「タグ: 交換」の記事一覧

交換に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

タイヤだけ変えてもダメ! 見落としがちな「エアバルブ」交換とその役目

タイヤ交換と同時に交換するのがベスト!  タイヤも消耗品だけに、溝がなくなってきたり、表面にヒビや亀裂が出てきたときなど、定期的な交換が必要だ。交換時はタイヤを新品にするだけでなく、バランスを取るなど、付属的な作業もいろ…

続きを読む...

ある意味「夏タイヤ」より寿命は短い! 残溝以外にもある「スタッドレス」の交換タイミングとは

溝が2分の1になったら雪道走行はNG!  降雪地域のドライバーは、とっくに愛車の足もとをスタッドレスタイヤに交換済みだと思う。一方で、あまり雪の積もらない地域のドライバーは、雪が積もるという天気予報を見て、慌ててチェーン...

続きを読む...

高くても「純正」の選択が吉! 社外品は避けるべきクルマのパーツ7つ

ディーラーなどで純正パーツを取り寄せることも可能!  純正パーツが用意されているもののなかにもアフターパーツがあるのはご存じだろうか。広い意味ではオイルやタイヤがそうだし、メンテナンスパーツでもオイルフィルターやエアクリ…

続きを読む...

純正で「ランフラット」を履くクルマが「普通のタイヤ」に交換してもいいのか?

タイヤサイズが同じで溝が残っていれば保安基準上はOK!  BMWやレクサス、メルセデス・ベンツやアウディ、日産GT-R(R35)などに純正装着されているランフラットタイヤ。ランフラットタイヤは、パンクなどで空気圧がゼロに...

続きを読む...

タイヤを替えるだけで「満足」してはダメ! 見落としがちなクルマの冬支度5つ

外気温が氷点下になる季節は濃度を濃くしておかなければならない  早いもので今年もあとわずか。皆さん、クルマの冬支度はお済みだろうか。  人間に衣替えが必要なように、寒くなってきたらクルマにも寒さ対策が必要だ。クルマの冬支.…

続きを読む...

かつて消耗品の定番! メンテフリーと言われるいまクルマの「スパークプラグ」は本当に「交換」しなくていい?

ひと昔前までは車検ごとに交換する消耗品だった  スパークプラグといえば、1990年ぐらいまでは消耗品の代表格。車検ごとに交換したり、こまめに点検をして先にある電極が減っていないかとか、丸くなっていないか。そしてススの付着...

続きを読む...

表面を削るだけじゃダメ! トラブルを避け寿命も延ばせる「新品タイヤ」の慣らしとは

夏タイヤは80km/h以下で100km以上ならし走行をすべき!  エンジン以外でも、新品の状態から動かす場合、ウォーミングアップ的に慣らしをする必要があるものは多い。足まわりやブレーキなどだが、タイヤも慣らしが必要とされ...

続きを読む...

厳しい「音量規制」で「パワーアップ」も困難! 自動車カスタムの定番「マフラー交換」のいま

排気音量は年々厳しくなる傾向にある  エンジンのパワーアップ、チューニングの第一歩としてスポーツカーから、SUV、ミニバン、軽自動車にまで定着しているマフラー交換。  パワーアップの要諦は、エンジンへの吸入空気量を増やす...

続きを読む...

「高いモノ」が「最適」じゃない! じつは難しい「ブレーキパッド」の選び方

国産車と輸入車の純正パッドは特徴が異なる  ブレーキパッドは消耗品のひとつ。乗用車で通常3~4万kmごとの交換が推奨されている。車検のときに残量を点検し、新品の半分(5mm)ぐらいまで減っていたら交換するのが理想で、残り...

続きを読む...

スリップサイン手前でも性能は下落! 減らずとも経年劣化! 危険を避けるための「タイヤ交換」本当の目安とは

スリップサインは危険の一歩手前というギリギリレベル  今や消耗品も減りメンテナンスフリー化がどんどん進むが、残されたなかでも大モノなのがタイヤだ。今でも残っている消耗品というのは、逆になくすことができないわけで、それだけ…

続きを読む...

「エンジンに入る量」と「缶の量」が合わない問題! 入りきらず残った「クルマのエンジンオイル」はどうする?

半年程であれば新品と同等の性能や質を維持できる  エンジンオイルの容量はクルマによってけっこうマチマチ。ところが、カー用品店で見かけるオイルは4リットル缶がレギュラーサイズ。軽自動車用に3リットル缶も売ってたりするが、種...

続きを読む...

交換時期の前に減ったクルマのエンジンオイルは継ぎ足せば問題ない?

エンジンオイルはロングライフ化が進んでいる  エンジンを保護するために必要不可欠なオイル。1分間に何千回転も高速回転を続けるだけに、その役割は非常に重要なものと言える。  そんな重要な役割を持つエンジンオイルだが、最近の...

続きを読む...

高速で疲れる! タイヤがすぐ減る! クルマの「ショックアブソーバー」ヘタリの診断方法と交換時期とは

「ダンパーがヘタる」とは劣化でオイルの粘度が保てなくなること  クルマの乗り心地を大きく左右するショックアブソーバー。ショックをアブソーブ(吸収、緩和)パーツという意味で、こいつがないと、タイヤが凸凹を通過したり、クルマ…

続きを読む...

溝の有無だけではダメ! あまり乗らないクルマのタイヤ交換のタイミングとは

溝が減っていなければまだ使えそうにも見えるが……  いくらクルマが進化しようが、機械である以上、消耗品がなくなることはないだろう。日ごろのメンテナンスが大切ということになるのだが、なかでもタイヤはたった4本でクルマを支え...

続きを読む...

即点検のアラートも! クルマの「無視してもいい異音」と「ダメな異音」

エンジンルームから聞こえる異音は修理が必要なことが多い  大事に乗っていた愛車であっても、ある程度の年数や距離を重ねてしまうと、各部に摩耗や不具合が出てきてそれまで聞こえなかった異音に気付くことがある。  異音は通常発す.…

続きを読む...

1 / 512345

デイリーランキング