「タグ: デメリット」の記事一覧

デメリットに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

「ウザい」「気が散る」の声もある! クルマの「ヘッドアップディスプレイ」はアリかナシか?

軽自動車やコンパクトカーへの搭載も増えている  運転席に座り、自然と目線を前に向けた先に、フロントガラスの一部分が速度や簡易ナビゲーション、制限速度の標識などの表示スペースとなるように設置されている、ヘッドアップディスプ…

続きを読む...

「家族構成」次第ではメリットが「生かせない」ことも! 大人気のSUVを選ぶと後悔するケースとは

この記事をまとめると ◼︎SUVの車内は、ミニバンやワゴンほどの広さはない ◼︎車体が大きいので取り回しが大変 ◼︎ホイールやタイヤが大きいので維持管理に費用がかかるケースも 車種によっては車高の高さが同乗者にとって不便...

続きを読む...

むやみやたらに付ければいいってもんじゃない! 後付けタワーバーやブレースバーの「落とし穴」

ハンドリングに効果のあるパーツだが……  ボディ全体で応力を受け止めるモノコックボディは、応力外皮構造ともいわれ、「モノ」=「単一の」、「コック」=「卵などの殻」の意味で、できるだけボディに穴が開いていない方が強度も剛性...

続きを読む...

経年で雨漏りの不安! 走りにもマイナスの影響! 人気装備の「サンルーフ」がもつ意外なデメリットとは

車内が高温になったり劣化しやすい!  1980年代から1990年代にかけて、豪華装備として人気だったのがサンルーフだ。ちなみに日本車初はホンダのN360で、手動で開閉するキャンバストップだった。  その後、今のような電動...

続きを読む...

「当たれば」最高の買い物ができるクルマの「個人売買」! 不慣れが招く5つの「重大トラブル」とは

音信不通や金銭トラブルが起きる可能性も!  クルマの買い方の1つとして、かつては自動車雑誌のモノクロページの終盤、現在はインターネットオークションが中心となっている個人売買は、直接取引だけに業者を通すよりも売るほうは高く…

続きを読む...

高級車にカスタムカーの定番! 「エアサス」って何?

空気の量を調整することで車高が簡単に変えられるメリットも!  足まわりにはさまざまな形式があるが、そのひとつにエアサスペンションというものがある。その名の通り、スプリングやショックアブソーバーの代わりにベローズと呼ばれる…

続きを読む...

賛否両論の「観音開きドア」に長い歴史あり! どれもがレア車な採用国産車6台

Bピラーがあるとスペース的なメリットはない  観音開きという言葉をご存知だろうか。観音堂のように両側に開くタイプのドアのことで、通常とは異なるものの、自動車史上を振り返ってみると採用しているクルマはある。Bピラーを中心に...

続きを読む...

後席を「どう使う」かで便利か不便かがわかれる! 超少数派ながらクルマの「観音開きドア」が存在するワケ

ふたつの様式にわけて考えることができる  極めて少数派ではあるが、ときどき登場しては消えていく観音開き左右ドアのクルマ。直近の話題は、なんといってもマツダMX-30だ。そんな観音開きには本当にメリットはあるのだろうか。 ...

続きを読む...

教習所で教わる「キープレフト」に潜むリスク! そもそもの根拠から考える

1964年ごろから推奨されるようになった  教習所に通っていたころ、教官から「キープレフト」という教えを何遍耳にしただろうか? 実際に免許を取って、街を走り出すと、「キープレフト」を守っているドライバーはほとんどなく、た...

続きを読む...

確かに「安い」が内容は? ダイレクト型自動車保険の「安さの理由」とデメリット

契約時に必要な費用を省いた分が保険料にも反映されるだけ  自動車保険(任意保険)の保険料はどこの保険会社でも大差ない……というのはある意味では正解で、ある意味では間違いだ。自動車販売店やガソリンスタンド、また損害保険会社...

続きを読む...

スタッドレスが進化しても雪道では必須! タイヤチェーンは「金属」「ゴム」どちらが正解か?

それぞれに良し悪しがあるため路面環境に合わせて選びたい  スタッドレスが主流になってきたと思ったら、豪雪地域の通行規制ではタイヤチェーンを使わないとダメという場所が登場し話題になったのは記憶に新しいところだ。振動が大きい…

続きを読む...

メリットよりもデメリットが目立つ! いま脱「アイドリングストップ」の流れが加速するワケ

メンテナンスなどユーザーの費用負担は非搭載車よりも大きい  以前からなにかと話題に上ることが多かった、アイドリングストップ。話題といっても、いい内容は少なくて、ネガなことが中心なだけに「微妙な装備」として語られ、その点は…

続きを読む...

じつは30年以上前からある! 一時期消えていた「ヘッドアップディスプレイ」装着車が最近増えているワケ

ヘッドアップディスプレイに表示できる情報が増えている  フロントウインドウに、投影させてさまざまな情報を表示するのがヘッドアップディスプレイ。古くはデートカーとして大ヒットしたS13型の日産・シルビアに採用されていて、3...

続きを読む...

モデルチェンジで「正面」に戻すクルマも! クルマの「センターメーター」が普及しないワケ

情報共有や上下の視線の移動量が少なくなるメリットがある  クルマのメーターは、大きく分けて、運転席側にある一般的なメーターと、インパネセンターにあるセンターメーターがあり、一般的なメーターも、ステアリングを通して見えるイ…

続きを読む...

ダメなところもある! しかも遅い! それでもナゼか楽しくて笑ってしまう「愛すべき」現行車4選

速さや快適性はなくても幅広い楽しみ方ができる!  クルマを選ぶポイントは広さや燃費に代表される実用性、クオリティや高級感、コストパフォーマンスなど多岐に渡るが、運転する楽しさをはじめとした趣味性もある。趣味性の高いものに…

続きを読む...

デイリーランキング