「BMW」の記事一覧

約20年ぶりに復活したBMW8シリーズクーペがフランス・パリサロンに登場

日本への導入も検討されているラグジュアリークーペ  BMWのフラッグシップとなるラグジュアリークーペの8シリーズがパリサロン2018で公開。その美しいスタイルは来場したプレス関係者からも熱い視線を集めていた。  開発者は...

続きを読む...

じつに7年ぶりのフルモデルチェンジ! 7世代目BMW 3シリーズついに登場

ボディサイズ拡大で室内空間もより快適に  BMWはCセグメントセダンの世界的ベンチマークである3シリーズをパリサロン2018でワールドプレミアした。7世代目となる新型はおよそ7年ぶりとなるフルモデルチェンジだ。  ボディ...

続きを読む...

BMW X4が待望のフルモデルチェンジ! よりクーペらしさが際立つボディが魅力的

SUVの力強さとクーペの流麗さを融合したスタイルに磨きをかけた BMWは新型X4を9月6日に発表した。2014年に登場して以来、初のフルモデルチェンジとなったX4の詳細をお届けしよう。 先代モデルからホイールベースを55...

続きを読む...

日本市場初のディーゼルエンジン搭載! BMW X3に運動性能を高めたM40dを追加

日本初導入の高性能ディーゼルターボエンジンを搭載  BMWは、プレミアムミドルクラスSAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)のX3に、高性能ディーゼルエンジンを搭載するMパフォーマンスモデル「X3 M40d」をライン...

続きを読む...

流麗なボディデザインが特徴的な6シリーズグランツーリスモに2L直4エンジンモデルを追加

同時にヘッドアップディスプレイを全車標準化  ビー・エム・ダブリューは、スタイリッシュなエクステリアと実用性を兼ね備えたBMW 6シリーズ グランツーリスモのラインアップに、630i グランツーリスモを追加した。  6シ...

続きを読む...

高性能エンジンを搭載したBMW M2コンペティションが日本上陸! 873万円から

マニュアル仕様もラインアップする!  BMWは、コンパクトFRスポーツのM2の運動性能を高めた上級モデル「M2コンペティション」を日本導入し、発売した。  出力などは異なるものの、M4/M3と同じ3L直6ツインターボエン...

続きを読む...

【試乗】見た目に違わぬ熱い走りのBMW X4! 悪路からサーキットまでこなせるマルチ性

見た目はクーペライクもオフロード性能はX3と同等  BMWがスポーツアクティブクーペ(SAC)最新作となる、2代目X4をデビューさせた。2014年登場の初代から数えて4年ぶりのブランニューである。先だってデビューしたX3...

続きを読む...

ハイパフォーマンスをオープンエアで楽しむ! BMW M4カブリオレがついに日本導入

誕生30周年を記念したスペシャルモデルも用意  BMWのハイパフォーマンスモデル「M4」に、カブリオレをラインアップに追加。受注を開始した。ユーザーへの納車は今年秋以降となっている。  1981年にBMWの日本法人が設立...

続きを読む...

激戦の小型SUV市場にBMW X2投入! 卓越した走りでライバルを圧倒する可能性も

タレントの香取慎吾さんも「走りたい」とコメント  BMWのブランド・フレンドに、タレントの香取慎吾さんが就任した。4月16日に行われた新型X2発表会ではゲストとして登場し、ペーター・クロンシュナーブル社長と嬉しそうにドラ...

続きを読む...

BMW M2に性能を極めた「コンペティション」が登場! ツインターボで410馬力を発生

エンジンのみならず専用アイテムを満載したM2の理想形  BMWのスポーティさを極めたMシリーズのなかで、もっともコンパクトなモデルであるM2の性能をさらに磨き上げた「M2コンペティション」が、ドイツ本国で発表となった。 ...

続きを読む...

【試乗】BMWなのに4WD採用! それでも走りの楽しさを増した新型M5の衝撃

操る楽しさに加えて安定感をプラスした無敵の存在  BMWのハイパフォーマンスモデル「M5」に乗り、クルマを判断する基準や価値観がまた大幅に書き換えられた。  振り返れば、それ以前に同様のインパクトを発したモデルは、2年前...

続きを読む...

1 / 912345...最後 »

ウィークリーランキング

  1. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  2. トヨタはC! ホンダは音楽! メーカーごとの不思議な車名の共通性

    トヨタはC! ホンダは音楽! メーカーごとの不思議な車名の共通性

    最近は共通性が崩れつつあるケースも 最近はそうでもないが、かつてクルマ...

  3. 中古ゆえに安いはずが新車よりも高値が付くクルマのパターン3つとは

    中古ゆえに安いはずが新車よりも高値が付くクルマのパターン3つとは

    当然鍵は希少性だが売れまくった車種でも高値になる可能性も クラシックカ...

  4. 一般人には理解不能! クルマ好きのやりがちな行為5つに意味はあるのか

    一般人には理解不能! クルマ好きのやりがちな行為5つに意味はあるのか

    昔は意味があったが今となっては不要な行為も サーキットのパドック、ある...

  5. 新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    「急」「高」「長」を控えたほうがいい 念願の新車を購入し、いよいよ納車...

  6. 先代の3倍の売れ行き! トヨタ・カムリ成功の裏にあるプリウスの苦悩

    先代の3倍の売れ行き! トヨタ・カムリ成功の裏にあるプリウスの苦悩

    先代カムリの700台に対し2400台という月販目標 2017年7月10...

  7. 【奇才】カウンタックを手がけた「ガンディーニ」デザインのクルマ5選

    【奇才】カウンタックを手がけた「ガンディーニ」デザインのクルマ5選

    現役デザイナーからも尊敬される才能の持ち主 マルチェロ・ガンディーニ。...

  8. 「ハチマキ・ヨンメリ・水中メガネ」一風変わった愛称で親しまれたクルマ7選

    「ハチマキ・ヨンメリ・水中メガネ」一風変わった愛称で親しまれたクルマ7選

    愛称が付けられるということは人気車種の証 大好評の第1弾に引き続き、ま...

  9. 電気で走れる楽しさがさらにアップ! 日産ノートe-POWERのチューニングアイテム登場

    電気で走れる楽しさがさらにアップ! 日産ノートe-POWERのチューニングアイテム登場

    走りの良さだけでなく燃費を重視したモードも 日産のモータースポーツ活動...

  10. 販売ランキング下位なのがおかしいほど魅力あふれる現行車5選

    販売ランキング下位なのがおかしいほど魅力あふれる現行車5選

    クルマを操るという楽しさを存分に味わうことができる 21世紀になって大...