クルマに問題あり? 売れてるから事故数が多いだけ? プリウス・ミサイルとまで揶揄される理由とは (1/2ページ)

クルマに問題あり? 売れてるから事故数が多いだけ? プリウス・ミサイルとまで揶揄される理由とは

プリウスは本当に交通事故を起こしやすいクルマなのか

 ネットスラングに「プリウス・ミサイル」という言葉がある。トヨタのハイブリッド専用モデル「プリウス」が交通事故を起こしやすいクルマというのを揶揄した言葉だ。意味合いとしては、プリウスは交通事故につながる運転ミスを誘発しやすいといったところだろうか。

 実際、イギリスの自動車保険に関するWEBサイトの調査(https://www.gocompare.com/car-insurance/auto-accidents/#make-and-model)によると、2016年にイギリス国内で起きた自動車事故に関わったモデルのトップはトヨタ・プリウスだったという話もある。とはいえ、イギリスにおけるプリウスは母数の少ないニッチカーであり、ほぼ国民車といえるほど普及している日本とは状況が異なる。日本において、プリウスが交通事故を起こしやすいクルマなのかどうかは、毎年見直されている保険料率クラスを見るのが妥当だ。

 保険料率というのは任意保険における係数といえるもので、20201月~12月より17段階とより細かくなっている。以下、損害保険料率算出機構のホームページ(https://www.giroj.or.jp/ratemaking/automobile/vehicle_model/)により検索した型式別料率クラスを並べてみよう。
プリウスの事故が注目され叩かれるワケ

トヨタ・プリウス(ZVW52/2WD
対人賠償:5
対物賠償:5
搭乗者傷害:6
車両保険:9

マツダ・ロードスター(ND5RC)
対人賠償:7
対物賠償:3
搭乗者傷害:6
車両保険:7

日産GT-R(R35)
対人賠償:1
対物賠償:2
搭乗者傷害:6
車両保険:13

レクサスLS(VXFA50)
対人賠償:10
対物賠償:7
搭乗者傷害:6
車両保険:15

 例として挙げたクルマが少ないのでわかりづらいかもしれないが、プリウスのそれは4項目のいずれも平均的といえる。なお、車両保険については自損事故以外に盗難率が高いと上がることはGT-Rの数字からも理解できるだろう。
プリウスの事故が注目され叩かれるワケ

 対人・対物賠償に関する保険料率を、数字が大きいほど事故リスクが増えるという風に読み取るとすれば、プリウスの事故率が高いとはいえない。

画像ギャラリー