「タグ: スバル」の記事一覧

スバルに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

ブリッドが「マルチキャスターPRO・WRX」を発売! スバルWRX純正シートがキャスターチェアに変身

純正シートを有効活用できる画期的アイテムの第2弾  モータースポーツなどで培ったノウハウを活かし、「BRIDE」シリーズをはじめさまざまなシートをプロデュースするブリッド。同社の製品へ交換し、取り外した純正シートをオフィ...

続きを読む...

最高のハンドリング! 極めて高い安全性! それでも新型レヴォーグが抱える「問題点」とは

気持ちいいハンドリング性能や先進安全装備は高評価だが……  SUBARUレヴォーグが2020~21年の日本カー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた。レヴォーグが選ばれた背景にあるのは、変わることのない実直な技術開発の姿勢だろう。...

続きを読む...

スバル・シフォンが一部改良! スマートアシストのステレオカメラを刷新して安全性を向上

カスタムにはスポーティさが高まる追加グレードも設定  スバルは、ファミリー層に人気の軽自動車「シフォン」を一部改良したと12月8日に発表した。メーカー希望小売価格(税込み)は、シフォンが134万2000円〜172万700...

続きを読む...

レヴォーグはレガシィの正統な後継車か? 5代目ツーリングワゴンと徹底比較した!

引き締まったボディだが後席は大人が足が組めるほどゆったり  スバル・レヴォーグが2代目の新型になった。先代に対して走りの進化は著しく、12.3インチのフル液晶メーターと11.6インチの縦型ディスプレーが基本のデジタルコク...

続きを読む...

新型スバルBRZ北米仕様を公開! 水平対向エンジンは2.4Lに排気量アップし運動性能を向上

AT車は待望のアイサイトを初採用し安全性能も向上!  スバルは、人気FR2ドアスポーツクーペ「BRZ」の2代目モデル(北米仕様)を発表した。北米での発売は、2021年秋を予定しているという。現在公表されているグレードは、...

続きを読む...

ここまでやるか新型レヴォーグ! 高評価連発の「アイサイトX」の凄すぎるところ3つ

試乗した多くの人が新型レヴォーグを絶賛!  新型レヴォーグに搭載されるSUBARUの最先端運転支援システム「アイサイトX」。ジャーナリストや一般ユーチューバーなど、試乗した人たちから幅広く高い評価を受けており、試乗したほ...

続きを読む...

「会社の危機」を救ったのは1台のクルマ! 自動車メーカーの運命を変えた国産車4台

メーカーの経営危機が時代に名を残すクルマを生み出させた  自動車メーカーは、栄枯盛衰を繰り返している。10年以上好調を持続する難しさがある。それは時代の進展によって価値観が変化するからだろう。 1)ホンダ・オデッセイ  ...

続きを読む...

栄光はどのクルマに? 日本カー・オブ・ザ・イヤー2020-2021「10ベストカー」発表

今年も魅力的かつ個性的な10台が選出された!  1980年に創設された、日本カー・オブ・ザ・イヤー。先日発表された33のノミネート車のなかから、最終選考に駒を進めた10台となる「10ベストカー」の発表が行われた。  日本...

続きを読む...

待望のターボが追加設定! スバル・フォレスター改良モデルを発表

1.8Lターボ以外は全車e-BOXERグレードに!  スバルは、人気SUV「フォレスター」の改良モデルを発表した。新たに1.8Lターボ搭載グレードを設定したほか、e-BOXER搭載グレードの拡大、ドライバーモニタリングシ...

続きを読む...

なんでミニバンやSUVで勝負しない? SUBARUが不人気ジャンルの「ワゴン」に「入魂」するワケ

スバル以外の国産メーカーはミニバンやSUVへの傾注が目立つ  かつて「RVブーム」と呼ばれた時代、ステーションワゴンには、セダンやクーペにはない積載性と、ミニバンやSUVにはない運動性能の高さが得られる万能性が魅力とされ...

続きを読む...

新型スバル・レヴォーグが正式発表! 新世代アイサイトを全車標準化し310万2000円から

約9割がアイサイトX搭載グレードを選択!  スバルは、先進安全技術とスポーティな走りを高次元で融合させた新型「レヴォーグ」の市販モデルを発表した。発表会の場は、なんと日本航空(JAL)の整備場。スバルにとってJALは、ド...

続きを読む...

「乗りたい……」日本のスバリストが涙! 喉から手が出るほどほしい「国内未導入」のスバル車3選

3列シート車が必要なスバリストから大注目のSUVも存在  北米市場での販売台数は国内市場の約4倍と、北米市場での販売比率が高いメーカーであるSUBARU。コロナ禍により対前年比では大きく落ち込むなか、2020年8月の実績...

続きを読む...

京商「ミニカーブック」最新作が9月29日に発売! 第3弾はスバル・インプレッサ22B STiバージョン

手のひらサイズでも細部まで拘った作り込みに注目  魅力的なモデルカーを多数ラインアップし、世界のファンに支持される京商。同社の精巧なモデルカーと詳細な車両解説などが盛り込まれた冊子がセットになった「KYOSHO MINI...

続きを読む...

新型レヴォーグもインプレッサも電動化せず! エンジン主流にスバリストは喜ぶがスバルの未来は大丈夫か?

スバル全体の売上の7割はアメリカ市場向け  SUBARUから、電動化の動きは限定的にしか聞こえてこない。国内向けの次期レヴォーグも、ガソリンエンジン車が中心になるようだ。世界的に電動化の動きがあるなかで、ガソリンエンジン...

続きを読む...

1 / 1712345...»

デイリーランキング