「特別編集企画」の記事一覧 - 5ページ目

【ムービー】ドリキン土屋圭市が絶賛! ミシュランPS4Sで全開ドリフトインプレッション

コントロール性から連続走行での熱ダレまで徹底チェック  19インチ以上のサイズを履く、ハイスペックのスポーツモデル用に開発されたタイヤ、ミシュラン パイロット スポーツ 4 S(PILOT SPORT 4 S)。今回FR...

続きを読む...

【試乗】日産ノート・シーギアはアクティブ派にオススメ! オシャレなモード・プレミアにも注目

よりアクティブに楽しみたいという人たちにオススメ  今、日産ノートは注目に値するくらい売れている。日本自動車販売協会連合会が示すデータによれば、2018年1月と2月のデータでは、ライバルを抑えて首位を獲得しているほど。ノ...

続きを読む...

真の愛犬家がルノー カングーを選ぶ理由とは【第8回インターペット】

アイテム以外にもともとのクルマの作りがドッグフレンドリー  日本最大級のペットイベント、第8回「interpets~人とペットの豊かな暮らしフェア~」が、2018年3月29日(木)~4月1日(日)の間、東京ビッグサイトの...

続きを読む...

美しいのは当たり前! マルカサービス・MIDのホイールは高い安全性に真価あり

安全性を最優先に「ほしい」と思わせる優れたデザインの提案  アフターホイール市場で10%超という高いシェアを誇る「マルカサービス」。安全性とデザイン性を高次元で融合させた『MID』(マルカ・インテリジェント・デザイン)を...

続きを読む...

【試乗】新星セレナAUTECHの圧倒的な安心感! セレナNISMOとの違いもチェック

緩んでいたネジを締め直したかのようなカチッとした印象  1986年、クルマの多様化や個性化に対応するために、日産グループ内の特装車と機能と人材を集結させた独立会社「オーテックジャパン」。設立当初はトラック架装のメインだっ...

続きを読む...

立体感が軽やミニバンに迫力をプラス! ウェッズ「レオニス」の新作ホイール2本に注目

強度アップと軽量化を両立したリーズナブルな高精度ホイール  リーズナブルな価格帯のドレスアップホイールを展開する「WEDS」(ウェッズ)の『レオニス』ブランドから『グレイラ β』と『SK』の2種類の新作1ピースホイールが...

続きを読む...

【ムービー】ドリキン土屋圭市がミシュランPS4でサーキットを全開インプレッション!

腕を磨くには最高のスポーツタイヤ  ミシュランのスポーツタイヤシリーズ、「パイロットスポーツ」。そのなかでも17インチや18インチといった、スモールからミドルクラスのスポーツカーにも多くラインアップされているサイズをメイ...

続きを読む...

脱ファミリー色! 男心をくすぐる無限フリード用エアロの攻撃的なルックス

流行のヒカリモノを両端に配したフロントアンダースポイラー  ホンダ車のカスタマイズパーツをリリースする「無限」が、フリードのフロントまわりに装着する2種類のアイテムを4月6日より新たに発売を開始する。  ひとつは『フロン...

続きを読む...

【対談】なぜカシオEDIFICEはクルマ好きの心を奪うのか

F1のトロロッソチームにスポンサードし、コラボレーションモデルも発売するなど、一部クルマ好きの間で話題になっている腕時計、カシオ エディフィス。今回、EQB-501というモデルに革バンド仕様が新たに追加された。そこでモー...

続きを読む...

濡れたボディにスプレーして拭くだけ! KUREルックス レインコートはプロ顔負けの流撥水を実現

プロ顔負けの水弾きが手軽に手に入る!  クルマの塗装面を保護してくれる、ボディコーティングやワックス。施工後に雨水などを玉のようにコロコロと弾いていく様子は、見ていて気持ちがいい。しかし、費用面などを考えると「また専門業…

続きを読む...

ドリキン土屋圭市がミシュランPSシリーズ一気乗り! 全開走行で徹底リポート

それぞれグリップは違えど乗り味は統一されている  オレの中でミシュランのイメージはと言うと、ストリートタイヤもレーシングタイヤ含めてハズレがないのと、どのクルマと組み合わせてもバランスがいいことだ。  いつも不思議だな…...

