「コラム」の記事一覧 - 49ページ目

ハイブリッド全盛時にエンジンのみで売れている男気全開のクルマ5選

ハイブリッドしか売れないというわけではない  2018年上半期の登録車(軽自動車、輸入車を除く)の販売ランキングにおいてトップになったのは日産ノート、以下トヨタ・アクア、トヨタ・プリウス、日産セレナ、ホンダ・フィットとい...

続きを読む...

10年落ちでも新車と同等価格のフェラーリ458! 劣化しても高額を維持する理由とは?

「需要より1台少なく作れ」のフェラーリ哲学が生む価値  編集部ハラダより、「なぜフェラーリ458は、いまだにあんなに値段が高いんでしょう」との疑問が発せられた。 ハラダ「発表から10年が経過して、新車価格付近を維持すると...

続きを読む...

インドネシアで日本車が大人気の理由とは

ジムニーはもちろん参考展示されたダイハツ・タントも大人気!  インドネシア・ジャカルタ市郊外で8月2日よりGIIAS2018(GAIKINDO[ガイキンド]国際オートショー2018)が開催された。筆者はプレスパスを受け取...

続きを読む...

やっぱり新型クラウンじゃなきゃダメ! 日本のオヤジが同価格でもアウディやBMWを選ばないワケ

雰囲気は保守的でも代々先進の中身が与えられてきた  2018年6月にフルモデルチェンジしたトヨタ・クラウンが好調だ。発売一カ月での初期受注は約3万台、7月の販売台数でも7,225台(自販連調べ)と好スタートを切っている。...

続きを読む...

最近のSUVが背面タイヤを採用しないワケ

ジムニーやGクラスなど採用車は少数  ジムニーが大ヒットとなっているが、その理由のひとつが武骨なスタイル。その武骨さを演出するのが、後ろに背負ったスペアタイヤだろう。背面タイヤとも呼ばれ、その昔はイメージ的にもクロカンに.…

続きを読む...

マニア御用達! でも勇気を出して乗れば超便利なクルマ3選

じつは普通に足グルマとして使える車種ばかり  現在、新車で販売されている車種のなかでも、意外とユーザーを選びそうなややマニアックな車種というものが存在する。なかなか日常使用のアシとしてチョイスするのには勇気がいる車種かも…

続きを読む...

【美人自動車評論家】吉田由美の「わたくし愛車買っちゃいました!」その48

リコール発生! でも大満足の対応でひと安心  ある日、メルセデスベンツCLAシューティングブレークオーナーの私のもとに一通の手紙がメルセデス・ベンツ日本から送られてきました。封筒には大きく「リコールのご案内」と書かれてい...

続きを読む...

知っていたらおっさん確定!? いつしか消滅した自動車装備6選

愛煙家のマストアイテムも今ではオプション扱いに……  クルマというのは、当然のことながら日々進化しているもの。新しく生まれる装備があれば、消えていく装備も多い。今回は残念ながら、消滅してしまった装備を取り上げてみよう。 ...

続きを読む...

安い量販店ではなく高くても新車ディーラーでタイヤを購入する意味とは

クルマの性能を目一杯引き出せるのはディーラーのタイヤ  新車に装着されているタイヤと、タイヤ販売点などで売られているタイヤでは、たとえ同じ名前のタイヤであっても性能は若干異なる。したがって、タイヤが摩耗し、新品へ交換する…

続きを読む...

同様の装備を採用しても日産以外が「自動運転」という言葉を全面に押し出さないワケ

機能を過信するとアクシデントを生むこともある  日産の国内販売が好調だ。その原動力となっているのは21世紀的「技術の日産」といえる。シンボルといえるのは、100%電気自動車の「リーフ」であり、キーテクノロジーとなっている...

続きを読む...

高速道路が渋滞していても一般道に降りないほうがいいワケ

高速道路の自然渋滞は基本25km/h程度で流れている  これは、渋滞研究家として、つねに問いかけられてきた定番の質問。そのたびに私はこう答えてきた。 「渋滞しているからと言って、高速を降りて下道を走っても、そちらの方が早...

続きを読む...

最高級車対決! トヨタ新型センチュリーとレクサスLSは買いなのはどっち?

新型センチュリーには先代のような「独自性」がない  先代センチュリーは1997年の発売だから設計は古かったが、エンジンは国産乗用車で唯一のV型12気筒5リッターを搭載した。生産台数は20年で約1万台だから、量産効果も乏し...

続きを読む...

【試乗】パワーだけで決めるべからず! スズキ ジムニーとシエラを乗り比べ

どちらも良い仕上がりだがファーストカーならシエラ推し  新型ジムニーの試乗リポートは多数出回っていると思う。そこで今回ジックリ紹介したいのが「ジムニーとシエラの違い」である。どちらにしようか迷っている人も少ないないと聞く…

続きを読む...

ウィークリーランキング