「ステップワゴン」の記事一覧

大きさにビビる必要なし! 家族で使うなら選ぶべき運転が苦手でも扱いやすいミニバン5選

5ナンバーサイズや全高を抑えた運転しやすいモデルも存在!  子どもが生まれたら、一度は購入を検討するのはミニバンじゃないでしょうか。両側スライドドアの便利さ、オムツ替えも授乳も着替えも余裕の広さ、ジィジ・バァバも一緒に乗…

続きを読む...

万年人気のセレナ・ノアヴォク・ステップワゴン! 年度末決算「買いのグレード」をズバリ指南

ライバル同士であるからこそ価格は割安に設定されている  最近はSUVの人気が高まっているが、ファミリーカーの代表はミニバンだ。今は大半の車種の全高が1700mmを上まわり、後席側のドアはスライド式だから乗り降りもしやすい...

続きを読む...

【正当な評価をしてくれ!】クルマは最高でもライバルより売れない残念な現行車4選

車両の魅力はライバルに引けを取らないのに……  世の中には「内容を考えると、なんでこんなに売れているんだろう?」と感じるクルマがあるのと対照的に、「内容はいいのになんで売れていないんだろう」というクルマもある。そんな日本...

続きを読む...

ホンダ・ステップワゴンが一部改良を実施 ハイブリッドの名称変更やワクワクゲートレス仕様車の拡大も

汚れを拭き取りやすいシートを採用して実用度アップ  ホンダは、人気のMクラスミニバン「ステップワゴン」を一部改良した。メーカー希望小売価格(税込み)は、271万4800円(G Honda SENSING)〜444万950...

続きを読む...

往年の名車を現代風にアレンジ! ホンダアクセスが東京オートサロン2020の出展概要を発表

S2000の20周年を記念した特別な1台も提案  ホンダアクセスは、2020年1月10日(金)〜12日(日)まで開催される東京オートサロン2020に出展することを発表した。ブーステーマは「乗り物で人と人とがつながる」とし...

続きを読む...

乗車人数が選べるクルマはどちらを選ぶのが正解? 6モデルの販売状況とオススメのシートとは

シエンタで6人乗りを選ぶ人はたった6パーセント  ミニバンの多くは、2列目席が3人掛けのベンチシートと、より贅沢な雰囲気とかけ心地が得られる2人掛けのセパレートシート=キャプテンシートが選べるようになっている。ボクが20...

続きを読む...

一時代を築いたビッグネームが見る影もなし! 人気下降の国産車6選+α

モデルチェンジでライバルに遅れをとって人気薄に  クルマに限らず、芸能人、飲食、ファッションなど、あんなに流行ったのに今では人気急降下……というのはよくあること。売ってはいるけど、見る影もないというものは枚挙にいとまがな...

続きを読む...

N-BOXだけしか売れず苦戦するホンダ! 復活の鍵を握るこの先登場する4車種とその中身とは

かつて大ヒットしたモデルも今では苦戦気味……  今、ホンダ車の販売が苦戦しているように見える。なにしろ、2018年上半期の乗用車販売台数ランキングでTOP10に入っているのは8位のフリードのみ。売れ線のはずの、かつてコン...

続きを読む...

ホンダ・モデューロXの実力に参加者もびっくり! Modulo体感試乗会 in 富山

ドリキンこと土屋圭市さんが自信をもつ足まわり 「モデューロ(Modulo)」というブランドをご存じだろうか? ホンダファンは当然のことながら、クルマ好きも多くの人が知っている、ホンダ純正アクセサリーを手がけるホンダアクセ...

続きを読む...

【ムービー】Honda 2モーターハイブリッドシステム i-MMDって何? やさしく解説!

藤トモが座学と実技でi-MMDのすべてを伝える  Hondaのハイブリッドシステム、SPORT HYBRID i-MMD。現在インサイト、CR-V、アコード、ステップワゴン、オデッセイと5車種に搭載され、この先発売される...

続きを読む...

超便利な「わくわくゲート」はなぜ受け入れられない? ホンダ・ステップワゴンが苦戦するワケ

わくわくゲートの左右非対称のデザインは女性に不人気  日本の多人数乗用車、ファミリーミニバンのパイオニアである、ホンダ・ステップワゴンの5代目が苦戦している。2018年4月~2019年3月期の販売台数は5万3478台(標...

続きを読む...

なんとドリンクホルダー16個のツワモノも! 入れた場所を忘れるほど収納が充実したクルマ5選

収納が多ければ車内もスッキリして運転に集中できる  実用車でも、ティッシュボックスがフロアにしか置けず、スマホの置き場にも困る、これはないだろ! ぐらい収納が少ないクルマがある一方で(わが家はボク以外、花粉症なものでドラ…

続きを読む...

売れてなくても良いものは良い! 各ジャンル1位のクルマを凌駕する中身の負け組国産車5台

販売ランキング下位に沈むも魅力は十分  クルマの販売ランキングは実際に売れている数。それは、人気はもちろん、販売施策など(値引きの拡大含む)、さまざまな要因で決まる。  しかし、販売台数が伸び悩んでいても、とくにクルマ好.…

続きを読む...

普通のオーナー大迷惑!  一部のオラオラドライバーのせいでDQN扱いされがちなクルマ8台

やっぱり王道は威圧系顔のミニバン  クルマというのは、作り手やオーナーの思いに反して、時として、世間からヘンなイメージを持たれてしまうことがある。  真面目なオーナーからすれば、いい面の皮といったところだが、不幸にもDQ...

続きを読む...

和製ハマーからナンパ師御用達のデートカーまで「平成8年生まれ」の衝撃国産車10台

ボックスティッシュ置き場もある衝撃のデートカーも登場  平成の元号が間もなく終わり、令和がスタートする。31年間続いた平成という時代はバブル景気の絶頂期と崩壊、阪神大震災や東日本大震災といった大規模災害、長かった不景気な...

続きを読む...

1 / 212

デイリーランキング