「その他コラム」の記事一覧 - 20ページ目

【好評:痛快F1コラム】ホンダ期待のシンガポールの成績も泡のように消えた…

激辛コラムも予想以上の反響で2回目もホンダ批判でOK? 「こないだのコラム、イイ感じで毒舌炸裂してたよ! ページビューも良かったから、シンガポールGPの後もコラム一本お願いね!」……と、Web CAR TOPから、再びF...

続きを読む...

【緊急】火山列島 日本でのクルマの噴火対策はどうする!?

■かつて日産「火山灰仕様」トヨタ「鹿児島仕様」があった!  台風の影響で茨城県常総市での大規模な水害に続いて自然災害が日本列島を襲う。9月14日には、熊本の阿蘇山が噴火したというニュースが入ってきた。この噴火では、噴煙は...

続きを読む...

愛知県警の交通事故「星占い」で死亡事故が多いのは「みずがめ座」!

■あなたは交通死亡事故全国ワースト1の奇策を信じますか?  12年間連続で交通事故死全国ワースト1位、今年も大阪府と交通死亡事故ワースト1という不名誉な争いをしている状況である愛知県。その汚名返上に向け、愛知県警では現在...

続きを読む...

[動画]ルノー5ターボ後継の新型トゥインランのCMが凄い!

■3.5リッターV6エンジンをミドシップに搭載するモンスターがルノーから新登場!  見合ったクルマに乗る込む女性達。ライバルは同メーカーでもあるトゥインラン。相手はルノー・サンク・ターボにルノー・ルーテシア。見ていてなん...

続きを読む...

マクラーレンのデザインに潜む機能美と独創性そして人間工学

 最終回は、マクラーレン675LTのプロジェクトマネージャーのマーク・ゲイトン氏とチーフデザイナーのロバート・メルヴィル氏が来日したのを機に、彼らの話をもとに、マクラーレンが考えるクルマ作りについて解説してみよう。 ■パ...

続きを読む...

【痛快F1コラム】緊急提言! 『ダメなホンダ』の現実を受け入れろ!!

■ダメだコリャ、こんなホンダのF1見てらんねぇーや……  F1イタリアGPの中継を見ていた僕は耐えきれなくなってテレビを消した。  バトンとアロンソ、後方グリッドから好スタートを切った2台のマクラーレン・ホンダが、その後...

続きを読む...

マクラーレンのターゲットはイタリア製「スーパーカー」とドイツ製「スポーツカー」

 日本に導入が開始されて3年経ったマクラーレン。今年に入り日本市場には、スーパーシリーズの675LTやスポーツシリーズを次々にローンチ。さらには、正規ディーラーも3店舗目となる福岡店を5月にオープンし、その後の4店舗、5...

続きを読む...

絶対に損をしない「中古インプレッサ」の選び方

■1つのモデルで3種類のフロントマスクをもつ2代目インプレッサ  前回は「クロスオーバー7」で世代を表すアプライドモデルについて紹介した。これを基本に「マニア目線の正しいスバル中古車選び」を紹介しよう。  スバル車のなか...

続きを読む...

創立者の遺志を引き継ぎ誕生したマクラーレン初の市販モデル「F1」

■マクラーレン創立者の遺志とスタッフからの敬意 前回はマクラーレンの創設者、不屈の人、ブルース・マクラーレンの話をした。 今回はその娘であるアマンダ・マクラーレンが語ったエピソード。ブルース・マクラーレンの死からレーシン...

続きを読む...

フェルディナント ヤマグチ第二弾 ピニンファリーナ製EVを使った仏カーシェアリング

■2020年に交通量40%減を目指すフランス政府  フェルディナント ヤマグチでございます。 前回に続き、フランスの話の続きです。パリに行くと目につくのが、街角のそちこちに設置された自転車シェアリング「ヴェリブ」の貸出し...

続きを読む...

川端康成の小説にも登場した由緒ある心霊スポット「小坪トンネル」

■6つのトンネルと山間が織りなす心霊空間 皆様に残暑をぶっ飛ばす涼をお届けするため敢行した「クルマで行く心霊スポット巡り」の取材にて、先日、「正丸峠」の奥地へ足を運び、千駄ヶ谷トンネルで霊気に当たって以来、ナゾの喘息に苦...

