「日産 GT-R」の記事一覧

日産 GT-Rに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

売れなかろうが関係なし! 個性命で「ライバル不在」の孤高のクルマ5選

この記事をまとめると ■他にライバルのいない個性派国産車をピックアップ ■唯一無二の存在がそのクルマの価値観を高めている ■メーカーの色やこだわりが色濃く出ているのが特徴でもある ありそうでない! 個性派すぎる国産車を集...

続きを読む...

伝説の「432R」感のあるカスタム車まで登場! フェアレディZと隠れ家キャラバンの日産ブースは必見【東京オートサロン2022】

この記事をまとめると ■東京オートサロン2022の日産ブースの見所を紹介する ■ついに日本仕様の新型フェアレディZを公開、特別仕様車「Proto Spec」も用意 ■キャラバンやノートのカスタムモデルやスーパーGT参戦の...

続きを読む...

悪者は逃走不可! 実際に存在する日本と世界のバカッ速パトカーたち

この記事をまとめると ■通常のパトカーとは違うスポーツカーを使ったパトカーを紹介 ■取り締まりというよりかは、事故防止の抑止力として存在している ■世界に目を向けると数千万円クラスのスーパーカーも採用されている みんなの...

続きを読む...

21世紀が到来! クルマが大きく進化した2000年代に若者が憧れたクルマ5選

この記事をまとめると ■2000年代初頭に人気のあったクルマをプレイバック ■昭和に誕生したスポーツカーも人気が高かった ■最先端技術などが多用された新時代のクルマが多く世に放たれていた クルマのあり方が大きく変わった2...

続きを読む...

少数のスポーツカーのみが採用! 1歩上級のクルマ好きだけが知っている「トランスアクスル」とは

この記事をまとめると ■トランスアクスルはミッションをリヤシート付近に置けるので重量配分に優れる ■重量配分の観点からスポーツカーに最適と言えるミッションだが振動などが大きい ■後席のスペースやトランク容量が制限されるの...

続きを読む...

14年間マイチェンだけで90馬力もアップ! 同じエンジンなのに日産GT-Rが超絶パワーアップを果たした理由

この記事をまとめると ■R35GT-Rと呼ばれる現行型は14年もの間販売されている ■初代と最新型では90馬力もの差が生まれている ■パワーアップの決め手は「タービン」と「制御技術」にある ターボ技術の結晶として進化し続...

続きを読む...

なんと月の平均販売台数10台以下も! 国産車4台の「売れなさすぎる」理由

この記事をまとめると ■1カ月での登録台数が10台以下というクルマをピックアップ ■悪いクルマではないのだが、価格と魅力が釣り合ってないケースが目立つ ■なかには、販売当初から300万円以上値上げされたモデルもある 業界...

続きを読む...

GT-RもデリカD:5も「10年以上」フルモデルチェンジなし! 超長寿クルマが誕生する3つの理由

この記事をまとめると ◼︎GT-RやデリカD:5のように、長く売られているクルマには3つの理由がある ◼︎メーカーの象徴的モデルでもあるので、安易に生産を打ちきれない ◼︎大量に売れないモデルに限っては、コストを考えると...

続きを読む...

マイチェンを重ねて「300万円以上」も値上がりした日産GT-R! 登場から14年経過のクルマに「1000万円オーバー」の価値はある?

この記事をまとめると ■日産GT-Rの2022年モデルの価格が1082万8400円〜と発表された ■日産GT-Rのデビュー時の価格は777万円であり300万円以上値上がりしたことになる ■それでも性能を考えれば日産GT-...

続きを読む...

名乗らない「隠れミッドシップ」は多かった! 前エンジンの「フロントミッドシップ」の絶大な効果と課題

この記事をまとめると ■フロントミッドシップはエンジンをドライバーの前方にレイアウトする ■フロントアクスルとリヤアクスルの間にエンジンが搭載されていればミッドシップとみなす ■フロントミッドシップは速さを引き出す上では...

続きを読む...

数値が小さくても「運動性能」に優れるわけじゃなかった! クルマ好きが大事にする「パワーウェイトレシオ」の落とし穴

この記事をまとめると ■パワーウェイトレシオは車両重量を最高出力で割ったクルマの性能を示す一つの指標 ■パワーウェイトレシオが優れている方が動力性能も優れているとは限らない ■トルクウェイトレシオに優れるEVだが総合的な...

続きを読む...

タイプRは白! WRXは青! もはや「伝説級」のボディカラー5選

この記事をまとめると ■レーシングマシンの色を受け継いている色が多い ■その色で既にレースに出ていなくても、色だけは今でも健在している ■環境問題などにより当時の色のまま作れない物もある ブランドイメージにも繋がる象徴的...

続きを読む...

日本の2大スーパースポーツが真逆の事態! NSXは終わるのにGT-Rが存続できるワケ

この記事をまとめると ■NSXが約6年で販売終了となる一方で、GT-Rは14年という長きに渡って販売を継続 ■NSXは2000万円近くの高額になり、運転を楽しむためだけに使える人は限りがある ■GT-Rは車内で会話を楽し...

続きを読む...

GT-Rの2022年モデルにふたつの「Tスペック」を設定! 2台あわせて100台の限定抽選販売

この記事をまとめると ■日産GT-Rの2022年モデルが発表され2台の特別仕様車を限定発売 ■カーボンセラミックブレーキやカーボン製リヤスポイラーなどの数々の専用品を装備 ■2台あわせて100台限定の抽選販売、抽選の申し...

続きを読む...

2400万円オーバーが秒で売り切れた! 色やカバーに最後感を「におわせる」GT-Rの2022年モデルとは

この記事をまとめると ■日産GT-Rの2022モデルが登場 ■4つのグレードと特別仕様車を用意 ■主役となるであろう特別仕様車「T-spec」を中心に解説する 高価になっても発表と同時に完売!  日本を代表するスーパース...

続きを読む...

デイリーランキング