「トヨタ/レクサス RAV4」の記事一覧

トヨタ/レクサス RAV4に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

年末年始にクルマを借りるなら「ラク」なほうがいいに決まってる! 乗ると目からウロコのレンタカー5選

この記事をまとめると ■年末年始は遠出する人も多い ■この時期は高速道路では大渋滞が予想される ■冬のドライブがラクになるおすすめのレンタカーを紹介する 上手なクルマ選びが疲労軽減やイライラ防止につながる  年末年始など...

続きを読む...

迷っている時間はない! BEVやPHEVの「購入補助金」予算は「あっという間」に消化する可能性アリ

この記事をまとめると ■「クリーンエネルギー自動車・インフラ導入促進補助金」を令和3年度補正予算案に計上 ■登録BEV80万円、軽規格BEV50万円、PHEV50万円、FCEV250万円が購入補助される ■11月26日以...

続きを読む...

不人気車のレッテルは日本だけ! 海外じゃバカ売れしている国産車たち

この記事をまとめると ◼︎海外では日本で不人気なクルマが人気車というケースがある ◼︎日本市場と比較するとその数なんと10倍以上という車種も ◼︎日本では販売を終えている車種も海外ではまだ人気車種として扱われている 日本...

続きを読む...

オフロードグレード「アドベンチャー」にもハイブリッドを投入! RAV4 & RAV4 PHVが一部改良を実施

この記事をまとめると ■トヨタRAV4アドベンチャーにハイブリッド車を追加設定 ■RAV4・RAV4 PHVに一部改良を実施 ■価格はRAV4が277万4000〜410万4000円、RAV4 PHVが469万〜539万円...

続きを読む...

なんとMTが半数を占めたクルマもあった! いまじゃ絶滅危惧種のMTで乗れたSUV5選

この記事をまとめると ■一昔前はSUVにMTの設定が多くあった ■後からMTが追加されたという異色のモデルもある ■売り上げの半分がMTだったという驚異的なMT比率のSUVも誕生していた SUV×MTという組み合わせは意...

続きを読む...

スズキのカローラ! トヨタのMAZDA2! 日本人には信じられない「海外の衝撃OEM」事情

この記事をまとめると ■日本でもそれぞれのメーカーのメリットが合致すればOEM販売が行われる ■日本では見られない日系メーカー同士のOEM供給車が海外では見かけることがある ■電動化時代に突入するとさらにOEM販売が盛ん...

続きを読む...

同じお金を払うならドッチが幸せ? 国産新車 vs 高級輸入車の中古を4番勝負で比べてみた

この記事をまとめると ■国産車の新車と高級輸入車の中古はどちらがお得か徹底比較 ■1000万円クラスの高級車も中古なら数百万円で買える ■輸入車のネックは維持費だがそれを踏まえても買うべきかどうかを検証する 国産の新車と...

続きを読む...

クルマが便利になったのは「アナタのお陰」かもしれません! いまじゃ「当たり前装備」にチャレンジした「ファーストペンギン車」6台

この記事をまとめると ◼︎今では当たり前な装備も昔は標準装備ではなかった ◼︎意外にもホンダが日本初や世界初装備を多く取り入れている ◼︎今でも「世界初装備」というのが生まれるくらいクルマの進化は凄まじい 今では当たり前...

続きを読む...

世界最強は「ランクル」に異論は? 「悪路御用達」のライバル5台と「データ」を比べてみた

この記事をまとめると ■トヨタ・ランドクルーザーは本格オフローダーの代表格 ■“悪路最強”のイメージはあるものの、本当に他を圧倒するのだろうか ■5台のライバル車とスペックを比較して検証する 国産車のなかではダントツのス...

続きを読む...

新型ランクルの5年納期って長すぎだろ! だったら乗るべき「後悔しない」ライバル車4選

この記事をまとめると ■ランクルと同価格帯で選べるSUVは多数ある ■走破性や性能面でランクルを上回る車種も ■ランクルにはないPHEVもオススメだ 5年待たなくたって楽しい本格SUVがこれだけある!  いよいよファン待...

続きを読む...

初代オーナー愕然! むしろ「違う車名」で登場してほしかったほど「キャラ変」した復活車7台

この記事をまとめると ■1度去ったモデルも、何年か後に新しく復活することがある ■しかし、冠しているのは名前だけでまったく別物になってるケースが結構ある ■往年のファンからすれば、違う姿になったのであれば車名が違う方が嬉...

続きを読む...

トヨタのSUVラインアップをご紹介! あなたにピッタリのモデルは?

この記事をまとめると ■いま自動車市場ではSUVの人気が高い ■トヨタは現在6種類のSUVをラインアップしている ■それぞれの特徴について解説する ■トヨタは6種類のSUVをラインアップ!  いま流行のSUV。日本におい...

続きを読む...

初代ファンには受け入れられない! 姿もコンセプトも変わりすぎたクルマ3選

気がついたら想像していたのと全然違う姿に…… 1)ホンダ・インサイト  現在販売されている車種で、初代モデルと現行型が最も大きく異なるのは、ハイブリッド車のインサイトだろう。初代は1999年に発売され、全長が4m以下の2...

続きを読む...

時代遅れなんてドコ吹く風! 走り好きなら「HV」じゃなくてあえて「純エンジン」グレードで乗りたい現行車6選

乗るなら今のうち!? エンジニアの魂がこもった1台  そう遠くない時期に、クルマは電動車ばかりになることが予想されている。いや、自動車メーカーによっては何年までにすべてのクルマを電動化する……と宣言していたりする。カーボ...

続きを読む...

受け継いだのは「名前」だけ! 先代とはまるで別モノの「大胆モデルチェンジ」を行った現行車5選

気合い入りすぎなモデルチェンジをしちゃったクルマたちを紹介 フルモデルチェンジには旧型の正常進化となるキープコンセプトと、「車名を変えてもいいんじゃないか」と感じるくらい別のクルマに変わる大胆なものがあるが、ここでは後者...

続きを読む...

デイリーランキング