続きを読む...

メディアが一切報道しない中国の「運転免許証」事情

モータージャーナリスト中谷明彦さんが中国で外国人向けの自動車免許を取得  中国の交通事情については様々なニュースが伝えられている。その多くは混沌とした交通環境やルール無視の無謀な運転シーンなど国際社会の常識からは理解不能…

続きを読む...

厳しい残暑も涼しくできる「心霊スポット」巡り

51年前の東京オリンピックで建設された 千駄ヶ谷トンネルはナゼ心霊スポットになったのか? 背筋も凍る心霊怪奇現象を体験することで、厳しい残暑を涼しく過ごそう! そんな軽いノリで始まった「クルマで行く心霊スポット巡り」です...

続きを読む...

猛暑を乗り切る! 涼を呼ぶ「心霊スポット」巡り

■闇の先にあるものとは…… 涼しさを通り越して恐怖の連続  灼熱の夏を涼しく過ごすために「クルマで行く心霊スポット巡り」を敢行! あまりにもベタですが、涼を求めるなら「霊」に勝るモノなし!  しかし、実際には恐怖を通り越...

続きを読む...

ドライブデートもこれで安心~女性にやさしい「簡易トイレ」はこれだ!

■もしもの時に備えて  このお盆の時期、厄介なのは高速道路の渋滞! 中でもトイレの問題はなかなか切実なものですね。 最悪男性の場合はどうにでもなりますが、女性はそういうわけにもいきません。 もし、初めてのドライブデートで...

続きを読む...

20 / 21« 先頭...10...1718192021

ウィークリーランキング

  1. 衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    街乗りで実質4〜5km/Lがほとんどの中……さらに強者も 今やクルマの...

  2. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  3. 中古ゆえに安いはずが新車よりも高値が付くクルマのパターン3つとは

    中古ゆえに安いはずが新車よりも高値が付くクルマのパターン3つとは

    当然鍵は希少性だが売れまくった車種でも高値になる可能性も クラシックカ...

  4. トヨタはC! ホンダは音楽! メーカーごとの不思議な車名の共通性

    トヨタはC! ホンダは音楽! メーカーごとの不思議な車名の共通性

    最近は共通性が崩れつつあるケースも 最近はそうでもないが、かつてクルマ...

  5. 走り好き必見! 予算100万円でサーキットデビュー可能な中古モデルたち

    走り好き必見! 予算100万円でサーキットデビュー可能な中古モデルたち

    普段乗りからサーキットまで1台でこなせるモデルも多数 サーキット=本格...

  6. 「燃費なら日本車」の時代は終わった! 国産車を脅かす好燃費の輸入車4選

    「燃費なら日本車」の時代は終わった! 国産車を脅かす好燃費の輸入車4選

    ハイスピードの欧州育ちゆえに高速巡航の実燃費はとくに優れる 最近のクル...

  7. 一般人には理解不能! クルマ好きのやりがちな行為5つに意味はあるのか

    一般人には理解不能! クルマ好きのやりがちな行為5つに意味はあるのか

    昔は意味があったが今となっては不要な行為も サーキットのパドック、ある...

  8. 「ハチマキ・ヨンメリ・水中メガネ」一風変わった愛称で親しまれたクルマ7選

    「ハチマキ・ヨンメリ・水中メガネ」一風変わった愛称で親しまれたクルマ7選

    愛称が付けられるということは人気車種の証 大好評の第1弾に引き続き、ま...

  9. 悲しき開発者の熱い想い! 中身は凄いが売れなかった残念なクルマ4選

    悲しき開発者の熱い想い! 中身は凄いが売れなかった残念なクルマ4選

    技術やコンセプトにこだわりの詰まったクルマばかり クルマに限らず、いい...

  10. 先代の3倍の売れ行き! トヨタ・カムリ成功の裏にあるプリウスの苦悩

    先代の3倍の売れ行き! トヨタ・カムリ成功の裏にあるプリウスの苦悩

    先代カムリの700台に対し2400台という月販目標 2017年7月10...