「タグ: デメリット」の記事一覧

デメリットに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

確かに「安い」が内容は? ダイレクト型自動車保険の「安さの理由」とデメリット

契約時に必要な費用を省いた分が保険料にも反映されるだけ  自動車保険(任意保険)の保険料はどこの保険会社でも大差ない……というのはある意味では正解で、ある意味では間違いだ。自動車販売店やガソリンスタンド、また損害保険会社...

続きを読む...

スタッドレスが進化しても雪道では必須! タイヤチェーンは「金属」「ゴム」どちらが正解か?

それぞれに良し悪しがあるため路面環境に合わせて選びたい  スタッドレスが主流になってきたと思ったら、豪雪地域の通行規制ではタイヤチェーンを使わないとダメという場所が登場し話題になったのは記憶に新しいところだ。振動が大きい…

続きを読む...

メリットよりもデメリットが目立つ! いま脱「アイドリングストップ」の流れが加速するワケ

メンテナンスなどユーザーの費用負担は非搭載車よりも大きい  以前からなにかと話題に上ることが多かった、アイドリングストップ。話題といっても、いい内容は少なくて、ネガなことが中心なだけに「微妙な装備」として語られ、その点は…

続きを読む...

じつは30年以上前からある! 一時期消えていた「ヘッドアップディスプレイ」装着車が最近増えているワケ

ヘッドアップディスプレイに表示できる情報が増えている  フロントウインドウに、投影させてさまざまな情報を表示するのがヘッドアップディスプレイ。古くはデートカーとして大ヒットしたS13型の日産・シルビアに採用されていて、3...

続きを読む...

モデルチェンジで「正面」に戻すクルマも! クルマの「センターメーター」が普及しないワケ

情報共有や上下の視線の移動量が少なくなるメリットがある  クルマのメーターは、大きく分けて、運転席側にある一般的なメーターと、インパネセンターにあるセンターメーターがあり、一般的なメーターも、ステアリングを通して見えるイ…

続きを読む...

ダメなところもある! しかも遅い! それでもナゼか楽しくて笑ってしまう「愛すべき」現行車4選

速さや快適性はなくても幅広い楽しみ方ができる!  クルマを選ぶポイントは広さや燃費に代表される実用性、クオリティや高級感、コストパフォーマンスなど多岐に渡るが、運転する楽しさをはじめとした趣味性もある。趣味性の高いものに…

続きを読む...

全塗装より手軽で元にも戻せる! 「良いことずくめ」に見えるクルマの「ラッピング」にもデメリットはあった

意外と施工後のメンテナンスも大事  最近はかなり定着してきた、カーラッピング。以前はバスを1台丸々、広告を貼るといったものだったのが、今ではボディの色替えや雰囲気アップに活用されるようになってきた。街で見かける派手なカラ.…

続きを読む...

「軽自動車」=「初心者向け」じゃない! 運転に不慣れだと感じる「軽の難しさ」5つ

「教習所で乗っていたクルマと違う……」と感じることも  今や、どのカテゴリーよりも多彩なタイプが揃い、きれいなボディカラーの選択肢もたくさんある軽自動車。車両価格や購入後の維持費もリーズナブルなので、初心者の女性が最初の...

続きを読む...

ヤリス・フィット登場で出揃った! コンパクトカー「HVモデル」5台の買いをマルとバツで明らかに

完成度や総合的な質の高いモデルも存在!  近年はコンパクトカーでもハイブリッドは重要な柱となっており、現在はトヨタ・アクア、ヤリス、日産ノートe-POWER、ホンダ・フィット、スズキ・スイフト フルハイブリッドが五強を構...

続きを読む...

「手放し運転」に「車外からのリモート駐車」! 無敵にみえる日産アリアの「あえてのバツ」と素直に「凄いところ」

航続距離は長くバッテリー管理の緻密!  クルマの電動化に積極的な日産から、完全新設計のBEV(バッテリーEV)が登場する。その名は「ARIYA(アリア)」。日産は名前の由来について公式発表していないが、サンクスリット語の...

続きを読む...

登場するや否や大人気! 「売れすぎ」トヨタ新型ハリアーの数少ない「死角」とは

新型ハリアーは高級サルーンとも言えるキャラクターとなった  RAV4、ハイランダー(北米向け)に続く、トヨタ最新のGA-Kプラットフォームを使う都会派クロスオーバーモデルが、初代から日本で絶大なる人気を誇る新型ハリアーだ...

続きを読む...

夢のエンジンじゃない? 燃費とパワーを両立した「完璧」に思えるダウンサイジングターボの「限界」とは

燃費を向上しながらターボで出力を補う有難い技術  ますます進むエンジンのダウンサイジング化。小排気量化により燃費を向上し、二酸化炭素排出量を減らしながら、出力はターボ過給で補う。この発想自体は古くからあったが、今日の大繁…

続きを読む...

あえて「非の打ち所」を探してみた! すごく評価の高い「最新国産車4台」の残念なところ

トヨタ車の残念なポイントはアグレッシブさや強さの象徴でもある  登場の新しいクルマというのは技術の進歩もあり、大きな欠点があることは滅多にない。しかし世の中に完全なものはないというのはクルマも同じだ。今回はここ1年ほどで.…

続きを読む...

「重箱の隅」的だけどカーライフを左右するほど重要! 「荷室の段差」の有無で何が変わる?

段差がないほうが重い荷物の出し入れやペットの乗降性は良い  クルマのラゲッジルームの使い勝手は、開口部の広さや容量、フロアの高さ、床下収納の有無などで、荷物の積み込みやすさを判断していることがほとんどだろう。  が、重い.…

続きを読む...

トヨタ2000GTも採用! 「紙のように軽い」とまで評されたマグネシウムホイールが広まらないワケ

一般的なアルミと比べても軽量で燃費にも効果が期待できそう  社外ホイールの場合、デザインだけでなくサイズや重量、素材にこだわる人は多いだろう。素材でいうと、スチールとアルミがお馴染みだが、マグネシウムもある。トヨタ200...

続きを読む...

1 / 3123

デイリーランキング