【試乗】大人に似合う日産エクストレイルAUTECHの佇まい! ザックス製ダンパーで走りも上質に (1/2ページ)

【試乗】大人に似合う日産エクストレイルAUTECHの佇まい! ザックス製ダンパーで走りも上質に

ザックス製ダンパーを採用して走りにも磨きをかけた

 ブルーのボディカラーに湘南ナンバーの日産広報車とくれば、それがどこの所有かピンと来る。日産のファクトリーカスタムモデルをはじめ、特装車を作るオーテックジャパンのものだ。これまでにライダーシリーズをはじめ、多くのクルマを世に送り出してきただけに、その存在を知っている人も多いだろう。

 近年オーテックジャパンが生み出すファクトリーカスタムモデルに変化が始まった。オーテックジャパンの本社がある茅ヶ崎をイメージした湘南ブルーをアイコニックカラーとし、プレミアム路線を歩むチューニングが開始されたのだ。レーシーな路線はNISMO仕様に任せてということだろう。日産エクストレイルオーテック試乗記

 それを色濃く表しているのが、今回のエクストレイルAUTECHだ。エクストレイルで、このAUTECHでしか選べないという少し落ち着いたカスピアンブルーを身に纏ったエクステリアには、下部をメタル調としたバンパーが奢られたほか、モール類を外装色と同色とするなどの変更が行われている。テールエンドには専用マフラーがセットされ、スクエアなエキゾーストフィニッシャーも装備。たしかにカスタムカーとはいえ大人な雰囲気が漂っている。日産エクストレイルオーテック試乗記

 そこになんと19インチのタイヤ&ホイールがセットされているから安定感はノーマルグレードとは一味も二味も違う。さらに、ザックス製のショックアブソーバーを装備しているというのだからなかなかマニアックである。単に見た目だけを先行させたのではなく、走りも磨き直したことがこのクルマの興味深いところ。日産エクストレイルオーテック試乗記

 ガソリンモデルをベースとした今回のクルマは(ハイブリッドも存在する)、ベースモデルではフロントのみにしか装備しないスタビライザーをリヤにも装備。走りの本気度はかなりのものだ。

 一方でインテリアに対しても専用チューニングが施されている。やはりココにもテーマカラーとなるブルーが至る所に配されており、上質なブラックレザーシートやインパネまわりにはブルーステッチを。ステアリングの一部にもブルーの革が巻かれており、落ち着きがあるなかにも華やかさが宿っている。レーシーなイメージのNISMOとは真逆を行く、独自路線が好印象だ。日産エクストレイルオーテック試乗記

画像ギャラリー