「タグ: オートマ車」の記事一覧

オートマ車に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

「使われないクルマ」と「使ったことない人」が大半! ATシフトレバー横の「シフトロック」ボタンの使い道とは?

エンジンをかけられないときに使う緊急用のボタン  AT車のシフトゲートの脇にあるシフトロックの解除ボタン(ボタンではなく、キーを差し込むタイプのものもある)。基本的に普段使うものではなく、あまりにも出番がなさ過ぎて、存在...

続きを読む...

乗用車はAT車だらけの時代でもバスにはMT車が多く存在する理由

大型バスではまだまだMT車が主流だ  一般のユーザーが乗る乗用車においてはもはや9割以上が2ペダルのAT車となっており、MT車を好むのは一部のクルマ好きやスポーツカーユーザーというのが現状だ。  その一方で、大型バスにお...

続きを読む...

ショックがない無段変速がメリットなのになぜ? クルマのCVTに手動変速可能なパドルが装備されるワケ

日本の交通状況にはCVTの特性が合っている  日本車のオートマチックトランスミッションにおいて、主流といえるのがCVTだ。最近になってステップAT(主に遊星歯車を使う固定された変速段を持つAT)に回帰する動きも見えている...

続きを読む...

Dのまま? それともNやPにする? オートマ車での信号待ちはどのレンジで止まっているのが正解か

AT車はDレンジのまま走ることを前提に開発されている!  AT車で信号待ちをするとき、シフトはDのままでいいのか。それともNやPにした方がいいのか? このテーマはAT車の普及率がMT車とほぼイーブンだった1980年代半ば...

続きを読む...

危険回避ができないことも! AT車ユーザーに多い遠目のドライビングポジションがもつ3つの問題

イザというときのペダルの踏み込みが甘くなる  皆さんはドライビングポジション、とくに座面の前後の位置をどのような基準で決めているのだろうか?  MT車なら、クラッチペダルを奥まで踏んだ状態で、膝が少し曲がったぐらいの位置...

続きを読む...

オートマ車のバック時に完全停止する前に「R」から「D」や「P」に変えるのは危険!

大規模なメカトラブルが発生する可能性がある  いろいろとやってはいけない操作がありますが、クルマがバックしている途中で、RレンジからDレンジにシフトするのも、そのひとつです。基本的にATやCVT、AMTやDCTのセレクト...

続きを読む...

【疑問】なぜATのシフトは位置やレバーはメーカーによってまちまち?

バイワイヤー化で電気信号さえ送れればいいので多様化した  オートマチックトランスミッションの操作系については、クルマ好きの間でも賛否両論となることが多い。よくテーマになるのは、操作した後にレバーがニュートラルポジションに…

続きを読む...

デイリーランキング