「タグ: サーキット」の記事一覧

サーキットに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

サーキット走行を体験すると公道が怖くて「飛ばせなくなる」というのは本当か?

公道での暴走は怖くてできなくなるはずとの意見も  2020年6月、いわゆるルーレット族が警視庁に速度超過の道路交通法違反で逮捕され、そのドライバーのひとりが「首都高はサーキット」と供述をしたと報じられた。記憶に残っている...

続きを読む...

豪州に何人もの命を奪った「ガチ峠」サーキットがあった! 実際に走ったレーシングドライバーが語る衝撃の中身

日本とは真逆の季節が車両開発に最適だった  南半球に位置するオーストラリアは北半球とは季節が真逆で推移する。そのため、北半球が冬のオフシーズンとなる時期、メーカー系のレーシングチームは真夏のオーストラリアに遠征してさまざ…

続きを読む...

【試乗】速すぎるシビック・タイプRの衝撃! 「レース経験者のみ」に参加が許された試乗会で限界性能がマル裸に

「タイプR」の歴史で初めてターボを搭載したモデル 「シビック・タイプR Limited Edition試乗会のご案内」。  招待状を手に向かった先は鈴鹿サーキットである。空は青々と晴れ渡っており、生暖かい海風が優しくそよ...

続きを読む...

開発中のホンダフィット・モデューロXプロトにも搭載! 実効空力デバイスの実力をサーキットで試す

市街地を走る速度域でも効果を体感できる!  ホンダ車をベースに改良を加え商品性を高めるのがホンダアクセスの主業務だ。そのメイン商品とも言える「モデューロX」シリーズは、2013年に登場したN-BOXモデューロXを皮切りに...

続きを読む...

ドリキン土屋圭市が話題のホンダ・フィットでサーキットを攻める! しなやかな足は絶賛もパワーが欲しい【CARトップTV】

足まわりはヤリスと甲乙つけがたい完成度  日本を代表するコンパクトカーとして、長年愛されているホンダ・フィット。4代目へとフルモデルチェンジし、スタイリッシュな外観と5つのタイプで多くのファンを魅了する人気モデルだ。  ...

続きを読む...

ドリキン土屋圭市がトヨタ・ヤリスを全開試乗! しなやかな走りにオドロキ【CARトップTV】

わずかなモディファイでさらに走りが良くなると高評価!  長年親しまれてきた「ヴィッツ」の名を、世界共通の「ヤリス」に改めた日本を代表するトヨタのコンパクトハッチバック。市街地での走りやすい、誰からも愛されるキャラクターの…

続きを読む...

オヤジセダンから軽自動車まで! 「ニュルブルクリンク」で走りを鍛えた「意外な」クルマ4選

過酷なコースだからこそクルマの弱点がわかりやすい 「スポーツカーの聖地」と言われるいっぽうで、「グリーンヘル(緑の地獄)」という異名を持つのがドイツにあるサーキットのニュルブルクリンクだ。日本のクルマ好きの間では「ニュル…

続きを読む...

「サッカー」や「野球」にはいるのにナゼ? レーシングチームに「運転のコーチ」がいないワケ

初のサーキットで地元のライバルチームの助言を信じたら…… 「いいか、130Rはアクセル全開だからな」。僕が初めて鈴鹿サーキットでレースに参加したとき、鈴鹿をホームサーキットとする某有名チームのメカニックからアドバイスされ...

続きを読む...

「上質な新型」と「ヤンチャな現行」! 新型レヴォーグプロトのサーキット試乗 中谷明彦×石田貴臣【動画】

車体剛性の向上など上質さは圧倒的!  いまもっとも注目といえる新型車といえばスバル・レヴォーグです。発売まであと少しというところですが、プロトタイプモデルにサーキットで試乗することができました。現行モデルとの比較も実施し…

続きを読む...

車重を感じさせない走りに感動! ドリキン土屋圭市がBMW M8グランクーペで激走【CARトップTV】

電子制御の介入も自然で運転に集中できる!  BMWクーペの最上級モデルとして、世界のセレブを中心に魅了している8シリーズ。その4ドア版であるグランクーペをベースに、高性能モデルを手掛けるBMW M社がパフォーマンスアップ...

続きを読む...

ドリキン土屋圭市も絶賛の大人クーペ「TOM’Sスープラ」&「TOM’Sセンチュリー」に試乗【CARトップTV】

雨の日でも安心してアクセルを踏めると太鼓判!  BMWとの共同開発で、待望の復活を遂げたトヨタ・スープラ。ATのみの設定となってしまったものの、伝統の直6ターボ+FRというパッケージで、多くのファンから注目を集めている1...

続きを読む...

ルノー・メガーヌR.S.の最強モデル「トロフィーR」を間近で体感できる展示&試乗イベント開催!

サーキットで実際に走りを味わえるチャンス!  ルノー・ジャポンは、メガーヌR.S.の最強バージョン「トロフィーR」の展示・試乗車が全国10カ所のルノーディーラーに登場すると発表した(試乗車については一部店舗を除く)。また...

続きを読む...

ドリキン土屋圭市も絶賛! ウエットでも気持ちよく走れるメルセデスAMG A35 4MATIC【CARトップTV】

モード切替で変わる車両特性はドリキンも絶賛  メルセデス・ベンツの人気コンパクトハッチバックである「Aクラス」。キビキビとした走りが人気なモデルだが、それをベースにメルセデスAMGが手を加えたのがA35 4MATICだ。...

続きを読む...

「遅く走る」=「安全」じゃない! レーシングドライバーがサーキットより一般道走行を難しいと語るワケ

速度が低すぎれば慣れで緊張感が薄れてしまう可能性もある 「スピードの出し過ぎに注意しましょう!」とは昔からよく耳にする交通標語だ。この場合のスピードとは「制限速度」を意味していて、速度超過で走れば違反で検挙される対象にな…

続きを読む...

私有地や駐車場も含まれる! 「公道」ってそもそも何?

国道や県道以外にも条件を満たした公共駐車場なども公道となる  クルマ関連の記事を見ていると、「サーキットでは●●だが、公道では■■」といった表現を見かけるが、正式な「公道」の定義とは?  道路交通法によると、「公道」=『...

続きを読む...

1 / 612345...»

デイリーランキング