「イベント」の記事一覧 - 5ページ目

話題のスープラはスーパーGT仕様が早くも登場! トヨタガズーレーシングブース【東京オートサロン2019】

間もなくベールを脱ぐスープラに注目が集まる!  トヨタガズーレーシングは、東京オートサロン2019にて、間もなく発表されるトヨタスープラのプロトタイプとともに、2020年に国内最高峰のツーリングカーレースであるスーパーG...

続きを読む...

ハイパフォーマンスブランド「AMR」を披露! アストンマーティンが初出展【東京オートサロン2019】

サブブランド「AMR」の世界観を表現したブースに  イギリスの高級スポーツカーメーカーであるアストンマーティンが、東京オートサロン2019に初出展した。展示したのはヴァンテージと、よりスポーティさを高めたDB11 AMR...

続きを読む...

アクティブな雰囲気に仕立てた話題のジムニーに注目のスズキブース【東京オートサロン2019】

ピックアップは市販化してほしいほどの仕上がり!  カスタムカーの祭典「東京オートサロン2019」。スズキブースで注目を集めていたのは、やはり2台のジムニーだろう。ジムニーとジムニーシエラ、双方で個性的なカスタマイズが施さ...

続きを読む...

間もなく日本発売の怪物4座クーペがお目見え! メルセデス・ベンツブース【東京オートサロン2019】

じつに639馬力/900N・mの強烈なエンジンを搭載  2019年1月11日から13日まで千葉県・幕張メッセで行われる東京オートサロン。国産メーカーと同様な規模の大きなブースを構えていたのがメルセデス・ベンツだ。  注目...

続きを読む...

オートサロン初日に募集開始の200台限定コペンクーペも展示! ダイハツブース【東京オートサロン2019】

カスタマイズを通じて遊びを提案するダイハツの試み  2019年1月11日から13日まで行われている東京オートサロン2019。各メーカー、ショップがさまざまなカスタマイズの提案をするなか、異彩を放っていたのがダイハツブース...

続きを読む...

ナンバーの詳細までクッキリ! 4K画質のドライブレコーダーがデータシステムブースに登場【東京オートサロン2019】

ハイビジョンの4倍の解像度を実現  交通トラブルによる凄惨な事件が発生して以来、ドライブレコーダーへの注目が高まり、同時に技術的進歩のスピードもグッと増している。  とくに高精細な映像を実現するための画素数の向上はめざま...

続きを読む...

SUV一色! 新型デリカD:5に注目の三菱自動車ブース【東京オートサロン2019】

「Drive your Ambition」をテーマに7台を展示  1月11日~13日に幕張メッセで行なわれている東京オートサロン2019。三菱自動車は「Drive your Ambition(ドライブ・ユア・アンビション...

続きを読む...

フォレスターとインプレッサのSTIコンセプトは必見! 走る楽しさを前面に押し出したスバル/STIブース【東京オートサロン2019】

走りのSTIがSUVやエントリーモデルをも変身させる!  スバル/STIブースのテーマは「オール・フォー・ドライブ・エキサイトメント」。スバル車に乗ったときの高揚感や走る楽しさを伝えたいという思いから作り上げられたブース...

続きを読む...

ホンダはレーシーなイメージで展開! 無限のシビック・タイプRに注目【東京オートサロン2019】

サーキット仕様の無限シビック・タイプRは夏頃市販予定!  2019年1月11日から13日にかけて行われる東京オートサロン2019。ホンダブースはステージ上にホンダが行うモータースポーツ活動のレーシングカーを並べ、レーシー...

続きを読む...

ブーステーマは「マツダの新時代」いち早く新型アクセラに触れられるチャンス!【東京オートサロン2019】

マツダ3のセダン・ハッチバックを展示!  2019年1月11日から行われている東京オートサロン2019。マツダブースのテーマはずばり「マツダの新時代」。それにふさわしく、先日北米LAショーで発表されたばかりのマツダ3、日...

