「コラム」の記事一覧 - 28ページ目

最新の戦車が実弾を撃つ! 迫力満点の陸上自衛隊「富士総合火力演習」を見学!

戦車が実弾を放つ音は例えが難しいほどの迫力!!  今年も陸上自衛隊の人気イベント『富士総合火力演習』(以下総火演と略)が開催された。平和な我が国だと普通の人は拳銃の発射音さえ聞くことなどなし。けれど総火演に来れば、小銃か…

続きを読む...

もっと評価されるべき! 伝統の車名でも「不人気」なスポーツモデルたち

スポーティさが薄れたことでファンが離れてしまった……  いつもの話で恐縮だが、モノの価値にはざっくり「使用価値」と「交換価値」の二種類がある。クルマの場合、機械としてよくできていて、性能がよければ「使用価値」が高い。一方...

続きを読む...

クルマ好き女子ふたりが86でラリーに挑戦! TRDラリーカップへの道その1

ラリー大好き女子とドリフト女子が86でラリーに挑む!  来年より本格始動するTRDラリーカップ。CARトップの編集部女子がドリフトガールと共にタッグを組み、その前哨戦に参戦! 果たしてその行方は?  ホンダが参戦している...

続きを読む...

日本ではほぼ絶滅のステーションワゴンにしかない魅力とは

低全高がもたらす走りのよさと荷室の広さをあわせもつ優れもの  日本ではミニバンとSUV、そして軽自動車を含むコンパクトカーが人気を集めており、過去に人気を集めたステーションワゴンはすっかり日陰の存在に成り下がってしまって...

続きを読む...

外国人が羨ましい! 日本で売ってない国産メーカーの激熱クルマ5選

信頼性も高く海外でも人気  日本メーカーの海外市場専売車には、日本人にとっても魅力的なクルマが多い。写真などで見るだけでもそうだが、海外で実際にみると現地のユーザーが羨ましく思えることもしばしばだ。  現地の競合車に真っ.…

続きを読む...

今インドネシアで「トヨタ・ヴォクシー」の人気が急上昇しているワケとは

日本における人気車だということがステータスのひとつ  インドネシアではMPV(多目的用途車)の人気がかなり高い、3列シートで7~8名ほどが乗車できる、日本でいえば“ミニバン”に相当するモデルである。インドネシアでは三世代...

続きを読む...

若者オーナー皆無! キング・オブ・おやじセダンTOP5

あえて狙っているとしか思えない究極の落ち着き感  激しく脱オヤジ(=高齢男性)グルマ化を図った新型クラウンだが、オヤジ以外、クラウン買うわけねぇだろ! だってクラウンなんだから! という、身もフタもないことを言ってしまい…

続きを読む...

エコカーカップは本当にど素人でも楽しめるレースか? 参戦して検証してみた

アナタの家のクルマそのままで参加できるモータースポーツ!  サッカー、野球、テニス、ゴルフ……。趣味で楽しめるスポーツは数あれど、もっともハードルが高くて縁遠いスポーツのひとつが、モータースポーツではないだろうか?  そ...

続きを読む...

国沢光宏がドイツで大暴れ! WRCにフォードでガチ参戦その4

デイリタイヤから復活し最終日は無事完走!  トヨタのヤリス(日本名/ヴィッツ)が活躍するWRC(世界ラリー選手権)の第9戦ラリー・ドイツに、自動車評論家の国沢光宏さんがフォード・MスポーツのフィエスタR2でスポット参戦。...

続きを読む...

セダンがオヤジ臭いなんて誰が言った! オヤジ臭ゼロの国産セダン5選

セダンは若返りを図りつつ復権を狙っている  いいクルマと言えばセダン、憧れのファミリーカーと言えばセダン、成功者の証と言えばセダン。なんてセダンがもてはやされていたのは、90年代半ばまでの話でした。そこから彗星のごとく現...

続きを読む...

