ステップワゴンは「フルモデルチェンジ失敗」ではなかった! 発売から2年が経って急激に売れ行きを伸ばしているワケ (1/2ページ)

この記事をまとめると

■ホンダ・ステップワゴンの登録台数が2024年度に急増している

■受注はしていたが納期遅延の影響で思うような生産体制が取れていなかった

■今後は新型フリードが登場するので販売促進に力を入れる必要性がある

発売から2年経って急に登録台数が増えたのはなぜ?

 クルマの売れ行きの推移は、一般的には発売直後がもっとも多い。その後、新鮮味が薄れるにしたがって売れ行きも下降する。車種によってはマイナーチェンジなどでもちなおすが、大幅に増えることはない。

 ところが、現行ホンダ・ステップワゴンは違う。発売されたのは2022年5月なのに、2024年に入って登録台数を急増させた。2024年1月の登録台数は前年の1.7倍、2月は2倍、3月は2.8倍、4月も2.1倍だ。発売から2年以上を経過しながら、前年の売れ行きを大幅に上まわった。

 このような販売推移を見るときは「対前年比の対前年比」を確認する必要がある。前年に何らかの理由で売れ行きが半減した場合、その前の年の売れ行きに戻っただけでも、本年の対前年比は2倍に増えるからだ。売れ行きが増えたのか、それとも戻ったのかを見極めねばならない。

 そこで2023年の登録台数を見ると、1月と2月は前年の1.1倍、3月は2.1倍、4月は12倍であった。ステップワゴンは前述のとおり2022年5月に現行型へフルモデルチェンジしたから、同年4月は登録台数が200台以下まで減り、2023年4月の対前年比が12倍に達した。

 それにしても2023年1〜3月が発売直後の新型車だったことを考えると、先代型との比較になる1〜2月の対前年比が1.1倍では少ない。

 また、対前年比が現行型との比較になる2023年5月以降は、早くも伸び悩みが見られる。2023年5月の登録台数は前年の86%、6月は84%、7月と8月は80%に留まった。


渡辺陽一郎 WATANABE YOICHIRO

カーライフ・ジャーナリスト/2023-2024日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員

愛車
フォルクスワーゲン・ポロ(2010年式)
趣味
13歳まで住んでいた関内駅近くの4階建てアパートでロケが行われた映画を集めること(夜霧よ今夜も有難う、霧笛が俺を呼んでいるなど)
好きな有名人
-

新着情報