「タグ: トランスミッション」の記事一覧

トランスミッションに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

ただの安っすいオートマ扱いに待った! 廉価車に採用される「AMT」の可能性がスゴかった

この記事をまとめると ■ATはその構造によりトルコン式、CVT式、DCT式、AMT式などに分けられる ■AMTはシステム構成が廉価で動力伝達にダイレクト感が伴うというメリットを有する ■AMTは簡易的なAT方式と見られる...

続きを読む...

「速さ」だけじゃなくて「燃費」でも「MT車」が劣る時代に! 恐るべき「オートマ」の進化とは

この記事をまとめると ■登場した当初のトルコン式ATはMTに比べて伝達ロスが大きく燃費も劣っていた ■エンジンとミッションを直に繋ぐロックアップ機構の開発でトルコン式ATの燃費が改善 ■トルコン式ATは、技術の進化がそれ...

続きを読む...

いまだ全盛なのは日本だけ! 自動車のトランスミッション「CVT」の未来は非常に厳しかった

この記事をまとめると ■CVTは革新的なトランスミッションとして注目を浴びた時期があった ■通常のAT方式の多段化と変速制御の高度化によりCVTの存在意義は失われた ■パワープラントの電気モーター化でATはトルクコンバー...

続きを読む...

変速の度にギクシャクするからあまり評判がよくない「AMT」! それでも採用車が消えないのはナゼ?

この記事をまとめると ■トランスミッションにはいくつかの種類がある ■そのなかでクセがあると言われるのがシングルクラッチのAT ■少数派ではあるが、いまでも生き残る理由を解説する 変速時のフィーリングが良いとは言えない ...

続きを読む...

再学習も可能! クルマが自動で「乗り手」好みに仕上がっていくイマドキAT車の「学習機能」が凄かった

この記事をまとめると ■燃費や環境性能とその人に合った走りを両立させようと学習する学習機能付きATがある ■学習機能付きATをリセットすることで再学習が始まる ■リセット直後に積極的に高回転域を連続使用することで高回転ま...

続きを読む...

スポーツタイプのクルマに多い! 「クロスミッション」って一体何?

エンジンが力を発揮しやすい回転数を維持する狙いがある  クロスミッションとは、トランスミッションの各ギヤのギヤ比の差=ステップレシオが、標準のミッションよりも小さいミッションのこと。  レシプロエンジンでは、エンジンの回.…

続きを読む...

MT・AT・DCT・CVT! クルマのトランスミッションはなぜこんなに種類が必要?

技術の進歩でATでもダイレクトな走りが味わえるように進化  かつてトランスミッションといえばマニュアル(MT)式かフルオートマチック(AT)しか選択肢がなかった。MTはクラッチを備えるスリーペダルが当たり前で、ギヤ段数は...

続きを読む...

なんと「18速」のMTもあるけどどうやってギヤを変える? 大型トラックはなぜ超多段ギヤが必要なのか

重くなった車両をスムースに加速させるために必要  トラックの車両総重量は、当然のことながら乗用車の比ではない。ドライバーの人手不足もあって、規制緩和によって一度に積める量は増える傾向に。現在なんと車両総重量は36トンまで...

続きを読む...

多くの国産モデルに対応! カストロールからハイブリッド車用トランスミッションオイル発売

ハイブリッド車に求められる要件を満たしたアイテム  BPカストロールは、ハイブリッド車専用となるトランスミッションフルード「TRANSMAXハイブリッド」を発売した。  ハイブリッド車は一般的に発進時はエンジンとモーター...

続きを読む...

【時代に逆行しているようだがなぜ?】トヨタ車に「MT」が続々とラインアップされるワケ

MT比率低下の要因はAT限定免許の登場だけじゃない  日本で売られる乗用車の場合、ATとMTの販売比率は、1980年代の中盤頃まで各50%前後だった。その後、1990年頃にはAT比率が70%程度に高まり、普通自動車の運転...

続きを読む...

ショックがない無段変速がメリットなのになぜ? クルマのCVTに手動変速可能なパドルが装備されるワケ

日本の交通状況にはCVTの特性が合っている  日本車のオートマチックトランスミッションにおいて、主流といえるのがCVTだ。最近になってステップAT(主に遊星歯車を使う固定された変速段を持つAT)に回帰する動きも見えている...

続きを読む...

いまどきのスーパーカーからMTが消えた理由とは

クルマの高性能化がMTの採用率を下げている  2000年代までスーパーカーのトランスミッションは「パワーに対応できるATがない」などの理由もあり、MT車が多かった。しかし現在MTでスーパーカーのジャンルに入るクルマと言わ...

続きを読む...

そんなに段数必要? 10速も実用化されるなどATの多段化が止まらないワケ

燃費や加速のよさなどメリットはあるが……  日本車のAT比率は98%まで上昇してきた。1980年代は50%ぐらいだったので、急速に伸びてきた感じではある。理由は制限速度があまり高くないのに加えて、ノロノロ運転や渋滞が多く...

続きを読む...

MT免許を保有している高齢ドライバー御用達のセダンなのに「MT」が設定されないワケ

現代のATは性能やコスト面でのデメリットが解消されてきた  セダンに限らず、いまや乗用車のAT率は98%以上。一部のスポーツカーを除けば、ほとんどのクルマはAT車だ。国産各社の4ドアセダンでMT車が設定されているのは、ト...

続きを読む...

デイリーランキング