「タグ: ライバル」の記事一覧

ライバルに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

性能は互角なのになぜ負ける? 販売台数で明暗クッキリのガチライバル車2組の理由を探った

この記事をまとめると ■軽自動車とコンパクトカーでライバル車種の売り上げを比較 ■優れた機能やユーティリティをもってしても勝てない場合が多い ■中身で勝負する前にどうしてもデザインが優先されがちと言える 「よければ売れる...

続きを読む...

伝説の「GT40」をリメイクした「フォードGT」! 紛れもないスーパーカーたるその性能とは

この記事をまとめると ■フォード創立100周年のアニバーサリーイヤーに誕生した新世代フォードGT ■本当はGT40を名乗りたかったが商標権を獲得できずに「GT」の車名で発売された ■2016年には第2世代モデルが登場し、...

続きを読む...

かつてはフェラーリ圧勝もいまやランボルギーニが僅差に迫る! それでも販売台数の「逆転」がないと言い切れるワケ

この記事をまとめると ■ランボルギーニの2021年世界販売台数は8405台で過去最高セールスを記録した ■フェラーリの世界販売台数は1万1155台でかつてに比べれば販売台数の差は縮まった ■フェラーリのSUVが発売されれ...

続きを読む...

ライバルの新型デビューでいまモデル末期の「セレナ」が狙い目! 納期も短く値引きも大きく「人気上昇中」だった

この記事をまとめると ■セレナ・ステップワゴン・ノア&ヴォクシーは互いを意識したガチンコのライバルとなる ■モデル末期となるセレナは新型となったライバルに比べて値引き幅が大きくお買い得 ■走り・快適性・プライスがバランス...

続きを読む...

最強トヨタでも勝てなかった! 「後出しジャンケン」なのに売れなかったクルマ4選

この記事をまとめると ■トヨタが得意の「後出しジャンケン」で出したクルマを振り返る ■後から出したが、それでもライバルには勝てなかったモデルがある ■どれもトヨタらしさの強い堅実な設計だった故に不人気だったわけではない ...

続きを読む...

「フェラーリ」と「ランボルギーニ」はガチライバル? 2社の気になる販売台数を比べてみた

この記事をまとめると ■ともにイタリアに本拠を構えるフェラーリとランボルギーニはライバル関係にある ■2020年の世界販売台数はフェラーリ9119台、ランボルギーニ7430台と拮抗している ■2021年度上半期の日本での...

続きを読む...

ノートクロスオーバー登場で日陰っぷりに拍車! だがじつは隠れ実力車な「キックス」の存在

この記事をまとめると ■日産には電動化されたコンパクトSUVが2台存在 ■ノートクロスオーバーとキックスの違いを解説 ■やや陰に隠れがちなキックスの魅力を改めて考察する まさかの同士討ち! キックスを改めて見直してみよう...

続きを読む...

新型フェアレディZのライバルは? 発表直前に「脳内対決」3番勝負を行った

この記事をまとめると ■まもなくフェアレディZの市販版が公開される ■いまある情報からライバル車との比較を実施 ■ライバル車にはスープラ・ロードスター・ケイマンを挙げた 注目の新型フェアレディZのライバルを徹底研究してみ...

続きを読む...

新型アクアが発売前から早くも危機感! 「オーラ」という思わぬ強敵の存在

この記事をまとめると ■プレミアムコンパクトとしう新しいカテゴリーの日産ノートオーラの販売が好調 ■サイズこそ異なるがトヨタ・アクアと日産ノートオーラは一部でキャラがかぶる ■かつてクラウンを滅多撃ちにした”...

続きを読む...

大幅値引きに唖然! いま「ルーミー」とそのライバル「ソリオ」が狙い目なワケ

トヨタの全店併売化によって同車種の値引き競争が熾烈を極める  スズキの新型ソリオが登場して、再び脚光を浴びているのがトヨタ・ルーミー。ボディサイズやキャラクターからいけば、ソリオとルーミーはライバルといっても構わないのだ…

続きを読む...

スズキvsダイハツの軽自動車「販売台数」争い! 2020年の勝者が「ダイハツ」濃厚な理由とは

2020年の販売台数はダイハツが優勢  全軽自協(全国軽自動車協会連合会)の統計によると、2020年11月の単月軽四輪車総数において、ダイハツが5万2523台を販売。スズキの4万8584台に3939台差をつけてトップとな...

続きを読む...

360cc時代から軽自動車は激戦だった! 壮絶なパワー競争と変わり種モデルバトル

手軽に購入、維持できる移動手段を目的にファミリカーとして登場  日本独自のカテゴリーである軽自動車は、もともと旧通産省の提唱による国民車構想に端を発するクルマだった。誰もが手軽に購入・維持ができる移動手段を目的に、ベーシ…

続きを読む...

久々登場の「本格」国産ホットハッチ! GRヤリスは欧州AWDライバル車に比べて買いか?

欧州AWDホットハッチがGRヤリスのライバルに当たる  2020年1月、東京オートサロンで世界初公開されたGRヤリスが公道を走りはじめた。  WRCのマニュファクチャラーズタイトルの誇りにかけてトヨタがWRCテクノロジー...

続きを読む...

三菱ファンの悲しみに比べればスバリストは幸せ! ランエボ10世代に渡るスバルとの闘いの歴史を振り返る

インプとランエボは古き良き時代を戦った「戦友」!  スバルでは「安心と愉しさ」を標榜しながら、運転の愉しさの象徴であるはずのMTやターボエンジン搭載車は減る一方。北米市場重視と思しきラインアップ展開が強まるばかりであるな...

続きを読む...

5世代すべてが絶対王者のスカイラインGT-Rに挑み続けたライバル車たち

スカイラインつねにGT-Rは国内外のライバルを打ち破ってきた  国産車で「レースに勝つために生まれてきたクルマ」といったとき、真っ先に名前が浮かぶのは、なんといっても日産スカイラインGT-Rだろう。ハコスカの49連勝、R...

続きを読む...

デイリーランキング