わずか1年後に「EV」の販売台数が「ハイブリッド車」を抜く! 驚きの予測の現実味と「特殊」な日本の事情 (1/2ページ)

わずか1年後に「EV」の販売台数が「ハイブリッド車」を抜く! 驚きの予測の現実味と「特殊」な日本の事情

日本ではハイブリッド車ガラパゴス化している?

 いま(2020年11月)から1年後に、年間販売数でEV(電気自動車)がハイブリッド車を抜く。調査会社や自動車業界の一部で、そんな予測を立てている。これは、世界市場全体についてのことだが、日本人の感覚では「10年後とか、20年後というならわからなくもないが、来年と言われても……」と思うはず。

 なぜそう思うかというと、日本は世界でも稀なハイブリッド大国だからだ。実際、現時点で世界市場全体のハイブリッド車販売の半分弱が日本国内向けである。モデルで見れば、王道トヨタ「プリウス」を筆頭に、「アルファード」も「RAV4」もハイブリッド車人気は高く、ホンダ「フィット」もハイブリッド率が高い。

ハイブリッドのRAV4画像はこちら

 一方で、EVといえば定番の日産「リーフ」。さらに、2020年はホンダ初の量産型EVである「ホンダe」が話題を振りまいた。年明け早々には、マツダ「MX-30」のEVバージョン登場が決定している。

コンパクトEVとして注目を集めるホンダe画像はこちら

 そのほか、テスラ人気は「モデルS」「モデルX」で定着し、最近は都心で「モデル3」を見かける機会が一気に増えた。また、欧州車ではメルセデスEQシリーズが続々登場し、フランス車ではプジョー「e-208」が日本上陸となる。

新たに登場したプジョーe-208画像はこちら

 こうしてEVモデルは確かに増えているとはいえ、ハイブリッド車をあと1年で抜くほどEVの普及速度が早いというイメージはない。

画像ギャラリー