「タグ: ロータリーエンジン」の記事一覧

ロータリーエンジンに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

希少なロータリーエンジン搭載車「マツダRX-7」の魅力や中古車市場での人気ぶりとは

ロータリーエンジンを搭載する貴重なスポーツクーペ  マツダを代表するスポーツカーが、RX-7である。最大の特徴であるロータリーエンジンを搭載し、独特の加速感でファンを魅了している。そんなマツダRX-7の魅力と歴史などを解...

続きを読む...

マツダがRX-7用純正部品の復刻を開始! 第1弾は2021年2月までに順次発売予定

オーナーなどにヒアリングして必要な部品を復刻!  マツダは、日本のみならず海外にも多くのファンをもつ、ロータリーエンジンを搭載するスポーツモデル「RX-7」のサービスパーツを復刻し、再供給すると発表した。今回対象となって...

続きを読む...

RX-7&8だけじゃない! バスやトラックまであるマツダのロータリーエンジン搭載の「意外な」モデルたち

マツダのロータリーエンジン搭載車は全12車種  マツダは実質的にロータリーエンジンの実用化・量産化に成功した唯一の自動車メーカーだ。  1967年5月、世界で初めて、2ローター・ロータリーエンジン搭載車、コスモスポーツの...

続きを読む...

後にも先にもライバルはなし! 40周年を迎えた孤高のスポーツカー・マツダRX-7

ドライバーの腕が試される究極のハンドリングマシン  今年は世界に誇るジャパニーズ・スポーツカー「マツダ・RX-7」のデビュー40周年。初代RX-7=SA22Cは、1978年に登場。ロータリー専用シャシー、マツダ・SAプラ...

続きを読む...

郵便局で買える! 京商製マツダ・RX-7(SA22)のミニカー付き切手セットが限定販売

40周年を迎える初代RX-7のモデルカーもセットに! ラジコンからミニカーまで手がけるホビーメーカーの京商と、日本郵便がコラボレーション。「名車コレクションフレーム切手セット マツダ サバンナRX-7編」を8月29日(水...

続きを読む...

一時代を築いたマツダ・ファミリア! 初代から9代目まで激動の歴史を追う

過去にはロータリーエンジンを搭載したモデルも  先日、幕張メッセで開催されたオートモビルカウンシル。その中のマツダブースでは、「MAZDA COMPACT HATCHBACK STORY」をテーマに次期アクセラと噂されて...

続きを読む...

マツダのロータリーエンジン復活は不可能? どうしても乗り越えられない壁とは

細長い燃焼室形状による熱効率の厳しさ  マツダという自動車メーカーにとって、ロータリーエンジンは至宝です。なにしろ世界中の自動車メーカーが注目し、チャレンジしたにもかかわらず、世界に先駆けて量産化できたのはマツダ(当時は…

続きを読む...

マツダのロータリーエンジンに未来は? 「生みの親」山本健一さんのお別れ会で増したロータリーへの期待度

いまだ世界中にファンをもつエンジン 「部下が付いてくるかどうかというのは、リーダーが苦しんだ量に比例する」という、素晴らしい言葉を残したマツダ・ロータリエンジン開発の父、元マツダ社長(当時は東洋工業)で昨年他界された山本…

続きを読む...

「紙」なのにこの完成度! コスモスポーツのペーパークラフトが衝撃のデキ

ボディ下面やインパネにも注目  ペーパークラフトというと単純な面で構成されていてデフォルメされたもの、というイメージが強いかもしれませんが、アップリフトがリリースするアップリフトモデルズのペーパークラフトは、まるでスケー…

続きを読む...

【幻の国産スーパーカー】ロータリーエンジン搭載の「マツダRX500」

カウンタックよりも早くガルウィングドアを採用!  国産スーパーカーの元祖と言えば、童夢-零というイメージが強いかもしれないが、1970年の東京モーターショーに登場し、話題となったマツダRX500を忘れてはいないだろうか?...

続きを読む...

マツダ767Bがオークションに出品! 予想落札価格は1億8000万円から2億5000万円

ル・マンで優勝した787Bの前身モデル  国産メーカー唯一のル・マン24時間レースのウイナー、マツダ787Bの前身であるマツダ767Bがアメリカのオークションに出展されることになった。  767Bといえば、マツダのCカー...

続きを読む...

2012年6月に生産終了したロータリーエンジンは復活するか?

■ロータリー復活の予兆?  先日、あるネット媒体の記事に投稿したら、反響の大きさに驚いた。その理由は記事の内容が自動車好きには堪らない、マツダの次期ロータリーエンジンの予測であったからだ。  私が投稿したのは、それに関し...

続きを読む...

デイリーランキング