「モーターショー」の記事一覧 - 4ページ目

間もなく日本発売の怪物4座クーペがお目見え! メルセデス・ベンツブース【東京オートサロン2019】

じつに639馬力/900N・mの強烈なエンジンを搭載  2019年1月11日から13日まで千葉県・幕張メッセで行われる東京オートサロン。国産メーカーと同様な規模の大きなブースを構えていたのがメルセデス・ベンツだ。  注目...

続きを読む...

オートサロン初日に募集開始の200台限定コペンクーペも展示! ダイハツブース【東京オートサロン2019】

カスタマイズを通じて遊びを提案するダイハツの試み  2019年1月11日から13日まで行われている東京オートサロン2019。各メーカー、ショップがさまざまなカスタマイズの提案をするなか、異彩を放っていたのがダイハツブース...

続きを読む...

ナンバーの詳細までクッキリ! 4K画質のドライブレコーダーがデータシステムブースに登場【東京オートサロン2019】

ハイビジョンの4倍の解像度を実現  交通トラブルによる凄惨な事件が発生して以来、ドライブレコーダーへの注目が高まり、同時に技術的進歩のスピードもグッと増している。  とくに高精細な映像を実現するための画素数の向上はめざま...

続きを読む...

SUV一色! 新型デリカD:5に注目の三菱自動車ブース【東京オートサロン2019】

「Drive your Ambition」をテーマに7台を展示  1月11日~13日に幕張メッセで行なわれている東京オートサロン2019。三菱自動車は「Drive your Ambition(ドライブ・ユア・アンビション...

続きを読む...

フォレスターとインプレッサのSTIコンセプトは必見! 走る楽しさを前面に押し出したスバル/STIブース【東京オートサロン2019】

走りのSTIがSUVやエントリーモデルをも変身させる!  スバル/STIブースのテーマは「オール・フォー・ドライブ・エキサイトメント」。スバル車に乗ったときの高揚感や走る楽しさを伝えたいという思いから作り上げられたブース...

続きを読む...

ブーステーマは「マツダの新時代」いち早く新型アクセラに触れられるチャンス!【東京オートサロン2019】

マツダ3のセダン・ハッチバックを展示!  2019年1月11日から行われている東京オートサロン2019。マツダブースのテーマはずばり「マツダの新時代」。それにふさわしく、先日北米LAショーで発表されたばかりのマツダ3、日...

続きを読む...

トヨタ・カローラセダンが初公開! 脱オヤジセダンのカッコ良すぎるデザイン【LAショー】

ラゲッジルームを犠牲にしないハイブリッドは使い勝手抜群  今年6月に発売を開始したカローラスポーツ。そのセダンモデルがLAオートショーで発表された。北米向けには1.8リッターハイブリッド、また1.8リッターと新開発の2リ...

続きを読む...

スバルもついにPHVを投入! EVモードの航続距離は約27km【LAショー】

日本国内への導入時期は未定  国内外で人気のクロストレック(日本名:XV)にプラグインハイブリッドモデルが新たに追加された。2リッター水平対向エンジンとリニアトロニックCVT、こちらにスタータージェネレーターとふたつの駆...

続きを読む...

トヨタ・プリウスが大幅変更! やり過ぎスタイルが大人しくインテリアはPHV風に【LAショー】

4WDのシステムにも変更が加えられた  不評の声もあった特徴的なエクステリアデザインから変更し大人しいデザインにリフレッシュ。同時にリヤコンビネーションランプ&リヤバンパーのデザインも変更された。  インテリアも...

続きを読む...

新世代マツダの第1弾! LAオートショーで新型Mazda3(アクセラ)が登場

ハッチバックとセダンで外観の共通点はボンネットのみ!  11月28日に開催されたロサンゼルスオートショーの前夜祭にて、マツダは新型Mazda3(日本名:アクセラ)を発表。現行モデルと同様にセダンとハッチバックがラインアッ...