国沢光宏がドイツで大暴れ! WRCにフォードでガチ参戦その3

インタークーラーのパイプを破損し痛恨のデイリタイヤ  トヨタのヤリス(日本名/ヴィッツ)が活躍するWRC(世界ラリー選手権)の第9戦ラリー・ドイツに、自動車評論家の国沢光宏さんがフォード・MスポーツのフィエスタR2でスポ...

続きを読む...

国沢光宏がドイツで大暴れ! WRCにフォードでガチ参戦その2

手応えは上々「フィエスタR2最高」と波に乗る  トヨタのヤリス(日本名/ヴィッツ)が活躍するWRC(世界ラリー選手権)の第9戦ラリー・ドイツに、自動車評論家の国沢光宏さんがフォード・MスポーツのフィエスタR2でスポット参...

続きを読む...

一時代を築いたマツダ・ファミリア! 初代から9代目まで激動の歴史を追う

過去にはロータリーエンジンを搭載したモデルも  先日、幕張メッセで開催されたオートモビルカウンシル。その中のマツダブースでは、「MAZDA COMPACT HATCHBACK STORY」をテーマに次期アクセラと噂されて...

続きを読む...

消えゆくインドネシアの風景、近代化と三輪タクシーの減少

近代化にそぐわないため簡易な四輪が台頭  東南アジアや東アジア地域でよく目にするのが、三輪タクシー。タイでの呼び名“トゥクトゥク”が有名だが、インドネシアでは“バジャイ”と呼ばれている。インドネシアの首都ジャカルタでは昨...

続きを読む...

ウィークリーランキング

  1. 【イラッ!】高速で左車線がガラガラなのに右車線を走り続けるクルマの対処法

    【イラッ!】高速で左車線がガラガラなのに右車線を走り続けるクルマの対処法

    そもそも追い越し車線を走り続けると通行帯違反で反則金6000円 何なの...

  2. サンデードライバーに多し! 知らずに周囲へ迷惑をかけてしまうNG運転8選

    サンデードライバーに多し! 知らずに周囲へ迷惑をかけてしまうNG運転8選

    道交法を守っていればいいというわけではない! 年末年始の帰省の時期は、...

  3. 【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    当時は「普通」のクルマでも今ならファン垂涎の名車! 最近は旧車ブームと...

  4. 意外と街を走っている! 知らずにやりがちなクルマの違法改造4選

    意外と街を走っている! 知らずにやりがちなクルマの違法改造4選

    パーツの交換やアイテム装着などは確認してから実効 ベタベタの車高やはみ...

  5. 【ドッチがお得】安いオイルをこまめに換えるor高いオイルを長く使う

    【ドッチがお得】安いオイルをこまめに換えるor高いオイルを長く使う

    間違いなく高いオイルを入れたほうがいい メンテナンスフリー化やブラック...

  6. 【女子の本音】これは辛い! ドライブデートではヤメテほしいクルマ4選

    【女子の本音】これは辛い! ドライブデートではヤメテほしいクルマ4選

    オープンカーもデートに向かないクルマだった! 「次のデート何したい?」...

  7. 前のほうがイケメン? マイナーチェンジで理解しがたい見た目になった国産車トップ5

    前のほうがイケメン? マイナーチェンジで理解しがたい見た目になった国産車トップ5

    街中で見かけないほど売れていないクルマも マイナーチェンジってのは、な...

  8. 【意外と知らない】13年を経過しても自動車税が上がらないクルマとは?

    【意外と知らない】13年を経過しても自動車税が上がらないクルマとは?

    初代プリウスやインサイトは13年超でも重課なし! 今年も自動車税の通知...

  9. スバル車ならなんでも大好き……なハズのスバリストからも見放されたスバル車3選

    スバル車ならなんでも大好き……なハズのスバリストからも見放されたスバル車3選

    現在考えれば重要なモデルもあるが当時は受け入れられず! スバルファンで...

  10. 【試乗】レヴォーグSTI Sportが魅せた上質なハンドリングとしなやかな足

    【試乗】レヴォーグSTI Sportが魅せた上質なハンドリングとしなやかな足

    ステアリングはダイレクトだがピーキーさはない STIと聞けば、スバルフ...