「タグ: マツダ」の記事一覧

マツダに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

今秋にロータリーが復活! ドイツ生まれ広島育ちのエンジンの歴史

発明したのはドイツ人で世界初の搭載車もドイツ車  マツダは、ロータリーエンジンを量産化し、世界的な販売に結び付けたことで、いまなおロータリーエンジンへの思いの強い自動車メーカーだ。また、マツダファンも、ロータリーエンジン…

続きを読む...

旧車ファンならぜひ所有したい! キャブのファンネルをイメージしたカップホルダーが発売! 

マツダのル・マン優勝30周年を記念したスペシャルグッズ!  旧車を象徴するもののひとつであるキャブレター。また、キャブレターに付随するファンネルも、旧車好きの気分をアゲてくれる。エンジンルームでも目立つので、旧車好きには...

続きを読む...

じつはマツダの発明じゃない! スズキも作っていた! バスもトラックもバイクもあったロータリーエンジン搭載車

マツダが弱点を克服してロータリーエンジンの普及に励んだ  もはやマツダのアイデンティティのひとつであるといっても過言ではないロータリーエンジン。  残念ながら現在はその流れは途絶えてしまっているが、マツダ自体もロータリー.…

続きを読む...

持ち運べるロータリーエンジン!? ローター型のおむすびケースが登場!

マツダのル・マン優勝30周年を記念したアイテム!  マツダ車のカスタムパーツなどをリリースするMZ Racingから、マツダ787Bがル・マンを制してから30年を迎える年を記念して、それにちなんだグッズを展開している。 ...

続きを読む...

マツダファン「涙」の消滅! 他メーカーにはない「らしさ」全開の絶版車4選

マツダにしかできない独創性に根強いファン多し  現在は車名をグローバルと同じく「MAZDA○」や「CX-〇」、「MX-〇」といったタイプに変更しているマツダ(ロードスターを除く)。デミオがMAZDA2になったように、その...

続きを読む...

これが「運転」に命をかけるマツダの本気! ミズノと共同開発した「ドライビングシューズ」が圧巻の完成度だった

マツダがスポーツ用品メーカーと異色のコラボ!  梅雨真っ只中の6月末日、神奈川県にあるマツダR&Dセンターにて業界関係者向けにある発表会が行われた。内容は「マツダがミズノと共同開発したドライビングシューズの試着会...

続きを読む...

燦々と輝く太陽の光をイメージ! マツダ2の特別仕様車を発売

テーマは「いつもの運転が前向きな楽しい気持ちになれるクルマ」  日本を代表するコンパクトカーマツダ2に、特別仕様車の「Sunlit Citrus」が追加された。  このクルマは、シートやダッシュボード、ドアトリムには手触...

続きを読む...

2030年には4台に1台がEVになる! EVもPHEVもHVもひとつのアーキテクチャーから生み出すマツダの次世代テクノロジー発表

マルチソリューションスケーラブルアーキテクチャーを確立させる  マツダが、2030年に向けた新たな技術・商品の開発方針を発表した。  すでに、2030年時点での生産における電動化比率を100%にすること(そのうち純EV比...

続きを読む...

低いはエライ! かつて一大ブームを巻き起こした「平べったいセダン」3選

居住性は二の次! 平べったいスタイルが当時は大ウケだった 現在、日本では不人気ジャンルの烙印を押されてしまっているセダン。しかし1980年代~90年代前半には全高の低いスタイリッシュなスペシャリティセダンが一大ブームとな...

続きを読む...

ド新車なのに販売台数は期待外れ! それでもN-ONEとMX-30の「重要すぎる」存在理由

この記事をまとめると ■N-ONEはいまの軽自動車のトレンドに沿っていないため売れていない ■MX-30は開発意図が難解で魅力がわかりづらく売れていない ■N-ONEもMX-30もメーカーの新しい可能性を探るという面で意...

続きを読む...

マツダがMAZDA3とCX-30の一部改良を発表! e-SKYACTIV Xの仕様変更で排出ガス性能や燃費が向上

CX-30は乗り心地も改善している  マツダは、コンパクトハッチバック「MAZDA3」およびクロスオーバーSUV「MX-30」を一部改良し発売した。  両車に搭載される、新世代ガソリンエンジン「e-SKYACTIV X」...

続きを読む...

たった44台の激レアロータリー市販車! ライバル車の倍の価格で登場した衝撃の「マツダパークウェイ」とは

生産台数たった44台の超希少なマイクロバス!  2020年に創立100周年を迎えたマツダ。三輪トラックやコルク製品、削岩機などさまざまなものを手がけつつ、自動車でもロータリーエンジンに並々ならぬこだわりを持つメーカーとし...

続きを読む...

「ボンゴブローニイ」が復活もOEM! 「マツダファン」は涙……かと思いきや「驚き」のメリットが浮かんできた

OEMになったことで残存価値が上がりリース料金の負担が減った  マツダ・ボンゴブローニイというモデルをご存知だろうか。マツダ・ボンゴバンは1999年にフルモデルチェンジして登場したマツダオリジナルモデルが2020年まで生...

続きを読む...

マツダ787Bのルマン24時間優勝から30周年! MZRacingから記念グッズが発売

オシャレさも兼ね備えたスタイリッシュなデザインを採用  1991年、フランスで開催される伝統あるルマン24時間耐久レースに、マツダ787Bが出場。見事日本車初の総合優勝を果たしてから30周年を迎えた。これを記念し、MZR...

続きを読む...

希少なロータリーエンジン搭載車「マツダRX-7」の魅力や中古車市場での人気ぶりとは

ロータリーエンジンを搭載する貴重なスポーツクーペ  マツダを代表するスポーツカーが、RX-7である。最大の特徴であるロータリーエンジンを搭載し、独特の加速感でファンを魅了している。そんなマツダRX-7の魅力と歴史などを解...

続きを読む...

デイリーランキング