続きを読む...

ローカルな広州モーターショーにも政府の息が! 人気のハズのドイツ車ブースが閑散としていたワケ

NEV規制を前に地元系ブースへの積極取材指令が出たか  今年の広州ショーモーターショーはどこか雰囲気が違う……、11月16日のプレスデーの朝一番に会場を訪れて筆者は最初に感じた。  そもそも広州モーターショーは、世界が注...

続きを読む...

中国広州モーターショーでの「新エネルギー車」主役化で露わになった日本メーカーの立ち後れ

もともと日系メーカーが強いエリアだがNEV全盛時に危機  11月16日から25日までの日程で、“広州国際汽車展覧会(広州モーターショー)”が開催される。筆者は開催前々日夜に広州入りし、開催前日にショー会場へプレスパスを引...

続きを読む...

ついに真打ちが登場!? フランス・パリモーターショーでカローラセダンのシルエットを発見!

これが新型アクシオになるのか!?  先にお伝えしたように、パリサロン2018のトヨタブースにはカローラツーリングスポーツが展示され話題を集めた。展示ステージの大型ビジョンにはカローラのイメージムービーが放映されたのだが、...

続きを読む...

ベトナム初の自動車メーカー「ビンファースト」がフランス・パリサロンでデビュー!

今後は電気自動車なども手がけグローバルに展開予定  パリサロン2018にブースを出展したビンファースト(VINFAST)という自動車メーカーをご存じだろうか? ベトナムの大手企業ビングループが新たに設立したメーカーで、ベ...

続きを読む...

パリサロンで初披露! スタイリッシュに生まれ変わったメルセデス・ベンツGLEクラス

新開発の足まわりで最上級SUVらしい走りを実現  従来はMクラスと呼ばれ、現行モデルの改良時にGLEと車名を変更したが、その新型モデルがパリショー2018で初公開となった。  ダイナミックさを追求したデザインはスタイリッ...

続きを読む...

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  3. この3列目は使えない! 6人以上で乗るなら選ばないほうがいいミニバン&SUV5選

    この3列目は使えない! 6人以上で乗るなら選ばないほうがいいミニバン&SUV5選

    椅子はあるけれど日常的に座ることは厳しい! ミニバンだけでなく、最近は...

  4. 「トナラー」以外にもあった! 最近のドライバーの理解しがたい習性3選

    「トナラー」以外にもあった! 最近のドライバーの理解しがたい習性3選

    サンバイザーは下げた状態がスタンダード!? トナラーについての拙稿への...

  5. 若者のクルマ離れ……って言われても買えないんじゃ! 新車の高額化が止まらないワケ

    若者のクルマ離れ……って言われても買えないんじゃ! 新車の高額化が止まらないワケ

    走りや安全性の追求が車両価格を上げる 最近、よく耳にするのが、「最近の...

  6. 悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    空の状態から満タンで軽く1万円以上になるモデルたち 先日燃料タンクが車...

  7. 10万円以下で中古車を販売しても利益が出るカラクリとは

    10万円以下で中古車を販売しても利益が出るカラクリとは

    本体価格だけでなく納車整備や手数料などで利益が出る 中古車情報サイトな...

  8. 巨大メーカーでも計算違い? 姿を消した一発屋のトヨタ車7選

    巨大メーカーでも計算違い? 姿を消した一発屋のトヨタ車7選

    クセが強すぎて1代で終わってしまったクルマも存在 クルマの系譜というの...

  9. 【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    当時は「普通」のクルマでも今ならファン垂涎の名車! 最近は旧車ブームと...

  10. 外国人が羨ましい! 日本で売ってない国産メーカーの激熱クルマ5選

    外国人が羨ましい! 日本で売ってない国産メーカーの激熱クルマ5選

    信頼性も高く海外でも人気 日本メーカーの海外市場専売車には、日本人にと...