「タグ: 危険」の記事一覧

危険に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

クルマが汚いと「危険」が増す! 洗車や車内清掃が「事故率」減少に有効なワケ

この記事をまとめると ■汚いクルマはきれいなクルマと比べて事故に遭いやすい ■ドアパンチや当て逃げをされる可能性も高くなる ■クルマを汚いままにしておくことによるリスクを解説する 汚いクルマは事故に遭うリスクが高まる  ...

続きを読む...

「違反」もあれば「死傷」の危険もある! 走行中のクルマの同乗者のやってはいけない「寝方」とは

この記事をまとめると ■走行中のクルマの助手席で寝る際には危険な寝方がある ■シートベルトをして背もたれは倒しすぎないことが基本 ■エアバッグが開いたときに危険な姿勢がある 寝ている時でもシートベルトは絶対に着用しよう ...

続きを読む...

剥き出しかつ簡単固定! 増設も簡単! 素人目には「危険」にみえる大型トラックの「燃料タンク」の謎

この記事をまとめると ■トラックの給油タンクはむき出しになっている ■固定方法についてもバンドで止めているだけだ ■このような様式で危険はないのかについて解説する トラックの給油タンクはむき出しでバンドで止まっているだけ...

続きを読む...

安全は「お金」で買える! 梅雨入り前に確認したい「交換すべき」タイヤ溝残量とは

グリップ力が低下してスピンする危険性も!  タイヤは路面と摩擦することによりグリップ力を発揮しているので、使用すればするほど摩耗し、溝の部分が浅くなる。  保安基準では、スリップサイン(残り溝=1.6mm以下)が出たタイ...

続きを読む...

相対速度140km/hでのすれ違い! 簡易なポールだけで仕切られた対面通行の高速道路は「死亡事故率」が高く危険だった

対向車線への飛び出し事故は死亡事故の約7割を占める  高速道路や自動車専用道路は、中央分離帯で上下線が区切られ、片側2車線以上になっているのが一般的。しかし、交通量が少ない、整備途中であるなどの理由から、暫定的に片側1車...

続きを読む...

無免許運転による重大事故は年間2万件! 意外と知らない「無免許」の定義とは

運転者だけでなく車両の提供や運転の依頼、同乗でも罪に問われる  内閣府の平成30年交通安全白書によると、平成29年中における車両等の道路交通法違反(罰則付違反)の取締り件数は648万2541件で、悪質性・危険性の高い違反...

続きを読む...

トラウマで運転嫌いになることも! 初心者が「怖さ」を感じがちなポイント5つと対策

ちょっとした動作を加えることで怖い思いをしないで済むことも  卒業・就職シーズンになると、自動車教習所はどこも満杯、というのがお約束でしたが、今年はコロナ禍の影響もあってずっと満杯の状況が続いているようです。きっと、もう…

続きを読む...

「方向感覚」さえ狂わせる恐怖の「ホワイトアウト」! その実態と走行中の対処法とは

記録的大雪で大規模事故につながったケースも  ここ数年の豪雪で話題になるのが、ホワイトアウト。2020年から2021年にかけての冬も各地で発生し、東北自動車道で起こった140台もの玉突き事故ではホワイトアウトで先頭車両が...

続きを読む...

AT車で「P」レンジに入れて「パーキングブレーキ」なしは危険だった!

確かに「ロック」はされるが「簡素」な機構  いまや日本では乗用車の99%近くがAT車になっていて、MTは超少数派だ。世界的にみても、日本はAT大国となっている。  ところで、MTであれば駐車時にはパーキングブレーキをしっ...

続きを読む...

対面側が「赤」かわからなくて「怖い」! 「危険」とも思える「時差式信号」が存在するワケ

右折交通量が他の方向からの交通量より多い交差点に設置される  右折車が多い交差点などによく設置されている時差式信号。  対面交通の道路でいずれか一方の青信号の時間を延長することで、より多くの右折車を捌き、渋滞になるのを防.…

続きを読む...

真面目にクルマを運転しているだけなのに! 違反じゃないのに大惨事を招く可能性のあるポイント6選

せっかくのドライブも台無しになってしまう……  運転する前にクルマの周囲をくるっとひと回りして、4つのタイヤなどクルマに異常がないか、不審な点がないかをチェックしてから運転席に座るのが、安全運転への基本の「キ」ですが、み...

続きを読む...

間違っている人だらけ! クルマの安全性向上に最新装備よりも即効性のある正しいハンドルの握り方と回し方

たったこれだけでも安全性は大きく向上する!  安全装備には、積極的に回避するアクティブセーフティと事故にあったときにできるだけ安全性を確保するパッシブセーフティがある。つまり攻守みたいなものなのだが、アクティブセーフティ…

続きを読む...

「マニアってめんどくさい」で片付けるな! クルマ好きが同乗者にされてイラっとする行為4選

クルマじゃなくたって大切なものを雑に扱われるのは嫌なもの  愛車を大切にしている人であれば、クルマに無頓着な人を乗せたときなどにされてイラッとした行為のひとつくらいあるのではないだろうか。これを“マニアってめんどくさい”...

続きを読む...

橋の上は危険? 7月は事故が多い? 意外と知らないクルマの日常走行での危険なシチュエーションとは

リスクの大きい場所を知っていれば事故の減少も可能  できれば避けたい交通事故だが、交通事故のリスクは条件によって大きく変わる。  たとえば、基本的に季節の変わり目は事故が多い。交通事故総合分析センターのデータによると、1...

続きを読む...

国民生活センターに苦情も! 自動ブレーキ装着車オーナーが知っておくべき真実

緊急時に被害を軽減するものでエアバッグのように解釈すべき  もともと「衝突被害軽減ブレーキ」と呼んでいた機能が、いつの頃から「自動ブレーキ」と呼ばれるようになった。英語ではAEB(Autonomous Emergency...

続きを読む...

デイリーランキング