「三菱 i-MiEV」の記事一覧

三菱 i-MiEVに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

名前を聞けば「そういえばあった気も……」レベル! ハッキリ言って不人気だけど「中身は一級品」の日陰のクルマ4台

この記事をまとめると ■優れたクルマが売れるとは限らない ■あえて少数のユーザーを狙いにいくケースもある ■売れ行きはイマイチだったが評価が高かったクルマをジャンル別に4台紹介 パッとしなかったが走りも装備も一級品だった...

続きを読む...

日本で圧倒的人気の「軽自動車」! そのまま海外展開されない事情とは

独自の規格の中で進化を果たし、ガラパゴス化した軽自動車  軽自動車規格は日本独特の車格であり、それによって税制や保険制度も登録車と別枠である。一方海外には軽自動車という特別枠はないので、車体寸法やエンジン排気量などに制約…

続きを読む...

電動化時代のいまこそ「売り時」じゃないの? 三菱i-MiEVが消えたワケ

登場時から約40%も価格を抑えられるほど熟成していた  自動車メーカーは電動化に向かっている。もはや新興メーカーや小規模メーカーだけでなく、ゼネラルモーターズやホンダのような大規模メーカーであっても将来的にはエンジンを廃...

続きを読む...

いま「EV通」の間でi-MiEVが高評価! 三菱の「先見の明」が新型EV軽で花開く可能性大

i-MiEVで培われた技術はPHEVモデルやIMkに受け継がれる  三菱自動車工業が2009年から市販した電気自動車(EV)のi-MiEVは、フルモデルチェンジを迎えることなく、来年発売される予定の日産と三菱自による軽E...

続きを読む...

現行車なのに月販「ひと桁」! 中身はスゴイのに「売れなさすぎ」のクルマ5台とその理由

高額すぎる価格帯とニーズの不一致が原因で売れていないものもある  2021年、コロナ禍においても国産車市場はほぼ元通りになっています。1月にもっとも売れたのはトヨタ・ヤリスで、その販売台数は1万8516台。2番手のホンダ...

続きを読む...

よく考えるとこんなにあった! リーフやホンダeだけじゃない「日本で買える」日本&ドイツのEV7選

リーフやホンダeに先駆けて投入された国産EVモデルも!  日産リーフと販売台数は少ないながら話題になっているホンダeが中心となっている電気自動車(以下EV)だが、輸入車を含めると選択肢は意外に多い。今回は日本車とドイツ車...

続きを読む...

みんな口を揃えて「いいクルマ」! なのにナゼか「街で見かけない」国産車6選

話題性とともに盛り上がりを見せるモデルも存在するが……  2021年、トヨタ・ヤリス、ライズ、アルファード、ホンダ・フィット、スズキ・ハスラーなど、街中で、郊外で、見かけない日はないぐらい売れている車種と対照的に、素晴ら...

続きを読む...

「会社の危機」を救ったのは1台のクルマ! 自動車メーカーの運命を変えた国産車4台

メーカーの経営危機が時代に名を残すクルマを生み出させた  自動車メーカーは、栄枯盛衰を繰り返している。10年以上好調を持続する難しさがある。それは時代の進展によって価値観が変化するからだろう。 1)ホンダ・オデッセイ  ...

続きを読む...

「ほとんど売れていない」軽自動車のEV「i-MiEV」を三菱がやめないワケ

i-MiEVはまさに「小さな高級車」だ  世界初の量産市販電気自動車(EV)として、なおかつ唯一の軽自動車のEVとして2009年にまず法人向けで販売が開始された三菱i-MiEVが、生産を終えるとの噂がある。だが、三菱自動...

続きを読む...

やっぱり復活すべき! 「EVとSUV」の選択と集中で「三菱パジェロ」の生きる道はある

主力をEVとSUVに絞る選択と集中を進めている  三菱自動車工業のパジェロが、国内向けの生産を止めてから1年が経つ。いまだにそのことが信じられないほど、パジェロが残した軌跡は大きい。  国内市場でRV(レクリエイショナル...

続きを読む...

地味だけど滋味豊か! 「まだ売ってたの?」なんて言われがちな「隠れすぎてる名車」5選

シニア層向けの実直なセダン需要はまだまだ根強い  クルマ好きなら、ふとした時に「そういえば、あのクルマってまだ売ってたっけ?」などと、地味な実用車や不人気車のことを思い出すものだ。話題性がなく、とっくにフルモデルチェンジ…

続きを読む...

完全電動化はクルマの台数減が必須? リチウムイオンバッテリーから考える将来の自動車社会

リチウムイオンバッテリーがクルマに使われてまだ10年  リチウムイオンバッテリーが当たり前の存在となって、まだ20年経つかどうかである。はじめは携帯電話やノート型PCなどに利用され、それら移動機器の小型軽量化や薄型化がな...

続きを読む...

デイリーランキング