「タグ: スポーツモデル」の記事一覧

スポーツモデルに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

このご時世に「MT」でしかも200万円以下! いまや貴重な「走り系」実用車4選

家族で使えるスポーティで楽しいクルマは数多い  約20年前までは、ファミリーカーの価格について200万円を上限に考えるユーザーが多かった。ホンダの初代ステップワゴンのようなミドルサイズミニバン、日産の初代エクストレイルな...

続きを読む...

イマドキのクルマには「乗り替えたいモデルがない」! 嘆く旧型スポーツ車オーナーが納得できる現行車5選

スポーツセダンや自分好みにチューニングできるモデルも存在!  絶版車に乗っているユーザーが今もその絶版車に乗っている理由には、「現行車に代わりになるクルマがないから」ということも大きいかもしれない。その気持ちはよくわかる…

続きを読む...

家族のブーイングをかわすには装備がキモ! スポーツモデルがほしいなら選ぶべきオプション7つ

後席の快適性まで考えてオプションを決めるべき!  子供が生まれたら、ミニバンに買い換えなければダメ夫のレッテルを貼られる、という呪縛は、よくできた軽自動車やSUVの台頭によって、少しずつ解かれ始めているようです。スポーテ...

続きを読む...

販売現場は「ランエボ再び」の声! 三菱がスポーツモデルをやめた理由と復活の可能性

かつては魅力的なスポーツモデルが多数存在した  今の国内で売られる三菱車のラインアップを見ると、SUVのアウトランダー/エクリプス クロス/RVR、ミニバンのデリカD:5、軽自動車のeKシリーズが主力だ。  そしてデリカ...

続きを読む...

単に「目立つから」じゃなかった! スポーツ車のイメージカラーに「派手な色」が多いワケ

スポーツモデルのボディカラーはモータースポーツに由来  スポーツカー、スポーツモデルのボディカラー、イメージカラーに赤や黄色など、派手な色が採用されているのはなぜだろうか。一般的に、乗用車のデザイン、開発時に用いられるボ…

続きを読む...

超話題の「GRヤリス」! エンジンも駆動方式も違うものもある「4グレード」展開の買いとは?

独立性が高いためにグレードも豊富に用意されている  トヨタGRヤリスは、ヤリスをベースにしたスポーツモデルだ。一般的にこのタイプのグレードは、スズキ・スイフトスポーツなども含めて1〜2種類だが、GRヤリスは4種類と多い。...

続きを読む...

俺は「ミニバン」なんて嫌だ! 走り好きの男が選ぶべき「奥さん」と揉めない「隠れ」スポーツモデル5選

ストップ&ゴーが多い市街地を走る人向けの装備も  子供ができたらミニバンに乗るなんて、いったい誰が決めたんだ? 俺はずっとスポーツカーに乗りたい!  心のなかではそう反論したいのに、広い室内やスライドドア、豊富なシートア.…

続きを読む...

技術の象徴=スポーツカーは過去! いまどきはスポーツカーこそアナログなワケ

最近ではスポーツカー自体の訴求力が低下してしまっている  1980年代~90年代の国産スポーツカー全盛の時代は、各メーカーとも競うかのようにスポーツモデルに最新技術を投入し続けてきた。  可変バルブタイミング機構の代表格...

続きを読む...

圧倒的に「楽しい」のは確実! だが「見た目」に反して「遅かった」クルマ4選

速くなくても走る楽しさが感じられるモデル!  スポーツモデル、スポーツカー、スーパーカーは「速い!」というのがその第一条件のように考える人も多いだろう。しかしその種のクルマであっても「大して速くない、むしろ遅い」というク…

続きを読む...

いまの軽は「優等生」すぎ! かつて「危険」なほどの走りで若者を「陶酔」させたスポーティ軽自動車4台

かつては「危険」とまで称されるほどの軽自動車も存在した  最近の軽自動車は、乗用車並みの装備を備えたモデルも多く、もはや下手なコンパクトカーよりも装備の面でも価格の面でも上まわっている車種も少なくない。  一方でスポーテ.…

続きを読む...

ハチロクやシルビアは良かった! いま庶民が買える「スポーツクーペ」が激減したワケ

いまクーペは手が届きにくいモデルが多い  現在の国産車のラインアップで減少の一途を辿っているのがスポーツモデルではないだろうか? 90年代くらいでは各メーカーが最低1車種は代表的なスポーツモデルをラインアップしていたが、...

続きを読む...

日産やホンダはどうした! 「86・スープラ・GRヤリス」トヨタだけがスポーツモデルで元気なワケ

日産とホンダは今スポーツモデルに消極的  トヨタは2019年5月に現行スープラを投入して、2020年4月28日には、一部改良と特別仕様車の追加を発表した。このほかにも86を用意したり、ヤリスに6速MTや高性能なGRを設定...

続きを読む...

パワーだけでも軽いだけでもダメ! パワーウエイトレシオに優れた国産スポーツモデルTOP5

ハイパワーなモデルが上位を占める結果に!  最近では「パワーウエイトレシオ(PWR)」という指標を見聞きすることは減っているが、かつてはスポーツ性能を示す代表的な数値だった。多くのクルマ好きは新型モデルが登場するたびに、...

続きを読む...

青春を取り戻せ! わずか100万円で手に入る昭和の人気スポーツモデル4選+α

アラフォー&アラフィフが熱狂したスポーツモデルに乗れる  クルマ好きの人が多い、アラフォー、アラフィフの人は昭和生まれなわけだが、昭和は軽く30年以上前のハナシ。今年30歳のテニスの錦織圭や体操の内村航平がオギャーと生ま...

続きを読む...

最近スポーツモデルが続々4WD化するなか軽自動車には4WDスポーツが存在しないワケ

エンジンの力を有効に路面に伝えるには4WDが適している  僕はといえば言わずと知れた4WD推奨派だ。ランサーエボリューション(通称ランエボ)はもとより遡れば三菱GTOも、R32からR34までの日産スカイラインGT-Rも4...

続きを読む...

1 / 212

デイリーランキング