「タグ: 下取り」の記事一覧

下取りに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

いまは「ボロ車」でも「解体扱い」はほぼナシ! 下取り時は「リサイクル預託金」をカモられないように要注意

いまは基本的にどんなクルマでも下取りが行われる  大昔は下取り査定において、「大変申し訳ありませんが、再販価値はないので」などとセールスマンが言ってきて、5万円といった明らかな値引き支援みたいな査定額らしきものが計上され.…

続きを読む...

「アクア」から「フィット」など他メーカー車への乗り替えは「下取り」で損をする?

他メーカーのクルマはオークションに流通させられることが多い 「今はトヨタのアクアに乗っているが、ホンダ新型フィットを見たら、内外装のデザインと後席の広さが気に入った。そこでフィットに買い替えたいが、メーカーをトヨタからホ…

続きを読む...

この費用カットできない? 新車を買うときの「下取り車諸手続代行費用」と「下取り車査定料」って何

似たような名称だが厳密には用途が異なる  新車を購入するときには、さまざまな販売諸費用が注文書に計上される。そのなかで、下取り車がある場合に計上されるものに、「下取り車諸手続代行費用」と「下取り車査定料」がある。下取り車…

続きを読む...

【10年乗るのは得or損?】新車への乗り換えは何年サイクルがお得なのか

下取り価格を考えると5年程度ならまだ価値が高い  クルマ好きにとって、クルマに乗ることはそもそも損得勘定ではない、とお叱りの声が聞こえてきそうではあるが、実際のところ1台のクルマに10年間乗り続けるのと定期的に乗り買えた...

続きを読む...

数年経つと大きな差に! 愛車を手放すときの査定額アップのために普段から気を付けること5つ

日常のちょっとした気遣いで差が付く!  クルマを手放すときはできるだけ高く売れたほうがいいに決まっている。買い替えの場合は資金に充てられるし、そうでなくても手元に入ってくるお金は多いほうがいい。下取りに出すにしても、買い…

続きを読む...

人気車が激安! マイナー車が高額? 知っておくべき中古車買い取り査定のツボ6つ

いくら人気でも市場に溢れていると査定額が下がることも  クルマを処分する際に「新車が売れている人気車だから高い査定を期待していたのにそうでもなかった」、「不人気車かと思ったのに、意外と高く査定してくれた」という正反対な結…

続きを読む...

改造車は中古市場で嫌われる? 下取り額や売却価格が安いというウワサは本当か

オンリーワンで仕立てられたクルマは万人受けしにくい  クルマを手放すときは少しでも高く売りたいというのが人情。しかし、カスタマイズが施されている車両はノーマルの状態の車両よりも買い取り額が下がるという話を聞いたことはない…

続きを読む...

半期決算セールの値引きテクニック! 新車購入時は「総値引き額」の分解が重要

下取り査定額がとくに大切な要素になる  8月のお盆休みが明けると、新車販売現場は“半期決算セール”が事実上スタートする。半期決算セールとは、事業年度締めベースでの上半期締め月となる9月に合わせて、各メーカーともに値引き条...

続きを読む...

クルマの下取り査定額のワナ! リサイクル預託金の行方に要注意

念押しで確認することをオススメする  愛車を新車へ乗り替えることを“代替え”などと呼んでいるが、この代替えにより新車購入をする際に、購入予算を絞り込むキーポイントとなるのが、いままで乗っていた愛車を下取りに出す際の下取り...

続きを読む...

ディーラー独自の特別仕様車が下取り価格でプラス査定されない事情とは

下取りは一般的な通称名ではなく車両型式で取引される  自販連(日本自動車販売協会連合会)や、全軽自協(全国軽自動車協会連合会)は毎月さまざまな販売統計を出しているが、そのなかでももっとも注目されるといっていいのが、“通称.…

続きを読む...

日本では不人気も……いまリヤワイパー付きのセダンの下取り価格が高い理由とは

海外の中古車人気にも左右される日本の下取り価格  自分の愛車をディーラーでの下取り査定や買い取り店へ持ち込んで査定を受けたら、想定外に高い金額が出てきて驚いたひともいることだろう。このようなことが起きるのは、もちろん当該…

続きを読む...

好条件を引き出しやすい! 新車セールスマンに「気に入られるお客」とは

かつて主流だった「ライバル車と競わせる客」はNG  景気に左右されずに、構造的な新車販売の苦戦が続いている。若者を中心としたクルマ離れの加速、シェアリング社会の拡大、人口の高齢化による保有台数自体の減少傾向などなど、自動...

続きを読む...

ボロくても問題なし!? 年度末の新車購入で「下取り車」が勝敗を分ける理由とは

下取り査定額が値引き拡大の鍵をにぎる  新車購入に際して交渉して提示される値引額は、車両本体価格からの“車両本体値引き”、オプション総額からの“用品値引き”そして“下取り査定額の上乗せ”からおもに構成されている。  ディ...

続きを読む...

「下取り価格」や「買い取り価格」の低いクルマとは?

登録から1年未満で数百万円落ちになるものも  クルマを購入するときにやはり気になるのは手放すときのリセールバリューではないだろうか? もちろん、購入するときから手放すときのことを考えるなんて……という意見があることも重々...

続きを読む...

今どきの新車値引きの最後のキモは「下取り査定の上乗せ」

下取り車は商談の最後まで手元に置いておく  新車を購入する際の値引き交渉では3つの柱が存在する。「車両本体値引き」、「用品値引き」そして「下取り査定の上乗せ」である。  車両本体値引きの原資となるのは、車両本体価格(メー.…

続きを読む...

デイリーランキング