「タグ: ランキング」の記事一覧

ランキングに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

驚くほどの納期遅延でもユーザーは「欲しい」を貫く! 2022年2月の新車販売台数ランキングで浮き彫りになった事実

この記事をまとめると ■2022年2月の販売台数ランキングが発表された ■軽自動車はホンダN-BOX、登録車のトヨタ・カローラシリーズがトップ ■結果からの考察を解説する 軽自動車はN-BOX、登録車はカローラシリーズが...

続きを読む...

自動車全体は? タイヤは? 話題のEVは? 「世界三大メーカー」を売り上げで決めてみた!

この記事をまとめると ■世界の「3大メーカー」をカテゴリー別に紹介 ■日本のメーカーも世界を相手に大きく健闘している ■EVの分野はまだまだ成長途中ということもあり今後入れ替わる可能性もある 自動車業界の各分野で表彰台に...

続きを読む...

街じゃほとんど見かけないクルマがトップの不思議! 11月の新車販売台数ランキングを考察した

この記事をまとめると ■2021年11月の新車販売ランキングが発表された ■総合ランキングでは久しぶりにホンダN-BOXが首位 ■登録車ではトヨタ・カローラがトップとなっている 久しぶりにホンダN-BOXが首位!  自販...

続きを読む...

王者N-BOXに部品供給の打撃! トヨタはあえてパワーダウン! 10月の新車販売ランキングの「異変」を読む

この記事をまとめると ■自販連から登録車、全軽自協から軽自動車の2021年10月販売台数ランキングが発表された ■登録車、軽自動車を含む2021年10月販売台数ランキングTOP30を算出 ■販売トップは1万596台を販売...

続きを読む...

もっとも売れたのは何代目? 11代目が登場したホンダ・シビックの販売台数ランキングTOP10!

この記事をまとめると ■2022年で誕生から50年を迎えるホンダ・シビックがフルモデルチェンジした ■170超の国と地域で販売され、グローバルでの累計販売は2700万台超 ■歴代モデルでもっとも販売台数が多いのは初代の6...

続きを読む...

ヤリスよりも狙い目は「つまづき気味」のアクア! 7月の新車販売台数に見る「好調車」と「不調車」

この記事をまとめると ■2021年7月の登録車と軽自動車の通称名(車名)別販売ランキングが発表された ■登録車と軽自動車を合わせた含軽統計でトップにヤリスシリーズが返り咲いた ■含軽統計で上位10車中5車、登録車だけでは...

続きを読む...

ヤリスを抜きN-BOXが首位奪還! ワゴンRが急落! 6月の販売台数から見える最新自動車市場

久しぶりにホンダN-BOXがトップとなった  自販連(日本自動車販売協会連合会)及び、全軽自協(全国軽自動車協会連合会)から、2021年6月単月の通称名(車名)別販売ランキングが発表された。さっそく登録車と軽自動車を合算...

続きを読む...

いま急増中の「車内仕事」! より快適な「オフィス環境」を実現できる国産車トップ5

アルファード&ヴェルファイアの後席は仕事しやすい環境が整う  ここ最近、コロナ禍の影響で、ステイホーム、リモートワークという新しい生活、仕事の様式が注目、というか余儀なくされている。自宅に仕事部屋があれば問題ない...

続きを読む...

スズキvsダイハツの軽自動車「販売台数」争い! 2020年の勝者が「ダイハツ」濃厚な理由とは

2020年の販売台数はダイハツが優勢  全軽自協(全国軽自動車協会連合会)の統計によると、2020年11月の単月軽四輪車総数において、ダイハツが5万2523台を販売。スズキの4万8584台に3939台差をつけてトップとな...

続きを読む...

スポーツカーは「燃費が悪い」は誤解! 隠れエコな「燃費の優れた」モデルランキングTOP5

燃費以上に価格やキャラクターなどの違いが大きいモデルも!  スポーツカーに「燃費が悪い」というイメージを持つ人は多いかもしれない。確かに燃費のよくないスポーツカーもあるし、スポーツカーに燃費のよさを要求する人もそれほどい...

続きを読む...

カローラひと筋30年のマニアライターが選出する歴代カローラTOP5!

時代に翻弄されつつもカローラらしさを体現したモデルを選出  今年カローラセダン(アクシオ)とステーションワゴン(フィールダー)がフルモデルチェンジを実施し、国内では12代目が登場する予定となっている。1966年に初代が登...

続きを読む...

トヨタはご長寿大国だった! 同じ名前で作り続けているロングセラー国産車ランキング

日本でもっとも長い歴史をもつのはトヨタ・ランドクルーザー  日本の自動車産業が軌道に乗り、世界に認められるのは第二次世界大戦が終わって10年ほど経ったときからである。日産といすゞ自動車、そして日野自動車は、ヨーロッパの自...

続きを読む...

5項目で完全採点! 安全装備の充実した今買いの軽自動車ランキングTOP5はコレだ!

安全装備を中心にクルマとしての性能を採点  最近、軽自動車でも先進安全支援機能が充実しているクルマが増えてきた。ダイハツが2012年、ムーヴにいち早く自動ブレーキを含む衝突回避支援システムの「スマアシ」を採用したのをきっ...

続きを読む...

混戦のMクラスミニバン2番手争い! ホンダ・ステップワゴンが日産セレナを逆転した理由とは?

自動運転技術「プロパイロット」を搭載したセレナを逆転  5ナンバー(小型車)サイズを基本とした3列シートのスライドドア・ミニバンは、日本の自動車市場を象徴するカテゴリーのひとつだ。具体的には、トヨタ・ヴォクシー/ノア/エ...

続きを読む...

デイリーランキング