「ホンダ レジェンド」の記事一覧

ホンダ レジェンドに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

もはや死語だけど「ハードトップ」ってカッコよかった! オヤジ感涙の80&90’sイケてるHT車4台

この記事をまとめると ■国産車の「ハードトップ」の名車をプレイバック ■ハードトップは1980〜90年代までに大流行し、各自動車メーカーがラインアップしていた ■ホンダは4ドアと2ドアで設計がまったく違うモデルをリリース...

続きを読む...

日産アリアに「猫耳」がついてる! なぜアンテナが2つ必要なのか?

この記事をまとめると ■日産アリアにはシャークフィンアンテナが2つついているグレードがある ■運転席側に設置されたアンテナは準天頂衛星「みちびき」からの情報を受信するためのもの ■準天頂衛星「みちびき」について詳しく解説...

続きを読む...

もう少し派手にアナウンスしてやってくれ! 2021年「知らないウチに」消滅していた悲しいクルマたち

この記事をまとめると ■2021年で生産を終えたクルマを紹介 ■ホンダ車の生産終了が目立った年だった ■後継車種がないモデルが多いので、今後出てくることに期待したい 2021年に生産が終わった名車をプレイバック  202...

続きを読む...

スカイラインにレヴォーグにLS! 広がってきた「手放し運転機能」の「安心感」に差があるワケ

この記事をまとめると ■日本車では4社からハンズフリー運転可能なクルマが発売されている ■ホンダのみレベル3を実現しており、それ以外の3社はレベル2となる ■手放し時のドライブには、クルマによって安心感に大きな差が感じら...

続きを読む...

なんと月の平均販売台数10台以下も! 国産車4台の「売れなさすぎる」理由

この記事をまとめると ■1カ月での登録台数が10台以下というクルマをピックアップ ■悪いクルマではないのだが、価格と魅力が釣り合ってないケースが目立つ ■なかには、販売当初から300万円以上値上げされたモデルもある 業界...

続きを読む...

クルマが便利になったのは「アナタのお陰」かもしれません! いまじゃ「当たり前装備」にチャレンジした「ファーストペンギン車」6台

この記事をまとめると ◼︎今では当たり前な装備も昔は標準装備ではなかった ◼︎意外にもホンダが日本初や世界初装備を多く取り入れている ◼︎今でも「世界初装備」というのが生まれるくらいクルマの進化は凄まじい 今では当たり前...

続きを読む...

カタログの馬力はウソだろ! どう考えても数字以上にパワフルだった「280馬力」時代のクルマとは

この記事をまとめると ■280馬力規制はあったもののあの手この手でパワーを押さえ付けてた ■熾烈なパワー競争は後世に語り継がれる名車も生み出した ■280馬力規制があったが故に、チューニング業界も盛り上がった 建前上は「...

続きを読む...

ホンダであってホンダにあらず! 日本導入は見送られた北米展開のブランド「アキュラ」とは

この記事をまとめると ■レクサスよりも早くに日本のプレミアムブランドとして立ち上げられた「アキュラ」 ■北米では顧客満足度調査で自動車メーカーとしてアキュラ単独で幾度も1位に輝いている ■過去にはアキュラブランドの日本展...

続きを読む...

かつて「打倒クラウン」に各社は燃えた! トヨタの絶対王者に挑んだ国産セダン5選

この記事をまとめると ■セダンが不人気な現代でもクラウンは月2000台ほど売れている ■高度経済成長期からバブル期まではクラウンのライバルが各社から出ていた ■クラウンを含め今後のセダン市場の動きに注目だ セダンが輝いて...

続きを読む...

基本は同じでも「走り」が全然違う! メーカー違いの「兄弟車」に「個性の違い」が出る理由

同じ車体でも車種ごとに味付けが違うヒミツ  クルマの世界では、基本、中身が同じ、兄弟車というべきモデルがある。ひとつはOEM(Original Equipment Manufacturer)車で、ある自動車メーカーが製造...

続きを読む...

衝撃のハイパフォーマンスが激安で買える! 庶民でも手が出せる「バカッ速」なのに「安い」中古車4選

中古のなかにもコストパフォーマンスの高いモデルが存在する  新型コロナウイルスの影響は経済にとってはマイナスというイメージが強いが、意外なところで新型コロナウイルスによってポジティブな状況になっているのが中古車市場。密に…

続きを読む...

レーシングドライバーがレジェンドの「手放し」「よそ見」自動運転を体験! 賞賛ポイントとホンダへの提言

50km/hを下回ったときのレベル3状態への以降はスムース  SIP-adus自動運転実証実験プロジェクト試乗会が東京のお台場地区で開催され、その会場を発着点としてレベル3の自動運転を可能とした「ホンダセンシングエリート...

続きを読む...

「手放し」&「よそ見」のレベル3自動運転に乗った! 新型レジェンドの驚きと課題

渋滞時に作動させると動画鑑賞も可能!  自動車はまた一歩未来に近づいた。「未来のクルマは自動操縦になり、走行中に車内のモニターでTVや映画を見るほか自由に……」と言うその”自由の内容”はまだまだ制限されるものの、夢に描い...

続きを読む...

スバル&日産でも簡単には追随できない! ホンダが達成した「自動運転レベル3」の圧倒的な凄さ

キーとなるセンシング技術はLiDARと呼ばれるセンサーだ  2021年3月は自動車史に残る偉業が達成された。それはホンダから「レジェンド・ハイブリッドEX・Honda SENSING Elite」の発売が始まったからだ。...

続きを読む...

やっと「よそ見」ができるレジェンドが公道に放たれた「自動運転」! なかなか普及しないと感じる理由とは

新型レジェンドの登場でついに自動運転「レベル3」が量産化  自動運転といえば、最近ではホンダが世界初のレベル3自動運転を新型レジェンドに搭載したことが大きな話題となっている。  新開発Honda SENSING Elit...

続きを読む...

デイリーランキング