「カムリ」の記事一覧

偉大な「名前」に頼る必要なし? いつしかサブネームが車名になった現行車4選

正式名称は変わっていないのにカタログ表記はサブネームなものも  車名を聞けばすぐ頭に形が浮かぶ、というクルマ好きの人は多いことだろう。しかし、そんな車名もデビュー当初につけられていた名前から変化し、気づけばサブネームがメ…

続きを読む...

【枝分かれした派生の名前がいつしかメインに!】サブネームから生まれたクルマ8選

スペシャル感やスポーティさを表すためにサブネームが付けられた  完全な新型車が登場する場合、まったく新しい車名というだけでなく、サブネームが付けられることもある。最近では少なくなったが、簡単に言えば枝分かれという形で、メ…

続きを読む...

【じつは売れないってわかってる?】アメリカで成功するも日本でウケない国産車を販売するワケ(後編)

数は少なくても顧客の要望がある以上販売現場は売りたい  トヨタのカムリ、ホンダのアコード。両車はアメリカで年販30万台レベルのロングセラーとして、アメリカ人の生活に馴染んできた。この分野が、Dセグメントセダンだ。もうひと...

続きを読む...

ハイブリッドは走りでエンジン車には勝てないと言い切るレーシングドライバーを納得させたHV3台とは

もっとも走りの良いハイブリッドはトヨタ車 ガソリンエンジンにプラスして電気モーターやバッテリーを搭載するHV(ハイブリッド)車は車両重量が増して運動性能面では不利という話をしたばかりだが、それでも時代はHVを求めており多...

続きを読む...

新型トヨタ・カムリ登場でにわかに活性化! 今どきセダン事情とカムリvsライバルたち

もうオヤジグルマの時代じゃない! 今どきのセダン事情とは  今でこそ北米市場で圧倒的な支持を集めているクルマだが、国産セダンのなかでは息の長いモデルであり新型カムリに対するユーザーの期待は大きい。果たして新型カムリは不振…

続きを読む...

【新型トヨタ・カムリ詳細解説】低重心が生み出す「優れた走り」がセダンに復権には必要だった

 TNGAに基づく新型プラットフォームとして、新型カムリで初投入となる「Kプラットフォーム」。今後、ミドル〜アッパーミドルクラスのトヨタ車のプラットフォームとして使われることもあって、ボディ&シャシーとしての基本性能を徹...

続きを読む...

デイリーランキング