「コラム」の記事一覧 - 5ページ目

大企業の社長なのにサーキットを疾走! トヨタ&ホンダの社長が自らクルマ・バイク好きをアピールするワケ

社長が「カーガイ」であることはブランディングとしても有効  先日、鈴鹿サーキットにて開催されたモータースポーツファン感謝デーにて、トヨタの豊田章男社長とホンダの八郷隆弘社長がイベントに登場し、デモランまで披露した。豊田社…

続きを読む...

お金が舞った狂気の時代! バブル時代でなければ誕生しなかった国産車4選

街中に高級外車が溢れた時代は日本車も華やか!  1986年から1991年ごろまで、空前の好景気となった日本。残念ながら当時は子どもだったため、好景気の恩恵にあずかることはできなかったが、BMW3シリーズが「六本木カローラ...

続きを読む...

買ったお店なのにメンテを断られる現実! ディーラーがお手上げの旧車事情

補修部品の製造廃止が原因で修理不可となることが多い  愛車が不幸にもトラブルに見舞われた場合、あなたならどこに持ち込むだろうか? 付き合いのあるショップや修理工場があればそこが第一候補になるだろうが、そういったところがな…

続きを読む...

これは便利そう……なハズが実際使うとイマイチ! 期待はずれのクルマの装備7選

文句ナシに使える装備もあれば実際にはあまり役立たないものも  最近のクルマには、さまざまな便利装備、先進装備が用意されている。もはや自動ブレーキなどは必須の先進安全予防装備と言えるし、ブラインドスポットモニターやブレーキ…

続きを読む...

超辛口レーシングドライバーが認めたMTを採用する「たった2台」の市販車とは

MT車の評価のポイントは操作性・操作感・耐久性の3点  これまでにも何度か述べているが、僕はMT(マニュアルトランスミッション)派ではない。長い間レーシングドライバーとして活動してきたなかで、レーシングカーをドライブする...

続きを読む...

今後義務化される新燃費基準「WLTCモード」と従来の「JC08モード」がカタログに混在するワケ

従来から発売されている現行車もWLTCモード表記は可能  最近、新車のカタログで燃費項目を見ていると、計測モードのところに「WLTC」という文字を見つけることができる。これは『Worldwide-harmonized L...

続きを読む...

ジワるクルマ多し! まもなく終わる平成を偲んで平成7年に誕生した名車&迷車7選

CARトップの筑波テストで10年破られない記録を作ったクルマも  平成の元号が間もなく終わろうとしている。31年間続いた平成という時代はバブル景気の絶頂期と崩壊、阪神大震災や東日本大震災といった大規模災害、長かった不景気...

続きを読む...

ドル箱商品なのになぜ? アメリカメーカーがコンパクトカーに本格参入しないワケ

アメリカのCセグメントの代表格はカローラとシビック  C/Dは「シー・ディー」、と読む。こうした表現は、自動車メーカー関係者の間では日常会話のなかでちょくちょく出てくる。また、セグメントというのは、ざっくり言えば、クルマ...

続きを読む...

安全第一のボルボが180km/hリミッターを世界的に採用! 速度引き下げは効果があるのか?

じつは欧米の制限速度も日本と大きく変わらない  2019年3月に入ってすぐ、ボルボカーズが衝撃的かつチャレンジングな発表をした。それは「2020年、ボルボの新車に対してグローバルに180km/hの速度リミッターを装備する...

続きを読む...

便利すぎて付いてないと辛い! カタログでは見落としてしまうクルマの超便利装備4選

一度使うと付いていないクルマに乗れなくなるほど便利  ほかの人にしてみればナンてことのない、ほんとにちょっとした装備なんだけれど、愛車の買い替えなどでそれがなくなってみると、どれほど便利だったかを思い知る……。そんな装備...

続きを読む...

国内品並? それとも外国産レベル? 海外生産の日本車のクオリティは大丈夫か

日本メーカーの部品でも海外生産だと作りの甘いものもある  今やグローバルな時代。自動車も世界各地に生産拠点を置いて、現地生産を行っている。日本車も例外ではなくて、日本で売られていない日本メーカーのクルマはいっぱいあるし、…

続きを読む...

