「タグ: ステーションワゴン」の記事一覧

ステーションワゴンに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

人気のCクラスに3つ目のボディタイプを追加! メルセデス・ベンツが「C220 d オールテレイン」を発売

この記事をまとめると ■メルセデス・ベンツがCクラスに3種類目のバリエーションモデルを投入した ■「C220d 4MATIC オールテレイン」はCクラスのクロスオーバーモデルだ ■「C220d 4MATIC オールテレイ...

続きを読む...

新開発ミッション搭載で燃費大幅UP! ボルボV60 B4に新開発DCT採用

この記事をまとめると ◼︎ボルボ「V60 B4 Momentum」がマイナーチェンジを敢行 ◼︎新開発の7速DCTを搭載する ◼︎燃費が12.4%向上している エントリーグレードに新開発ミッションを搭載!  ボルボの人気...

続きを読む...

国産快速ワゴンに最速モデルが登場! スバル・レヴォーグ「STI Sport R」を設定

この記事まとめると ■スバル・レヴォーグがマイナーチェンジを実施 ■装備の見直しや追加オプション、新色のボディカラーを設定 ■新エンジンを搭載した「STI Sport R」も登場した 唯一無二の快速ステーションワゴンがマ...

続きを読む...

SUVブームでも消えない欧州! 絶滅寸前の日本! 「国産ワゴン」人気が衰退した理由とは

この記事をまとめると ■豊富にあった国産ワゴンはミニバンとSUVにシェアを奪われてほとんどが消滅 ■欧州では走行安定性に優れて荷物も積めるステーションワゴンが好まれる ■クルマ作りが欧州メーカーに近いスバルはワゴンをブラ...

続きを読む...

「シューティングブレーク」「エステート」「ヴァリアント」etc……「ワゴン」の呼び名じゃダメな理由は「カッコ悪さ」が根底にあった!

この記事をまとめると ■メーカーによって異なるワゴンの名称とその由来を考証 ■エステートは所有地の見まわり用、シューティングブレークはスポーツ用 ■ツーリング、アヴァント、ヴァリアントの語源は英語と仏語 単なる商用車に見...

続きを読む...

ガチライバル車なのに売れ行きは明暗くっきり! 「ダブルスコア」どころじゃない差が付いたクルマ3組

ヤリスVSフィットはヤリスが販売台数で圧倒している  コロナ禍のなか、新車の販売台数は決して大きく落ち込んではいない。むしろ、コロナ禍だからこそ、パーソナルな移動が可能になるクルマの需要が高まっているともいえそうなのだ。...

続きを読む...

クルマの進化とともに流行り廃りあり! 時代を彩ったボディ形状の変遷をたどる

セダンやステーションワゴンブームも長くは続かなかった  クルマにはヒットモデルというのがあるが、ジャンルでもブームというか、売れているカテゴリーが時代によってあるし、それは移り変わっていくものだ。日本の場合は、長らくセダ…

続きを読む...

日米ではSUVに取って代わられたステーションワゴン! 欧州で「生き残れる」ワケ

ヨーロッパではいまだに根強い人気を誇る  ワゴン、コンビ、ステ―ションワゴン……。クルマのカテゴリーとして、さまざまな呼び方がある。基本的には、セダンの派生系車で、荷室が車内で共有されている5ドア車を指す。日本でも70年...

続きを読む...

車中泊や旅行にぴったりなステーションワゴンとは? おすすめ車種も紹介

走行性能と積載性の両立は大きなメリット!  かつてはスバル・レガシィツーリングワゴン、トヨタ・カルディナ、日産アベニール、ホンダ・アコードワゴンなど、多くの名車が存在したステーションワゴン。しかしいまや希少な存在となって…

続きを読む...

日本だけじゃ「もったいない」! 海外で売れば「バカうけ」するハズの国産車3選

世界各国どこでも売れそうな国産モデルも多数!  日本市場では当たり前のように接している、さまざまな国産モデル。だが、ところ変われば……、見る人が変われば……、「こんなクルマが自分の国にあったら、すぐに買いたい。そう思う人...

続きを読む...

なんでミニバンやSUVで勝負しない? SUBARUが不人気ジャンルの「ワゴン」に「入魂」するワケ

スバル以外の国産メーカーはミニバンやSUVへの傾注が目立つ  かつて「RVブーム」と呼ばれた時代、ステーションワゴンには、セダンやクーペにはない積載性と、ミニバンやSUVにはない運動性能の高さが得られる万能性が魅力とされ...

続きを読む...

「上質な新型」と「ヤンチャな現行」! 新型レヴォーグプロトのサーキット試乗 中谷明彦×石田貴臣【動画】

車体剛性の向上など上質さは圧倒的!  いまもっとも注目といえる新型車といえばスバル・レヴォーグです。発売まであと少しというところですが、プロトタイプモデルにサーキットで試乗することができました。現行モデルとの比較も実施し…

続きを読む...

【試乗】新型レヴォーグプロトは高級感と快適性が抜群! ハンドリングのリニアさも最高

走る前から見た目と装備面に納得!  新型レヴォーグのプロトタイプに試乗する機会を得られた。まだ登録前なのでサーキットというクローズドコース内だったが、限界走行を試すのではなく、ロードコースを想定してのインプレッションを行…

続きを読む...

【試乗】新型レヴォーグ・プロトは4WSばりのカミソリハンドリング! 「手放し」まで手に入れた「アイサイトX」にも驚き

切り出した瞬間にノーズが動く「鋭い刃物」のようなハンドリング  新型SUBARUレヴォーグ・プロトタイプに触れて、驚かされたことは数限りない。基本的にはキープコンセプトであり、スバルの歴史上のひとつのモデルに過ぎない。だ...

続きを読む...

レヴォーグの孤軍奮闘状態! ヨーロッパじゃ人気なのに日本で「ステーションワゴン」が「衰退」するワケ

日本市場ではもはや風前の灯ともいえるほど縮小傾向  日本にステーションワゴン・ブームを巻き起こしたモデルといえば、なにを思い浮かべるだろうか。1980年代までのワゴンは、「ライトバン」と呼ばれた商用車をベースに乗用仕立て...

続きを読む...

デイリーランキング