「タグ: シフトレバー」の記事一覧

シフトレバーに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

「ダイヤル」「ボタン」「スイッチ」! ストレートorゲート式だったATのシフトが多様化した理由とは

ひと口にATとはいってもその種類や操作方式はさまざま  いまや自動車の変速方式はATが圧倒的多数で、MTは珍しい存在となっている。ATが持つイージードライブ性やAT自体の高性能化が進んだためだ。逆にMTは、動力伝達のロス...

続きを読む...

上級車のハンドルやシートに使われる「本革」! そもそも「何の革」なのか?

どの動物のものでも「本革」と呼ばれる  クルマのステアリングやシート、シフトレバーやシフトブーツ、そのほかの内装に使われる高級素材『本革』。革という以上、動物の皮を加工したものだというのはわかるのだが、どのような革を使っ…

続きを読む...

常に「D」は不経済! AT車でも積極的に「ギヤチェンジ」すべき理由とは

イマドキのAT車の大半がMT操作可能  AT車はDレンジに入れればクラッチ操作とシフト操作なしでイージーにドライブできるのが大きな魅力だ。そこで気になるのが「燃費を向上させる際にもDレンジ任せでいいのか?」ということかも...

続きを読む...

クルマに問題あり? 売れてるから事故数が多いだけ? プリウス・ミサイルとまで揶揄される理由とは

プリウスは本当に交通事故を起こしやすいクルマなのか  ネットスラングに「プリウス・ミサイル」という言葉がある。トヨタのハイブリッド専用モデル「プリウス」が交通事故を起こしやすいクルマというのを揶揄した言葉だ。意味合いとし…

続きを読む...

操作ミスでの事故やトラブルも減るハズなのに「シフトレバーの操作方法」が統一されないワケ

バイ・ワイヤーが操作の多様化を可能にした  かつて、シフトレバーといえば、操作方法はほぼ世界的に同じだった。それが近年では、同じ自動車メーカーであっても車種によって異なる。  その最大の理由は、最近のクルマはシフトレバー.…

続きを読む...

複雑そうなギザギザのシフトをなぜ採用? いま「ゲート式」のAT車が増えているワケ

日本車はストレートタイプが多かった  AT車(2ペダル)のシフト操作系はクルマによってさまざまで、それが賛否両論を招くこともあるが、国産車でオーソドックスなタイプといえば、シフトノブのボタンを押して変速するストレートタイ...

続きを読む...

最初は車外にあった! 進化し続けるシフトレバーの歴史

大きなレバー操作に始まり現代ではボタン式に  EVではシフトのようなスイッチと言っていいかもしれないが、すべてのクルマに付いているのがシフトだ。機能自体はMTであればギヤの選択。ATであればモードの選択とあまり変わらない...

続きを読む...

デイリーランキング