「イベント」の記事一覧 - 20ページ目

【WRC第13戦】トヨタのエース・ラトバラはゴール直前でリタイヤ! 優勝はヒュンダイのヌービル

ライバルの脱落にも助けられてヌービルが今季4勝目を飾る  2017年のWRC最終戦は、11月16日〜19日にオーストラリア東部のコフスハーバーにて第13戦「ラリー・オーストラリア」として開催。南半球のグラベルステージにて...

続きを読む...

欧州メーカーがEVのPRに消極的? 中国広州モーターショーの違和感

じつはメーカーはEV化に本気ではないとの見方も  2017年9月に開催されたフランクフルトショーは、その開催直前にイギリスやフランスが2040年に内燃機関車の販売の終了を発表するなどしたこともあり、会場内は“EV一色”に...

続きを読む...

トヨタが中国にC-HRの兄弟車「イゾア」を投入へ

中国でもSUVは主流というほどの人気ぶり  11月17日より中国・広東省広州市内において、“第15回広州国際汽車展覧会(以下広州モーターショー)”が開幕した。広州モーターショーは、交互に隔年開催される北京及び上海モーター...

続きを読む...

東京モーターショー国産メーカーコンパニオン衣装分析!

各メーカーのイメージ戦略が表れている  モーターショーの楽しみの1つ。それは会場に華を添えるコンパニオンの女性達だ。今回は彼女達が身にまとう衣装を各メーカー事に見ていきたいと思う。 1)トヨタ  今年のTOYOTAのコス...

続きを読む...

実用性の中にも開発者の遊び心が隠されたクルマの装備5選

東京モーターショーで発見した装備の数々  第45回東京モーターショーは、総入場数77万1200人を動員し無事終了した。各メーカーの展示車は、未来的なコンセプトモデルや次世代モデルのEVなど、世界的トレンドが多く見られたが...

続きを読む...

数十台の歴史的F1マシンが集結! 豪華すぎる鈴鹿サウンド・オブ・エンジンのラインアップ

海外から集まった珍しいF1が鈴鹿を激走  2015年から始まった「SUZUKA Sound of ENGINE」(2017年11月18日〜19日)は、国内外の歴史的価値のある自動車とオートバイ、レーシングカーなどが一堂に...

続きを読む...

NGKは主力のプラグはもちろん次世代バッテリーも開発! 【東京モーターショー2017】

クルマの内側を支える未来の技術が多数! 東京ビックサイトで開催された東京モーターショー2017にも出展した「日本特殊陶業株式会社(NGK)」は、エンジンのスパークプラグや酸素センサーなどを製造するメーカーだ。 同社は代表...

続きを読む...

日本初開催! 今世界で話題のモータースポーツが上陸した

舗装路あり! ダートあり! ジャンプ台ありの激熱バトル  ラリークロスという競技が盛り上がっている。ラリークロスとは、ダート路面とアスファルト路面が組み合わさったコースで、ジョーカーラップ(ジョーカーレーン)と呼ばれてい…

続きを読む...

【ムービー】詳細不明のホンダ・スポーツEVコンセプトはどんなクルマ? 直撃インタビュー

EVゆえに自由度の高いレイアウトが可能 ホンダブースで注目を集めたのは、コンパクトボディにロングノーズの親しみやすいデザインのスポーツカー「ホンダスポーツEVコンセプト」だ。 名前からもわかるとおりEVスポーツカーの提案...

続きを読む...

まる1日サソリ漬け! アバルトだらけのイベントが開催

大人も子供も盛り上がれる企画が盛りだくさん コンパクトカーを多くラインアップするイタリアの名門フィアットに、サソリのスパイスを加えたブランド「アバルト」。その凄さを体感することができるイベント「アバルトデイ2017 スコ...

続きを読む...

ホンダ「Urban EV Concept」がスポーツイメージの「初代シビック」をモチーフにした理由とは?

世界で初めてマスキー法をクリアしたクルマ  東京モーターショーでジャパンプレミアとなった、ホンダの量産EV車のスタディモデルである「Urban EV Concept」は新開発のEV専用プラットフォームを採用。都市の移動に...

続きを読む...

かなり地味だが技術は凄い! 東京モーターショーで注目度低めだった新型ホンダ・レジェンド

マイナーチェンジ版は燃費も向上している  2輪との同時展示でかなりのスペースを占めていた東京モーターショーでのホンダブース。EV Conceptシリーズの2台はもちろんのこと、発売されたばかりのシビックシリーズにも多くの...

続きを読む...

【ムービー】ダイハツ新型コンパーノは発売されるのか? 直撃インタビュー

ダイハツが「小型車をやる」という意思表示 ダイハツブースでは、鮮やかな赤に包まれたどこか懐かしさのあるクルマが展示され、ひときわ注目を集めていた。 その名もDNコンパーノ。 コンパーノといえば1963年から1969年まで...

続きを読む...

2023年には路面の状況でタイヤの溝形状が変化する商品を発表予定! 【東京モーターショー2017】

住友ゴムはダンロップとファルケンの2ブランドでブース展開  東京ビッグサイトで開催され、先日終了した「第45回東京モーターショー2017」で、東6ホールに出展している住友ゴム工業は、ダンロップとファルケン両ブランドに分け...

続きを読む...

ウィークリーランキング