「タグ: 二酸化炭素」の記事一覧

二酸化炭素に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

エンジン車に乗りたい派の素朴な疑問! クルマの排ガスに含まれるCO2を「出さず」に「貯める」ことはできない?

NOx吸蔵触媒はリーンバーンエンジンで実現している  かつて自動車の排ガスは垂れ流し状態だった。それが大気汚染の対策として基準がどんどん厳しくなるなかで、排ガス処理技術は進化してきた。  現在、ガソリンエンジン車に使われ...

続きを読む...

カーボンニュートラルの影に潜む問題! CO2排出量の「売買」も可能な「クレジット制度」って何?

2030年代にはガソリン車の販売が禁止される予定だ  2020年の年末、いきなり大きな話題となった「203x年ガソリン車禁止」の報道。  菅政権が掲げる、「2050年・実質的なカーボンニュートラル」という基本政策のなかで...

続きを読む...

わずか1年後に「EV」の販売台数が「ハイブリッド車」を抜く! 驚きの予測の現実味と「特殊」な日本の事情

日本ではハイブリッド車ガラパゴス化している?  いま(2020年11月)から1年後に、年間販売数でEV(電気自動車)がハイブリッド車を抜く。調査会社や自動車業界の一部で、そんな予測を立てている。これは、世界市場全体につい...

続きを読む...

「ガラケー」が消えたように「エンジン」も消滅必至? メーカーの思惑に関係なく「電気自動車」のみになる可能性

非電動化エンジンは有害物質の排出量が課題に……  ガソリンかディーゼルか、自然吸気か過給か、あるいはハイブリッドか……クルマの動力として消えゆく運命にあるのは何か? 占いでもなく、人気でもなく、それぞれの動力の機械的持ち...

続きを読む...

反則金がない! マンションの管理組合問題! 世界中が電動化へ向かっても「電気自動車」が日本で普及しないワケ

日本は二酸化炭素排出量に対する反則金が存在しない  日本の自動車メーカーが、いまひとつ電気自動車(EV)の販売に勢いづかないかという点について、いくつかの背景が考えられる。  最大の要因は、日本の電動車両の導入政策に、優...

続きを読む...

デイリーランキング