカラーテーマでデザインし、2つの円形メーターを映し出すクラシックなスタイルを採用。走行に関係するインフォメーションは2つのメーターの間に表示される。

 ディスプレイの表示は複数のスタイルからカスタマイズすることが可能。 EQS 450+のスタイルは、スポーティ、クラシック、ジェントル、ナビ、アシスト、サービスの6つ、EQS 53のスタイルは、TRACK PACE、 Super sport、 スポーティ、クラシック、ジェントル、ナビ、アシスト、サービスの8つを用意。

メルセデス・ベンツが「EQS」を発表画像はこちら

 スポーティは、立体的なパフォーマンスバーを採用し、走行状態(加速、減速、充電など)をエモーショナルに、そしてわかりやすく表示。Gフォースパックは加速度の変化に応じて円盤が空間内を移動する。

 ジェントルモードは、室内に静寂な雰囲気を演出する狙いから、表示内容をできるかぎり絞り込み、7つのスクリーンカラーテーマに応じてアンビエントライトの色合いの変化にもマッチ。アシストモードでは、車線変更や車間距離制御、標識などのインフラストラクチャー、検知した物体の識別(自動車、オートバイ、トラックなど)を表示する。

 ナビゲーションの表示では視線移動が大幅に削減できるので、疲労が軽減されるとともにリラックスした運転が可能となる。MBUX ARナビゲーションは車両の前面に広がる現実の景色がナビゲーション画面の一部に映し出され、進むべき道路に矢印が表示される。

 さらに、EQS 450+にオプション設定、EQS 53に標準装備されているARヘッドアップディスプレイでは、進むべき道路がフロントウインドウの約10m先の景色に重ねて矢印で表示される。クルマの進行方向が変わると、それに従って矢印も動き、つねにどの方向に進むべきかをわかりやすく表示。これにより、目線を逸らさず、より直感的にどの道路に進むべきかを判断することができる。

画像ギャラリー


新着情報