「タグ: 充電」の記事一覧

充電に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

いまクルマを買うなら「プラグインハイブリッド」がベストな選択かも! 多数揃った国内外モデルの「買い」とは

国産車、輸入車ともに多彩なラインアップがそろう  世界的なクルマの電動化の流れ、将来的な規制から、次期愛車を電動車にしたいと思っている人も少なくないはずだ。しかし、これまで内燃機関のクルマに乗り、ガソリンスタンドでささっ…

続きを読む...

モノによっては1000万円も! EVの急速充電は約10年で交換が必要だった

ガソリンスタンドのタンク交換でも高額な費用がかかる  電気自動車(EV)の充電には、200Vの普通充電と、直流電流を使い一気に充電を行う急速充電がある。そのうち高速道路のサービスエリア(SA)や道の駅などで移動途中に立ち...

続きを読む...

電気代は高い? 急速充電でも速度が違う? オーナーが語るEV「充電」のリアル

充電方法は大きく分けて2種類存在する  近い将来、電動車が中心となることがアナウンスされている自動車業界。だからといってすぐにすべての自動車が電気自動車になる、というわけではないものの、なかには電気自動車が気になっている.…

続きを読む...

充電待ちをせず「バッテリーごと交換」という中国の仰天EVサービス! 一見画期的だがナンセンスなワケ

過去にもバッテリーを共有するという提案は存在した  昨年、中国の企業が電気自動車(EV)の駆動用バッテリーのサブスクリプションをすると発表があった。バッテリーを所有するのではなく、利用するという発想だ。これにより、EVの...

続きを読む...

オーナーが本音で語る! セカンドカーなしの「電気自動車1台」でコト足りるのか?

日常使いであれば航続距離も不安がないレベルにまで向上している  ここへきて多くのメーカーからリリースが相次いでいる電気自動車。日本でも純ガソリン車の販売を規制する動きが出てきており、にわかに注目が集まっているジャンルとい…

続きを読む...

急速充電は要る? EVモードの航続距離は? いま注目のプラグインハイブリッドの選び方

日常の買い物ほどの短距離走行では電気だけの走行が可能だ  これからのクルマの主役は電動車であることは間違いない。誤解してほしくないのは、電動車とは、100%電気で(モーターで)走るピュアEVだけを指すのではない。軽自動車...

続きを読む...

給油口と違ってノーズに設置するクルマも! EVやPHVの「充電口」の場所がバラバラな理由

モーターなどの搭載位置によって変わってくる  電気自動車(EV)の充電口は、日産リーフがボンネットフード側にあり、ホンダeも同様だ。BMWi3もそうだ。一方で、三菱自動車のi-MiEVやテスラはリヤフェンダーに設けている...

続きを読む...

いま電気自動車の先代リーフは「50万円以下」もゴロゴロ! 「安い中古EV」は買っても大丈夫か?

満充電で数十キロしか走行できないケースも  2010年から発売がスタートした日産の電気自動車であるリーフ。現在は2代目が販売されており、今年の9月には累計生産台数が50万台を突破している。  そんなリーフもデビューから1...

続きを読む...

「1分でも長いほうがいい」とは限らない! EVの充電時間と走行距離の難しい関係

バッテリーの残量が少ない方が充電のスピードは速くなる  電気自動車を走らせる上で最大の悩みどころが充電の問題であることは言うまでもないだろう。ガソリンスタンドに駆け込んで数分で満タンになるエンジンを搭載したモデルとは異な…

続きを読む...

コロナ禍で自動車トラブルにも変化! 今夏JAFの出動理由で増加中の「バッテリー」の不具合とは

10分以下の走行ではうまく充電されず傷めてしまうだけ  ロードサービスを行っているJAFからは、出動理由のデータが細かく発表されているのだが、見ていて最近気になることがある。それがバッテリー関係のトラブルが増えているとい...

続きを読む...

ただ走り回るのは非効率! 弱ったクルマのバッテリーを充電する方法とは

日常的に動かさない場合にありがちなバッテリーの自然放電  毎日の通勤や送迎、買い物など日常的にクルマを動かしている人であれば、あまり関係のない話かもしれない。しかし、週末しかクルマに乗らないという人だと、意外とありがちな…

続きを読む...

加速度的に進むクルマの電動化でインフラ整備が難しい発展途上国はどうなるのか

EVには価格の高さやインフラ、航続距離の問題などがある  2010年代に入り、大手自動車メーカーとして初めて三菱がi-MiEV、そして日産がリーフを量産化した。それに伴い充電インフラも徐々に増えていき、日本ではEVを”珍...

続きを読む...

【いま買うならHV? それともPHV?】続々増加中のプラグインハイブリッド買って得する人損する人

PHVはバッテリーが底をついても電欠の心配は無用!  世界中のクルマが今、電動化の道を進んでいる。20××年までにすべてのクルマを電動化する! と宣言している自動車メーカーもあるぐらいなのだから。  では、これから新車を...

続きを読む...

【なぜ世界的に統一されない?】ユーザーメリットを損なうのにEVの充電ソケットが多数存在するワケ

日本のチャデモ vs 欧州のコンボコネクターの覇権争い!  EVの充電には、大きく2つの方法がある。ひとつは、自宅や会社で普通充電と呼ばれる交流での充電。もうひとつは、急速充電器と呼ばれる直流での充電だ。ところが、充電ソ...

続きを読む...

1 / 212

デイリーランキング