じつは海の向こうの生まれ! 日本車なのに海外から輸入されているモデル4選

同じ車種でもボディタイプによって海外生産となるモデルも  日本のメーカーの車種はすべて日本国内で生産されている……と思われがちだが、じつはそのメーカーの海外にある生産拠点で作られてそれを日本に輸入する形で販売されている車...

続きを読む...

LPスタンドの閉鎖に中韓メーカーの参入? JPNタクシーがもたらす思わぬ余波 

燃費の良さが思わぬ事態を引き起こしている  2017年10月23日に、クラウンコンフォートおよびクラウンセダンの後継として、JPNタクシーが正式発売された。独特のスタイルを持ち、タクシーとして使用されることを念頭にLPガ...

続きを読む...

それでも新車を選ぶ? 中古で買うとお買い得っぷりがハンパない現行国産車4選

ファミリー御用達の大型ミニバンだって中古ならお得!  中古車の魅力といえば、やはり一番はその価格だろう。どうしても新車でないとダメという人でなければ、最初のオーナーがたった数千キロ走らせただけの車両であっても新車よりもか…

続きを読む...

年間4万7000件も撥ねられている! クルマで走行中動物が飛び出してきた場合はどうするのが正解?

無理な危険回避はより大きな事故につながる可能性が大きい  クルマを運転しているときに、突然ネコなどが飛び出してきてヒヤッとした経験はないだろうか? あるいは、クルマにはねられたと思われる動物の死体を見たことがあるという人…

続きを読む...

ウィークリーランキング

  1. 【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    当時は「普通」のクルマでも今ならファン垂涎の名車! 最近は旧車ブームと...

  2. 前のほうがイケメン? マイナーチェンジで理解しがたい見た目になった国産車トップ5

    前のほうがイケメン? マイナーチェンジで理解しがたい見た目になった国産車トップ5

    街中で見かけないほど売れていないクルマも マイナーチェンジってのは、な...

  3. 意外と街を走っている! 知らずにやりがちなクルマの違法改造4選

    意外と街を走っている! 知らずにやりがちなクルマの違法改造4選

    パーツの交換やアイテム装着などは確認してから実効 ベタベタの車高やはみ...

  4. 【ドッチがお得】安いオイルをこまめに換えるor高いオイルを長く使う

    【ドッチがお得】安いオイルをこまめに換えるor高いオイルを長く使う

    間違いなく高いオイルを入れたほうがいい メンテナンスフリー化やブラック...

  5. 一度見たら忘れられない! 歴史に残る「変顔」クルマ5選

    一度見たら忘れられない! 歴史に残る「変顔」クルマ5選

    そこらのスーパーカーよりもインパクト絶大なクルマたち クルマの第一...

  6. 【女子の本音】これは辛い! ドライブデートではヤメテほしいクルマ4選

    【女子の本音】これは辛い! ドライブデートではヤメテほしいクルマ4選

    オープンカーもデートに向かないクルマだった! 「次のデート何したい?」...

  7. 【意外と知らない】13年を経過しても自動車税が上がらないクルマとは?

    【意外と知らない】13年を経過しても自動車税が上がらないクルマとは?

    初代プリウスやインサイトは13年超でも重課なし! 今年も自動車税の通知...

  8. 【試乗】レヴォーグSTI Sportが魅せた上質なハンドリングとしなやかな足

    【試乗】レヴォーグSTI Sportが魅せた上質なハンドリングとしなやかな足

    ステアリングはダイレクトだがピーキーさはない STIと聞けば、スバルフ...

  9. スバル車ならなんでも大好き……なハズのスバリストからも見放されたスバル車3選

    スバル車ならなんでも大好き……なハズのスバリストからも見放されたスバル車3選

    現在考えれば重要なモデルもあるが当時は受け入れられず! スバルファンで...

  10. できれば避けたい!? ガソリンスタンドマンが苦手とするクルマとは

    できれば避けたい!? ガソリンスタンドマンが苦手とするクルマとは

    プロフェッショナルにも苦手なクルマや人はある 自動車ユーザーなら必ずお...