「タグ: HV」の記事一覧

HVに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

エスクードがハイブリッドになって帰ってきた! 19.6km/Lの燃費を実現して価格は297万円

この記事をまとめると ■スズキ・エスクードがハイブリッドシステムを搭載して発売 ■回生協調ブレーキや後退時のEV走行を自社で初採用 ■WLTCモード走行は燃費値19.6km/Lを実現 回生協調ブレーキと後退時のEV走行は...

続きを読む...

ハイブリッド車は大きな電池があるのに12Vバッテリーも積んでいる! 「あがる」と走れなくなるから要注意だった

この記事をまとめると ■ハイブリッドカーには駆動用バッテリーと補機用バッテリーが積まれている ■補機用バッテリーがないとハイブリッドシステムの起動ができない ■補機用バッテリーは従来型12Vバッテリーとは構造が異なり互換...

続きを読む...

ハイブリッドカーには「沢山の種類」が存在する! もう迷わない「システム」と仕組みを整理して解説

この記事をまとめると ■HV(ハイブリッドカー)はシリーズ式、パラレル式、スプリット式の3つに大別できる ■PHV/PHEVは外部から充電できるプラグイン・ハイブリッドのことを指す ■そのほかにもモーター走行可能なフル(...

続きを読む...

「駆動用バッテリー」が劣化すればハイブリッド車は性能ダウン必至! 「いつ」「どうやって」交換すればいいのか?

この記事をまとめると ■スマホなどと同じようにハイブリッドカーのバッテリーも経年劣化する ■劣化すると燃費が悪くなるなどのネガな症状が現れる ■乗り続けたいのであればバッテリーの交換も可能 駆動用バッテリーもプロに任せれ...

続きを読む...

電動化車両がこれだけ増えても「ソーラーパネル」を積むクルマはプリウスのみ! 普及しない理由とは

確実な充電を行うためには条件がまだ厳しい  プリウスは、屋根に太陽光発電を装備することで、補器類用バッテリーへの充電を補助したりすることを行っている。ハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド車(...

続きを読む...

よく見れば想像よりも「電動化車両」が普及していない日本! 伸びない理由はドコにある?

日本における電動化の進捗度は現状緩やかになっている  言わずもがな、現在の自動車業界は電動化のビッグウェーブが来ている。早ければ2030年までにエンジン車の販売を禁止するという声は内外から聞こえてくるし、ノルウェーでは2...

続きを読む...

燃費がウリのハイブリッド車にスポーツマフラー! 矛盾しそうなアイテムの効果とは?

燃費の向上につながるマフラーも存在する!  スポーツマフラーというのは、カスタムの定番アイテムで、車検対応であれば安心して楽しむことができる。ただ、気になるのは付けられる側、つまりクルマのほうで、ハイブリッドがどんどんと…

続きを読む...

政府はホントに本気? 2030年の「脱・純ガソリンエンジン車」が非現実感を伴うワケ

日本では電力供給インフラを再構築する話が出てこない  いよいよというか、ようやくというか、政府が2030年代前半に純粋なガソリンエンジン車の販売禁止を行う方向を表明した。電動車への移行は、2050年までの脱炭素社会実現を...

続きを読む...

日本の電動化車両促進は難しい? まさかの「クルマ離れ」に繋がる可能性も!

国民に「お願いします」だけでは賛同を得られない?  ヨーロッパや中国、台湾やインドネシアあたりでも純粋な内燃機関車を2030年から40年あたりで販売終了すると発表しているなか、“沈黙”を守ってきた日本政府もようやく203...

続きを読む...

わずか1年後に「EV」の販売台数が「ハイブリッド車」を抜く! 驚きの予測の現実味と「特殊」な日本の事情

日本ではハイブリッド車ガラパゴス化している?  いま(2020年11月)から1年後に、年間販売数でEV(電気自動車)がハイブリッド車を抜く。調査会社や自動車業界の一部で、そんな予測を立てている。これは、世界市場全体につい...

続きを読む...

選び方ひとつで「家計」へのダメージが変わる! 生活スタイルから考えるクルマの「パワートレイン」6つ

身近でスタンダードとされながらも進化し続けている  クルマを選ぶ時に、あなたは何を優先するでしょうか? デザインやインテリア、価格や安全装備など、いろんな要素があって悩ましいですよね。どれもこれも全てが理想通りというクル…

続きを読む...

世界中で電動化の大きな波! 本格「ハイブリッド&EV」を持たない軽自動車中心の「スズキ&ダイハツ」の行方

マイルドハイブリッドを推し進めるスズキが電動化に一歩リード  軽自動車を中心にしながら、登録車ではコンパクトカーを主力とするスズキとダイハツは、この先の電動化の時代をどう生き抜いていくのだろうか?  結論は、一刻も早い電.…

続きを読む...

「水没」したHVやEVに触れるのは「危険」という情報は本当か? メーカーに直撃した!

車両が水没しただけであれば心配はない  九州を中心に甚大な被害を巻き起こした「令和2年7月豪雨」。まず、被災された方にお見舞い申し上げます。また、亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。  近年、こうした豪雨による被害...

続きを読む...

エンジン+モーター=「答え」じゃない! ハイブリッド車の「システム最高出力」の不思議

この記事をまとめると ■ハイブリッド車にはエンジンとモーターを駆動に使うモデルも多い ■最高出力はエンジンとモーターそれぞれの数値が記載されている ■同時にそれぞれの最高出力が出るわけではないためシステムの最高値は合計よ...

続きを読む...

燃費以外の驚きメリットも! いまハイブリッド車や電気自動車以外にも続々採用の「回生ブレーキ」って何?

無駄にしていたエネルギーを効率よく回収するための技術  回生ブレーキというのは最近よく耳にする言葉だし、多くのクルマに装備されている。簡単に言ってしまえば、駆動に使っているモーターをブレーキング時には逆に回して少しでも発…

続きを読む...

デイリーランキング