「タグ: F1」の記事一覧

F1に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

素人目には同じに見える! 「F1」と「インディカー」は何が違うのか?

F1は世界最高峰だが歴史が長いのはインディ  2020年のインディアナポリス500マイルレース、通称“インディ500”で、日本人ドライバーの佐藤琢磨が自身2度目の優勝を獲得したことにより、日本でも注目を集めたインディカー...

続きを読む...

「セナプロ時代はよかった」「いまのF1はつまらなくなった」の声は真実を捉えているのか?

ハイテク化が進む現代のF1マシンも魅力は十分!  その理由として彼らが挙げるのが「セナ・プロ時代のほうがドライバーに個性があった」とか、「今のF1はレギュレーションが細かすぎてマシンに個性がない」など。さらに「今のF1は...

続きを読む...

いま「F1」に一番近い注目の日本人ドライバー! 「角田裕毅」とは何者?

実績は十分! ホンダF1ラストイヤーで走る姿を見たい  日本人レーシングドライバー、角田裕毅(つのだ・ゆうき)をご存じだろうか? 現在20歳の角田は、レッドブル・ジュニアチームおよびホンダ・フォーミュラ・ドリームプロジェ...

続きを読む...

ホンダF1撤退は「レースをやる意味」の変化の現れ! フォーミュラEすらも「技術開発」的要素は薄い

「レース=走る実験室」の価値は失われつつある  F1は、本来レーシングドライバーの腕を競う競技だ。これに対し、ル・マン24時間レースなど、プロトタイプスポーツカーによる耐久レースは、自動車メーカーの技術を競う競技である。...

続きを読む...

ホンダが2021年シーズン限りで「F1」からの撤退を発表! コロナ禍は「関係なし」

第四期は2015年から参戦  2020年10月2日、本田技研工業は、2015年からパワーユニットのサプライヤーとして参戦していたF1世界選手権からの、2021年シーズンかぎりでの撤退を発表した。  ホンダは2020年シー...

続きを読む...

「免許を取ってから」じゃ遅い! レーシングドライバーが語るいまどき「プロ」の目指し方

カート初乗りで5周もすれば才能がわかる!  今や世界的な有名人となった「ドリキン」こと土屋圭市氏。地方の峠道でドリフトしながら走るインカービデオを公開し話題となった元祖・峠出身のレーサーと言えるだろう。実際のレースはもち…

続きを読む...

中継に映るのは氷山の一角! たった2台の「F1マシン」を走らせるのに関わる衝撃のスタッフ人数とは

コロナ禍でF1スタッフの人数が制限されている  新型コロナの影響で、無観客試合が続いている今年のF1。開催に当たり、現地で働く各チームのスタッフにも人数制限が課せられ、1チームのスタッフは80名に制限された。  これまで...

続きを読む...

「本物のミッドシップ」は限界域でも難しくない! レーシングドライバーが語る「残念な」MR車とは

スポーツタイプの国産現行モデルでMRを採用するNSXとS660  自動車のパッケージングレイアウトにはさまざまな形態がある。最近の乗用車はフロントにエンジンを横置き搭載し、前輪2輪を駆動するFFパッケージが主流となってい...

続きを読む...

コロナ禍でダメージ必至のモータースポーツ業界! レースがない期間チームは何をしている?

F1日本グランプリは万が一を避けるべく中止に  世界中であらゆる大規模イベントの中止や延期が続いているなか、日本のモータースポーツも例年とはまったく異なるスケジュールとなった。スーパーGTなど、当面は無観客で実施すること...

続きを読む...

これぞクルマ好き究極の夢! 「F1エンジン」を積んだモデル5選

クルマ好きの夢が詰まったコンセプトカーの数々  自動車メーカーによるF1参戦を「走る実験室」などと呼び、F1テクノロジーのフィードバックを市販車に期待する(させる)ブランディング手法がある。実際、ホンダのF1プロジェクト...

続きを読む...

高性能スポーツカーでも8000回転程度! なぜ市販車にはF1のような1万回転を超えるエンジンを積まないのか

市販車をレーシングエンジンのようにしたら普段使いで不便  F1エンジンはもちろんのこと、レーシングエンジンの到達目標は、最高速でいかに相手に勝てるかにある。したがってエンジン諸元のうちで重要なのは、最大トルクではなく最高...

続きを読む...

3月26日まで! F1マシン専用ケースがもらえるミニチャンプスフォーミュラキャンペーン開催中

購入を悩んでいたモデルを手に入れるチャンス!  さまざまなモデルカーを取り揃える京商。同社が扱う老舗ブランド・ミニチャンプスのフォーミュラーカーを6台購入すると、最大6台ディスプレイすることが可能なコレクションケースがも...

続きを読む...

マイチェン予定のS660も展示! ホンダが東京オートサロン2020の出展概要を発表

大活躍だったF1マシンを間近で見られるチャンス!  ホンダは、2020年1月10日(金)〜12日(日)まで、千葉県・幕張メッセで開催される「東京オートサロン2020」に出展すると発表した。  今回のブースコンセプトは「ク...

続きを読む...

エコとは縁遠いものに大金を使う必要ある? 自動車メーカーがモータースポーツに参戦する理由

量産車への技術的フィードバックはほとんどない  自動車業界が100年に一度の変革、CASE(Connected・コネクティッド/Autonomous・自動化/Shared・シェアリング/Electric・電動化)をキーワ...

続きを読む...

史上最強の300馬力! ニュル最速FFを狙うルノー・メガーヌR.S.トロフィーが日本登場

F1ドライバーも絶賛するパフォーマンスを披露!  ルノー・ジャポンは、モータースポーツで培ったノウハウを注ぎ込んだホットハッチ「メガーヌR.S.トロフィー」を10月31日(木)より発売する。日本導入を記念し、三重県・鈴鹿...

続きを読む...

1 / 712345...»

デイリーランキング