「モータースポーツ」の記事一覧 - 30ページ目

【パイクスピーク2015】今年のペースカーは新型NSX。全開走行が見られる?

 パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムでは毎年、レースの幕開けを告げるペースカーが、まず誰よりも先にパイクスの山を駆け上がる。そういう意味ではペースカーという表現はおかしいことになるが、そう呼ばれているので…

続きを読む...

【パイクスピーク2015】レクサスが「CCS-R」をエントリー。だが名前は未だない…。

 パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム2015が、レクサスRC F CCS-Rにとって初めて公の場で走行する機会となった。ところが、エントリー名では「CCS-R」なっているが、マシンにはそれを表すロゴは一切な...

続きを読む...

【パイクスピーク2015】アメリカの学生が製作した電動バイクが挑戦

 パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム2015では、改造電動バイククラスに、日本から参戦しているチーム・ミライの他に、もう1台オハイオ州立大学がエントリーしている。 オハイオ州立大学のエンジニア専攻等の学生た...

続きを読む...

【パイクスピーク2015】男の絆だけで集まった熱き日本人チーム

 カワサキのバイク「Z1000MKII」で、テイスト・オブ・フリーランス、テイスト・オブ・ツクバで何度も優勝を果たし、アメリカに渡ってデイトナでも結果を残している新井泰緒選手。今年もパイクスピーク・インターナショナル・ヒ...

続きを読む...

【パイクスピーク2015】ラトビア共和国から来たこのレーシングカー、あなたは知っていますか?

 ラトビア共和国から参戦のDrive eOチームが、参戦3年目の今回、ついに真打ともいえるEVマシンを、パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム2015に持ち込んできた。 それが、このeO PP03である。  こ...

続きを読む...

【パイクスピーク2015】ホンダが4WD電気自動車の研究車両を投入

 1916年にスタートし、インディ500に 次ぐ長い歴史を持つ有名なヒルクライムレース、パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム2015のレースウィークが始まった。  初日はインスペクションデー、車検日ということ...

続きを読む...

ハイブリッド「レス」で戦っていた日産GT-R LMニスモの真実

 ル・マン24時間レース終了後、日産GT-R LMニスモについての興味深い情報がたくさん出てきた。 一番の「ええっ?」はハイブリッドシステムを使っていなかったこと。日産GT-R LMニスモはハイブリッドシステムを搭載する...

続きを読む...

「ル・マン24h」アウディ3位入賞で世界耐久選手権が混戦化

かつての耐久王ポルシェ対21世紀の耐久王アウディ  6月13日(土)~14日(日)、フランス西部のサルトサーキットで行われた第83回ル・マン24時間レースは、昨年復帰したポルシェの1-2フィニッシュで幕を閉じた。  これ...

続きを読む...

「ル・マン24h」すべてが未知数だが直線の速さが光る日産GT-R

■チャレンジ満載の日産GT-R LM ニスモ  ル・マンの予選結果を見ると、ポルシェ919ハイブリッドがコースレコードを連発して1〜3位。アウディR18 e-トロン クワトロもポルシェ勢の背後にピタリと付ける4〜6位とい...

続きを読む...

「ル・マン24h」ル・マンまにあの㊙メモ 其の壱

■ユーノディエール最高速用空力ボディ、ロングテールの最初  今回、ル・マンの取材特派の任を授かったのは、不肖ヤマモト(編集部)であります。そもそも不肖ヤマモトの海外取材・初体験が、今からさかのぼること28年前となる198...

続きを読む...

「ル・マン24h」精度と技術力でトップを狙うAudiチーム

■わずか15年でポルシェの記録に迫る13勝を挙げたアウディ  1999年からル・マン24時間レースに参戦を開始したアウディ。初年度は、経験豊富な他のライバルメーカーが多く、それまで全く耐久レースの経験がなかったアウディは...

続きを読む...

【パイクスピーク2015】ついに電気自動車が総合優勝する日が来るか

 6月28日(日)に決勝を迎えるパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム2015。開催まで1カ月を切り、事前の練習走行会直前というタイミングだが、6月2日付の最新のエントリーリストが公開された。  今年のパイクス...

続きを読む...

ウィークリーランキング