「タグ: サスペンション」の記事一覧

サスペンションに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

トヨタのサブスク「KINTO」に専用の足まわりを与えた特別仕様車が登場! アクアとヤリスに設定

ルックス変更だけではない本格派!  トヨタ車に月々の定額で乗ることができるサブスクリプションサービス「KINTO」。その多彩なラインアップのなかから、ヤリスとアクアにKINTO専用の特別仕様車「KINTOツーリングセレク...

続きを読む...

ある日気がつく「愛車ボロくない?」 じわじわ劣化が進むポイントと蘇らせる手段

愛車をよく確認すると思ったよりヤレていることも  毎日乗っているとあまり気にならないが、クルマは乗れば乗るほど消耗してしまうもの。ある日、じっくりチェックしてみると、意外とヤレていることに気づかされるものだ。さすがに新車…

続きを読む...

骨折やタイヤバーストも! 安易なDIYは危険なクルマのカスタム5つ

仕組みをしっかり理解していないと失敗のリスクが大きい  プロがいるということは、その作業内容は素人とはもちろんレベルが違い、お金を払うだけの価値がある。もちろん自分でできることもあるし、器用だったり、知識や道具が揃ってい…

続きを読む...

すべては乗員の快適な移動のために! トヨタ・グランエースのメカニズムに迫る

BODY 高級ミニバンにふさわしい静粛性と走行安定性を実現  グランエースは海外仕様のハイエースと一部の構造を共有しながら、乗用ユースに対応するために専用設計されている。2019年に新型となった海外仕様のハイエースは、T...

続きを読む...

まさかのオンパレード! バイクでは当たり前だがクルマ好きには驚くこと7つ

乗用車では使わない素材でできているパーツも!  リターンライダーという言葉を目にしたり耳にすることが最近増えているが、意味としては若かりし頃に乗っていて、一旦やめたけど、時間的・金銭的な余裕ができたので、またバイクに乗り…

続きを読む...

昔の純正部品は残念だった! 買った直後に交換が当たり前だったクルマの社外パーツ8選

昔は社外パーツへの交換が一般的だった  最近はクルマの価格が高くなった、という嘆きはよく聞かれるもの。確かに高いが、その分、性能もデザインも、そして装備だってとてもいい。そのまま、いわゆるツルシのままで乗ってもまったく不…

続きを読む...

【クルマ好きがよくやるボディを押して判断は間違い!】サスペンションのヘタリと交換時期の見極め方

劣化の判断はかなり難しい!  サスペンションというのは確実に劣化していく。構成部品はさまざまで、複雑に組み合わさっているが、消耗する部分としてはスプリングやゴムのブッシュ、そして一番問題になるのはショックアブソーバーだ。…

続きを読む...

【10万kmはサスガにヤバい?】クルマ丈夫になった今でも2桁万kmの中古車は避けるべきか

メンテしてれば10万kmオーバーでもエンジン本体は意外と平気  ひと昔前までは10万kmという走行距離が、クルマの乗り換えのひとつの目安と言われてきた。中古車としても10万kmを超えると査定がガクっと下がり、大衆車では査...

続きを読む...

硬い柔らかいだけじゃない! クルマ好きなら知っておくべきサスペンションの話をレーシングドライバーが解説

さまざまな方式のサスペンションが生み出されている!  クルマの走行性能を論じるとき、足まわり(サスペンション)の話を抜きには語れない。しかし、一般の多くの方はサスペンションに対して硬いか柔らかいか程度の事しか理解していな…

続きを読む...

【今さら聞けない】「バネ下重量」って何? クルマのカタログによく謳われる重量軽減のメリットとは

バネ下とは「サスペンションより下に付いているもの」を指す  新車のインプレッションや技術解説、ホイールのカタログなどでよく謳われているのが「バネ下重量の軽減」だ。なんとなく、重量が減るのは軽量化につながっていいようには思…

続きを読む...

ボディサイズに関係なく大きくても小回りできるクルマも! 最小回転半径は何で決まる?

ボディが小さければ最小回転半径も小さくなるという訳ではない  クルマの性能として取り回しというのはとても重要な要素だ。なかでも最小回転半径は日常的な部分に大きく関係するだけに、基本的にはできるだけ小さいほうがいい。ロング…

続きを読む...

【今さら聞けない】スポーツカーから高級車まで幅広く採用される「可変ダンパー」って何?

ダンパーの役割はタイヤのストロークスピードを調整すること  サスペンションの役割は、路面の凹凸や荷重移動に合わせてタイヤをストロークさせて、つねに接地性を高く保つこと。そのサスペンションの動きは基本的にスプリングとダンパ…

続きを読む...

レーシングドライバーが斬る! クルマの足まわりの「硬い」「柔らかい」ってそもそも何?

硬い・柔らかいは曖昧な表現で人によって捉え方は異なってしまう  自動車雑誌やネット記事で新車のインプレッションなどを見ていると「このクルマは足が硬い」とか「サスが柔らかくて乗り心地がいい」とか評されていることが多い。それ…

続きを読む...

ストラットにダブルウイッシュボーン! 今さら聞けないサスペンションの種類と機能

独立懸架式サスペンションに複数の形式が存在する  クルマ好きにとって、サスペンションは非常に気になる部分。どのクルマがどんなサスペンション形式なのか、カタログを見るときもついついそこに目が行く人もいるのでは!? そんなサ...

続きを読む...

徐々に進行する「足」のヘタリ! 覚えておくべきサスペンションのSOSサイン4つ

走っている以上少しずつ劣化していく  足まわりというのは常に動いているし、走行時には大きな入力が瞬間的に入ることもある。さらにボディという重量物を支えているだけにヘタリやすい部分だ。ただ、ヘタリやすいといっても、徐々に進…

続きを読む...

1 / 3123

デイリーランキング