「コラム」の記事一覧 - 70ページ目

【開幕直前】2016年F1GPシーンを山口正己が大胆予想!

マクラーレン・ホンダは大躍進!? が、ベンツとフェラーリ2強か?  今週末にメルボルンで2016年F1グランプリが開幕する。いま最も気になるのは、ホンダがどのくらい進化したかだ。2月22日からと3月1日から、それぞれ4日...

続きを読む...

【検証画像】2011年EVコンセプトが発端で登場したホンダS660

思い切ったコンセプトが功を奏し本格的軽スポーツカー登場!  ホンダの本格的ミドシップ軽スポーツカー「S660」は、2015年4月2日に発売を開始。販売開始から、わずか4日間で5200台の受注を突破したほどの大人気となり、...

続きを読む...

音楽用語由来のクルマ「ベスト5セレクション」

うんちく要素もあるが、おもわず納得できる車名!  自動車の車名は、そのクルマのキャラクターを表す重要なポイントになる。車名に採用される単語は、イメージが良く、明るく、発音がしやすい事や、覚えやすいものなど自動車メーカーも…

続きを読む...

【コスワース番外編】1993-2004年のex-DFV時代のF1マシン

ブライアン・ハート製オリジナル・エンジン搭載のアロウズ公開!  かつてはDFVエンジンがF1GPを席巻していたコスワース陣営だったが、ルノーが先鞭をつけたターボ・パワーにその座を追われてF1GPから撤退。その後、NAエン...

続きを読む...

平成の「いま」手に入れておきたいネオクラシックBest5

今だから一目置かれる平成生まれの元「憧れのクルマ」  平成時代になって、気が付けば早くも28年目。クルマ史的には個性的で面白いクルマが多く、とくに平成初期のクルマには、今になってレーゾンデートル(存在価値)が輝き出して、...

続きを読む...

びわ湖毎日マラソンでランナーと一緒に走った車両一覧

県警、機動隊や自衛隊に中継バイクまで一挙紹介! 「第71回びわ湖毎日マラソン」は、ケニアのルーカス・ロティッチが2時間9分11秒という、この日の気温19度というコンディションの中では「好タイム」で見事優勝した。このマラソ...

続きを読む...

DFV/DFR/HBと進化を遂げたコスワース復活の時代(1989-91年)

F1ターボエンジンが禁止され、再びコスワースの時代が到来!  ルノーを筆頭とするターボパワーに対抗するために、コスワース陣営はDFVに更なるチューニングを施すことになった。ショートストロークに設計変更、極限まで性能向上を...

続きを読む...

【衝撃】街を走るクルマの15%は任意保険無加入という現実!

自衛手段として、任意保険の「弁護士費用特約」は必須の時代!?  日本損害保険協会の自動車保険都道府県別加入率という資料を見ると、任意保険の全国平均の加入率は73.4%。これには、自動車共済などは含まれていないが、共済など...

続きを読む...

ルノー・スポールの源流は空力マシンのスペシャリスト

コンプリートカーとして評価を高めてきたアルピーヌ  ゴルディーニがルノーのエンジン・チューニングの魔術師なら、ルノー・スポールの源流となったアルピーヌは空力マシンのスペシャリスト。小排気量で大排気量車に伍して戦うには、軽…

続きを読む...

日本が生むはずだった「幻のスーパーカー」とは!?

童夢零や日産MID4など輝かしくも懐かしい国産スーパーカー  スーパーカーという響き。言霊全開なのだが、ある一定の年齢以上の方々、いわゆるスーパーカー世代にはさらに特別な想いがあるだろう。スーパーカーブーム、そしてスーパ...

続きを読む...

新型GLC250dドライブで天然水エビアンの原水を飲んだ!

アルプスの水を飲んで快適に新ディーゼルで走る  ジュネーブ・モーターショー取材用に借りた新型メルセデスGLCディーゼルの、SUVらしい快適さと走りの素晴らしさすでにはレポートしたとおりだが、そのクルマで会場のローカルにあ...

続きを読む...

【F1エンジン】勢力拡大してきたターボ勢に防戦一方となったDFV

フォードDFVはF1GPに参戦を続けるうえでの生命線  1970年代中盤まで、DFVのライバルはDFV。75年にはフラット12を熟成したフェラーリが王座に就くが、翌年にはDFVが奪還している。しかし70年代後半に入るとル...

続きを読む...

【バブル世代】デートカーブームに火を付けた懐かしいクルマたち!

バブル絶頂期に人気だった「スペシャリティカー」と「六本木カローラ」  クルマでブームといっても、最近ではミニバンとかエコカー、コンパクトカーだろう。ブームになるのは別に悪いことではないけど、なんかマジメというか、クルマの…

続きを読む...

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. 【クルマが傷む】駐車時の「据え切り」やっていませんか?

    【クルマが傷む】駐車時の「据え切り」やっていませんか?

    ステアリングが軽くてもサスペンションに掛かる負担は大きい! 止まったま...

  3. ブームなのに不人気だから安値! 中身で勝負の中古SUV車4選

    ブームなのに不人気だから安値! 中身で勝負の中古SUV車4選

    マイナーながら名車と同じエンジンを搭載したクルマも存在 未だに衰えを感...

  4. 新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    「急」「高」「長」を控えたほうがいい 念願の新車を購入し、いよいよ納車...

  5. 59分までは料金未納でも駐車違反にならない! パーキングメーターの不思議

    59分までは料金未納でも駐車違反にならない! パーキングメーターの不思議

    駐車監視員は60分を超えてからじゃないと放置車両扱いができない このと...

  6. かつての大人気車も今は月販1000台以下に凋落! それでも見捨てるには惜しい魅力の国産車5選

    かつての大人気車も今は月販1000台以下に凋落! それでも見捨てるには惜しい魅力の国産車5選

    かつては売れていたのに今はファンに見放されたモデルも…… 優れたパワー...

  7. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  8. いまでも忘れられない青春のクルマたち! アラフォー世代が強烈に憧れたモデルとは

    いまでも忘れられない青春のクルマたち! アラフォー世代が強烈に憧れたモデルとは

    280馬力勢に憧れを抱く人が多数 欲しいクルマはあるにしても、最近では...

  9. クルマはいいけど不人気!  日陰の存在だからこそお買い得の現行国産車4選

    クルマはいいけど不人気!  日陰の存在だからこそお買い得の現行国産車4選

    不人気モデルは値引き幅が大きくなる傾向にある 自動車には当然のように車...

  10. 日本人は運転が下手! 世界基準で日本の運転レベルが低い要因とは

    日本人は運転が下手! 世界基準で日本の運転レベルが低い要因とは

    整備された交通インフラやカーナビの発達も要因のひとつ 欧州では高齢者や...