待ってろアルヴェル! ついにエルグランド オーテックのコンセプトを公開【東京オートサロン2020】

待ってろアルヴェル! ついにエルグランド オーテックのコンセプトを公開【東京オートサロン2020】

現在市販化に向けて鋭意開発中! 発売が待ち遠しい

 日産車のファクトリーカスタムを担当するオーテック ジャパンは、東京オートサロン2020にて、エルグランド オーテックのコンセプトモデルを発表した。

 オーテックブランドは、これまでさまざまなカスタムカーをプロデュースしてきた同社のクラフトマンシップを活かし、スポーティかつ高級感のあるスタイリングが特長となっている。日産エルグランドオーテックのコンセプトモデル

 今回、オーテックブランドのフラッグシップモデルとして開発しているというエルグランド オーテックは、これまでリリースしてきたセレナ、ノート、エクストレイル、リーフと同様に、ブルーのボディカラーとシルバーのアクセントが際立つエクステリアデザインとなっている。

 シリーズの最大の特長であるオーテックドットグリルは、他のモデルよりも大型なタイプを採用。ドットパターンも形状を変更することで、迫力のあるフロントマスクを演出している。

 また、フロントバンパー下部のシルバー加飾が施されたリップスポイラーは、セレナなどと比べてもわずかに大型化。車格に合わせた形状としたことで、ベースモデルに対して存在感を大きく高めている。日産エルグランドオーテックのコンセプトモデル

 ボディカラーは、他のモデルとは少々色味の異なるブルーを採用。こちらも、最上級モデルにふさわしい、落ち着きのある色合いを目指して開発されている。ちなみに、どの日産車にも採用されていない新色とのことだ。日産エルグランドオーテックのコンセプトモデル

 足もとは、ホイールがウェッズスポーツのSA-20R、タイヤはブリヂストンのレグノGR-XTを装着していた。しかし、今回はコンセプトモデルということなので、いずれ市販化となった際には、別のものが装着されている可能性が高いだろう。日産エルグランドオーテックのコンセプトモデル

 インテリアはまだまだということで、会期中は非公開だった。ライバル車の人気もあり、高級感と迫力を兼ね備えたエルグランドを待っていたという人も多いことだろう。発売が待ち遠しい1台だ。

画像ギャラリー