「タグ: バス」の記事一覧

バスに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

日野自動車は存続すら危うい! 不正発覚による「型式指定の取消し」は想像以上にダメージのある処分だった

この記事をまとめると ■日野自動車のエンジン試験における不正行為が発覚した ■該当する車種について「型式指定の取消し処分」を受けた ■1年以上は該当車種の生産もできなければ新車種の型式指定を申請することもできない エンジ...

続きを読む...

アジア諸国は日本の「バス」に羨望の眼差し! 「日本の旅客運送」のレベルの高さとは

この記事をまとめると ■ASEANには“日本的生活”に憧れを持っているのような国が見られる ■ジャカルタを走るバスも車内でICカードをタッチする方式が普及 ■“日本と同じシステム”というのが売りになっている部分もあるとい...

続きを読む...

コロナの落ち着きで「バス業界」にも笑顔復活か? バスオタも集う「バステク」に潜入した

この記事をまとめると ■埼玉県でバスの展示会「第7回バステクin首都圏」が開催された ■試乗や運転の体験などもできるほか、車両だけでなく用品関連のメーカーも出展 ■世界初公開となる車両なども登場した バスオタクが”バスオ...

続きを読む...

路線バス運転手の悲鳴! 正直ヤメてほしい一般ドライバーの行動6選

この記事をまとめると ■細かいルートを走る路線ドライバーは気を遣うことが多い ■周りのクルマの行動に迷惑を被ることもある ■この記事では6つの事例を挙げて解説する 経験者が語るバス運転手の苦労  バスは我々の生活に欠かせ...

続きを読む...

ディーゼルメインの日本は遅れ気味! 自治体が非常時電源としても注目する「中国製EVバス」に乗って受けた衝撃

BEVバスはいずれも中国メーカー製!  7月9日、大阪市此花区において、2021バステクフォーラム(以下バステクフォーラム)が開催された。このイベントはバス業界関係者向けに開催されているもので、実車展示や試乗のほか、各バ...

続きを読む...

バスマニア歓喜! ついに都バスへと配備された三菱ふそう「エアロスター」の中身とは

この記事をまとめると ■現行型 三菱ふそう エアロスター(MP38)の都営バス目撃情報が相次いでいる ■筆者も東京都・渋谷駅にて乗車することができた ■この記事では、内装や装備についてリポートする 待望の新型が都バスにひ...

続きを読む...

「10WD」「8WS」ゆる〜い見た目もハイテクの塊だった! 東京・池袋で見かける「IKEBUS」ってなにもの?

10WD・8WS! その見た目はインパクト大  東京を代表するターミナル駅、池袋。さまざまな交通機関が行き交っているが、そのなかでひと際異色なのが、豊島区が再開発の一貫として運行しているIKEBUSだ。なにが異色かという...

続きを読む...

トラックは80km/h! バスは最高120km/h! 同じ大型車なのに最高速度規制が違うワケ

高速道路を走るバスはごく一部  新東名高速道路では指定最高速度120km/hのエリアが拡大している。その一方で、相変わらず大型貨物車であるトラックやトレーラーは80km/hの最高速度規制があり、速度リミッターも装備されて...

続きを読む...

タクシーやバス業界を衰退させる可能性のある「嫁ストップ」とは!

「嫁ストップ」はコロナ禍以前からも存在していた  新型コロナウイルス感染拡大前のころ、旅客運送業界では“嫁ストップ”というものがしばしば話題となった。いまとは異なり、海外から大勢の外国人が訪日し、国内観光を楽しんだり、長...

続きを読む...

安全が犠牲にされる運用も散見! 大型商用車の「スタッドレス問題」が根深い

スタッドレスタイヤでも夏での使用を考えて作られたものもある  ホワイトアウトによる大渋滞や衝突事故で触れられていたのが、先頭がトラックで、スタッドレスを履いていなかったのではないかということ。大型トラックやバスはかなりの…

続きを読む...

バスは愛が深くタクシーはドライ! 運転士気質の違いと「いまどき新人」の割り切りっぷり

バスドライバーは「バス愛」が強い印象  小さいころに、「バスの運転士さんになりたい」や、「タクシーの運転士さんになりたい」と思っていたひとも多いはず。タクシー乗務員の求人広告で「好きなクルマをずっと運転しながら稼げる仕事…

続きを読む...

じつはディスクよりも制動力が高いドラムブレーキ! 大型乗用車に採用されないワケ

構造上ディスクよりも制動力を引き出しやすい  自動車教習所では「エンジンブレーキってどのボタンで使うんですか?」という質問があるという都市伝説的な笑い話もあるが、ブレーキというのはクルマにとって重要な機能である一方で、ユ…

続きを読む...

EVバスに「バス業界人」が驚嘆! 「バステク」でみた中国の脅威とは

中国製電動バスの完成度に参加者も驚きの様子  10月30日に埼玉県さいたま市にある埼玉スタジアム2002において、株式会社ぽると出版主催、公益社団法人 日本バス協会、一般社団法人 東京バス協会協賛、国土交通省関東運輸局後...

続きを読む...

「コロナ予防策」も現実的じゃない! 運行業者のみならず「メーカー」から「架装業者」まで危機の「バス業界」の苦悩

バスを製造するメーカーへのダメージも大きい  テレビや新聞などで、新型コロナウイルス感染拡大により深刻なダメージを受けている業界としてたびたび紹介されるのがバス業界。ビフォアコロナの時代ならば、ほぼバスのいない、昼間の車…

続きを読む...

日本の「EVバス」導入は中国がダメなら韓国! 公共輸送機関が「海外製」だらけになる恐れ

電動化に積極的な中国は公共交通機関などでの普及が進む  日本ではHEV(ハイブリッド)車の普及についてはめざましいものがあるが、PHEV(プラグインハイブリッド)やBEV(純電気自動車)となると、遅々として普及が進まない...

続きを読む...

デイリーランキング