続きを読む...

ドライブが楽しく快適になる! グッドイヤーE-Gripコンフォートがもつ驚異の性能バランス

驚きの静粛性と乗り心地のよさ  最近のタイヤラインアップで物足りないのは、トータルバランスに優れたタイヤが少なくなってきたこと。性能はタイヤを見てもわかりにくいし、実際に履いて試してみることもできない。ユーザーのネット上…

続きを読む...

ヘッドライトはバルブの明るさだけじゃだめ! 確実に路面を照らす「LEDバルブ」登場

理想的な配光を実現して夜間や悪天候の安全性を確保  バルブ交換をする要領で、簡単にハロゲンバルブ式ライトの光量を高められるのが「LEDバルブ」への交換だ。各社からさまざまなタイプがリリースされているが、「fcl.」の『L...

続きを読む...

【ムービー】ルノー ルーテシアR.S.トロフィーをドリキン土屋圭市が全開試乗!

ルーテシア最強グレードをサーキットでチェック  ルノーの小型ハッチバック、ルーテシア。そのルーテシアをベースに、F1などルノーのモータースポーツ活動を担うルノー スポールが手を加えたモデルが、ルーテシアR.S.だ。そして...

続きを読む...

SUVがスポーティで何が悪い? 「無限」の新型ヴェゼル用エアロが超クール

押し出し感がアップする立体的なデザインのフロントスポイラー  ホンダ車のカスタマイズパーツをリリースする「無限」が、2018年2月15日にマイナーチェンジを行ったホンダ新型ヴェゼル用のエアロパーツをスタンバイ。  フロン...

続きを読む...

ウィークリーランキング

  1. 悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    空の状態から満タンで軽く1万円以上になるモデルたち 先日燃料タンクが車...

  2. 衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    衝撃のリッター1km未満車も! エコ全盛の今では考えられない極悪燃費車5選

    街乗りで実質4〜5km/Lがほとんどの中……さらに強者も 今やクルマの...

  3. 走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    走り屋たちが恐怖した! 手に汗握るジャジャ馬スポーツカー4選

    ひとたび本気で走らせようとすると手に負えない挙動に スポーツカーをドラ...

  4. クルマはいいけど不人気!  日陰の存在だからこそお買い得の現行国産車4選

    クルマはいいけど不人気!  日陰の存在だからこそお買い得の現行国産車4選

    不人気モデルは値引き幅が大きくなる傾向にある 自動車には当然のように車...

  5. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  6. 「ケチらなきゃよかった……」納車後に後悔しがちなメーカーオプション5選

    「ケチらなきゃよかった……」納車後に後悔しがちなメーカーオプション5選

    確かにお金はかかるが下取り時に取り戻せるものも メーカーオプションとは...

  7. 【疑問】クルマは普通に乗ると何万kmまで走れるのか?

    【疑問】クルマは普通に乗ると何万kmまで走れるのか?

    今ドキのクルマは通常メンテでも30万kmは問題なし! その昔は10年・...

  8. 燃料計が動いて見えるほど大ガス喰い……でも楽しすぎる走り屋泣かせの国産スポーツ車5選

    燃料計が動いて見えるほど大ガス喰い……でも楽しすぎる走り屋泣かせの国産スポーツ車5選

    燃費よりも走りを重視した潔いモデルが登場 クルマのエンジンというのは、...

  9. 「怖い系の人」や「午前3時の女」タクシードライバーが実際に遭遇する作り話のような客

    「怖い系の人」や「午前3時の女」タクシードライバーが実際に遭遇する作り話のような客

    兄貴分と舎弟が繰り広げるドラマのような会話も タクシーという乗り物は日...

  10. あれ? 思ったほど伸びない……ハイブリッドなのに驚くほど燃費が良くない国産車6選

    あれ? 思ったほど伸びない……ハイブリッドなのに驚くほど燃費が良くない国産車6選

    燃費だけで見れば同じ車種のガソリン車と差が少ないモデルも ハイブリッド...