「BMW」の記事一覧

【ムービー】日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019 10ベストカーインタビュー! BMW・X2編

SUVらしからぬクーペスタイルが特徴  栄えある日本カー・オブ・ザ・イヤー2018-2019が、2018年12月7日に発表される。その1台は、全27台のノミネート車から、選考委員の投票によって10台に絞られた、10ベスト...

続きを読む...

【試乗】新型BMW Z4は国宝級の直6エンジンと最高のFRシャシーで理想的なスポーツカー!

典型的なFRスポーツのデザインだがドライバーは前方に移動  ふたり乗りのオープンカーなんて、まったく実用性がない単なる遊びグルマだと思っている人が多いと思う。だが、クルマ好きにとってオープン2シーターはある種の憧れのスポ...

続きを読む...

【試乗】BMW M850iは単なる高級クーペにあらず! サーキットまでこなす強烈な切れ味

走りのベンチマークはポルシェ911か  BMWから新型8シリーズとZ4の国際試乗会の案内がきた。早速スケジュールを調整して、ポルトガルに乗り込んだのだ。現地一泊二日で二台のニューモデルを試乗するのでちょっと慌ただしいが、...

続きを読む...

高級感と走行性能を妥協なく両立! BMWが完全無欠の8シリーズ クーペを発表

新型8シリーズが目指したのはレーシングカーの走り  2018年11月9日、BMWグループジャパンは新型8シリーズ クーペを発表。同日に発表会が行われ、代表取締役社長のペーター・クロンシュナーブル氏からこのクルマの詳細が語...

続きを読む...

【ムービー】BMW X4 M40iに試乗! SUVとは思えぬスポーティさにオドロキ

SUVとは思えないほどグイグイ曲がる! 2018年9月に初のフルモデルチェンジしたBMW X4。その最上級モデルであるM40iに、モータージャーナリストの木下隆之さんが試乗。SUVらしくないスポーティなスタイリングを持ち...

続きを読む...

2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤーのイヤーカー候補となる10台が決定!

今年1番のクルマに輝くのはどれか?  今年で39回目となる日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)は、イヤーカーとなる(その年に一番象徴的な)クルマを決めるため27台の新車を選出。その中から実行委員会は11月7日(水)に、...

続きを読む...

約20年ぶりに復活したBMW8シリーズクーペがフランス・パリサロンに登場

日本への導入も検討されているラグジュアリークーペ  BMWのフラッグシップとなるラグジュアリークーペの8シリーズがパリサロン2018で公開。その美しいスタイルは来場したプレス関係者からも熱い視線を集めていた。  開発者は...

続きを読む...

じつに7年ぶりのフルモデルチェンジ! 7世代目BMW 3シリーズついに登場

ボディサイズ拡大で室内空間もより快適に  BMWはCセグメントセダンの世界的ベンチマークである3シリーズをパリサロン2018でワールドプレミアした。7世代目となる新型はおよそ7年ぶりとなるフルモデルチェンジだ。  ボディ...

続きを読む...

BMW X4が待望のフルモデルチェンジ! よりクーペらしさが際立つボディが魅力的

SUVの力強さとクーペの流麗さを融合したスタイルに磨きをかけた BMWは新型X4を9月6日に発表した。2014年に登場して以来、初のフルモデルチェンジとなったX4の詳細をお届けしよう。 先代モデルからホイールベースを55...

続きを読む...

日本市場初のディーゼルエンジン搭載! BMW X3に運動性能を高めたM40dを追加

日本初導入の高性能ディーゼルターボエンジンを搭載  BMWは、プレミアムミドルクラスSAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)のX3に、高性能ディーゼルエンジンを搭載するMパフォーマンスモデル「X3 M40d」をライン...

続きを読む...

流麗なボディデザインが特徴的な6シリーズグランツーリスモに2L直4エンジンモデルを追加

同時にヘッドアップディスプレイを全車標準化  ビー・エム・ダブリューは、スタイリッシュなエクステリアと実用性を兼ね備えたBMW 6シリーズ グランツーリスモのラインアップに、630i グランツーリスモを追加した。  6シ...

続きを読む...

高性能エンジンを搭載したBMW M2コンペティションが日本上陸! 873万円から

マニュアル仕様もラインアップする!  BMWは、コンパクトFRスポーツのM2の運動性能を高めた上級モデル「M2コンペティション」を日本導入し、発売した。  出力などは異なるものの、M4/M3と同じ3L直6ツインターボエン...

続きを読む...

1 / 912345...最後 »

ウィークリーランキング

  1. 「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    「高い」と言われるディーラー車検のメリットとは?

    車検は継続検査のみを指しディーラー車検は点検整備代も含む 車検とは自動...

  2. ホンダN-BOXだけがなぜ売れる? N-BOXにあってライバルに足りないものとは

    ホンダN-BOXだけがなぜ売れる? N-BOXにあってライバルに足りないものとは

    走りも使い勝手も期待値の一歩上を行く完成度 2017年のフルモデルチェ...

  3. えっ、軽かよ……とならない女子ウケ抜群のデートで使える軽自動車5選

    えっ、軽かよ……とならない女子ウケ抜群のデートで使える軽自動車5選

    デートの雰囲気を盛り上げてくれる軽自動車も結構ある 今ドキ女子はと〜っ...

  4. 【クルマが傷む】駐車時の「据え切り」やっていませんか?

    【クルマが傷む】駐車時の「据え切り」やっていませんか?

    ステアリングが軽くてもサスペンションに掛かる負担は大きい! 止まったま...

  5. 国交省がチェーン義務化! スタッドレスタイヤだけではダメなワケ

    国交省がチェーン義務化! スタッドレスタイヤだけではダメなワケ

    埋もれるような豪雪エリアや凍結した坂道などはチェーンが有効 国土交通省...

  6. 【噂の真相】雪道で4WDが威力を発揮するのは発進だけって本当?

    【噂の真相】雪道で4WDが威力を発揮するのは発進だけって本当?

    発進以外に加速や巡航時の安定性にも効果がある 日本の積雪地では4WDが...

  7. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  8. 【疑問】左折後の道路が2車線の場合どっちの車線に入ってもいいの?

    【疑問】左折後の道路が2車線の場合どっちの車線に入ってもいいの?

    道交法上は「できる限り道路の左側端に沿って」との記述 左折後、次の交差...

  9. 【月販数十台のクルマも】売れない車種を販売し続ける理由とは?

    【月販数十台のクルマも】売れない車種を販売し続ける理由とは?

    他メーカーへの流出を避けたり海外での販売促進など理由は多い 日系ブラン...

  10. 【意外と知らない】メーターに表示される警告灯の意味

    【意外と知らない】メーターに表示される警告灯の意味

    意味を知れば大きなトラブルに成る前に対処できる クルマに乗って、イグニ...