続きを読む...

トヨタ・カローラセダンが初公開! 脱オヤジセダンのカッコ良すぎるデザイン【LAショー】

ラゲッジルームを犠牲にしないハイブリッドは使い勝手抜群  今年6月に発売を開始したカローラスポーツ。そのセダンモデルがLAオートショーで発表された。北米向けには1.8リッターハイブリッド、また1.8リッターと新開発の2リ...

続きを読む...

スバルもついにPHVを投入! EVモードの航続距離は約27km【LAショー】

日本国内への導入時期は未定  国内外で人気のクロストレック(日本名:XV)にプラグインハイブリッドモデルが新たに追加された。2リッター水平対向エンジンとリニアトロニックCVT、こちらにスタータージェネレーターとふたつの駆...

続きを読む...

トヨタ・プリウスが大幅変更! やり過ぎスタイルが大人しくインテリアはPHV風に【LAショー】

4WDのシステムにも変更が加えられた  不評の声もあった特徴的なエクステリアデザインから変更し大人しいデザインにリフレッシュ。同時にリヤコンビネーションランプ&リヤバンパーのデザインも変更された。  インテリアも...

続きを読む...

新世代マツダの第1弾! LAオートショーで新型Mazda3(アクセラ)が登場

ハッチバックとセダンで外観の共通点はボンネットのみ!  11月28日に開催されたロサンゼルスオートショーの前夜祭にて、マツダは新型Mazda3(日本名:アクセラ)を発表。現行モデルと同様にセダンとハッチバックがラインアッ...

続きを読む...

ローカルな広州モーターショーにも政府の息が! 人気のハズのドイツ車ブースが閑散としていたワケ

NEV規制を前に地元系ブースへの積極取材指令が出たか  今年の広州ショーモーターショーはどこか雰囲気が違う……、11月16日のプレスデーの朝一番に会場を訪れて筆者は最初に感じた。  そもそも広州モーターショーは、世界が注...

続きを読む...

ウィークリーランキング

  1. 【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    当時は「普通」のクルマでも今ならファン垂涎の名車! 最近は旧車ブームと...

  2. 走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    ひとたび本気で走らせようとすると手に負えない挙動に スポーツカーをドラ...

  3. 悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    空の状態から満タンで軽く1万円以上になるモデルたち 先日燃料タンクが車...

  4. しょせん軽……なんてバカにする時代は終わった! 新東名の120km/h区間を余裕で走れる軽自動車6選

    しょせん軽……なんてバカにする時代は終わった! 新東名の120km/h区間を余裕で走れる軽自動車6選

    今どきは軽自動車でもアクティブクルコン装備車が選べる!  新東名の新静...

  5. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  6. ノーマルでも爆音気味のスーパーカーは車検に通るのか?

    ノーマルでも爆音気味のスーパーカーは車検に通るのか?

    国土交通省によれば例外はなく同じ騒音規制を適用 フェラーリやランボルギ...

  7. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  8. ジャジャ馬だけどパワー感にシビれた! 今じゃあり得ないドッカンターボの国産モデル5選

    ジャジャ馬だけどパワー感にシビれた! 今じゃあり得ないドッカンターボの国産モデル5選

    扱いづらい特性でも急激な加速は魅力だった  排気ガスの勢いでタービンを...

  9. バカ売れN-BOXさえいなければ……魅力十分でも主役になりそこなった軽自動車5選

    バカ売れN-BOXさえいなければ……魅力十分でも主役になりそこなった軽自動車5選

    トップを狙える逸材だが同世代にN-BOXが存在したことが不運 まだまだ...

  10. 50周年を迎えたトヨタ・ハイエースが安全面を強化して登場!

    50周年を迎えたトヨタ・ハイエースが安全面を強化して登場!

    衝突回避・被害軽減ブレーキを含むセーフティ センスPを標準化 トヨタは...