「タグ: 安全性」の記事一覧

安全性に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

レーシングドライバーが最高に安全なクルマは「スポーツカー」と語るワケ

この記事をまとめると ■クルマの安全性にはアクティブセーフティとパッシブセーフティという考え方がある ■パッシブセーフティは衝突時の安全性でクルマが衝突したときの被害を軽減する能力をいう ■アクティブセーフティは危険回避...

続きを読む...

子どもの命を守る「重要すぎる」アイテム! やむを得ず「ネット通販」でチャイルドシートを購入する場合の「必須」チェック事項とは

チャイルドシートは子供の成長によって3タイプが用意される  クルマのシートベルトは大人が使用することを前提に作られているので、体が小さく骨格も発達途中でもろい子供は、その代わりに命を守ってくれる装置として、チャイルドシー…

続きを読む...

賛否両論の「自動運転」&「EV化」! 安全や環境対策以外に秘めた「大いなる可能性」とは

本当の意味で万人に役立つ移動手段となる可能性を秘めている  新しい技術の可否については、さまざまな視点があり、それぞれに理由があるはずだ。そのなかで、自動運転とワンペダル操作について、期待を述べたい。  自動運転について.…

続きを読む...

なぜ「安全」といえばメルセデス・ベンツなのか? 「神話」が誕生した理由とは

メルセデス・ベンツは約80年前に安全への取り組みをはじめていた  メルセデス・ベンツは、1939年に安全の取り組みをはじめている。日本では、その3年前の1936年に、トヨタ自動車がAA型と呼ばれる最初の乗用車をつくった時...

続きを読む...

クルマのライトでキラキラ反射する「カレット舗装」とは

車道の区別や横断歩道などをわかりやすく注意喚起している  カレット舗装とは、ガラス廃材のうちガラスとして再利用できないものを捨ててしまうのではなく、粉砕し、アスファルト舗装に混ぜて使うことで、路面がヘッドライトなどの光に…

続きを読む...

「池袋暴走事故」で被疑者が主張する「クルマの故障」は起こりうる? レーシングドライバーが斬る!

判断ミスや操作ミスだけではない精神的なヒューマンエラーもある  昨年、東京都内池袋地区で痛ましい事故が発生。一組の母娘が尊い命を落とし、多くの怪我人も発生した。まだ記憶にも新しく、そして永遠に消えることのない悲惨な事故が…

続きを読む...

MX-30登場で話題の「観音開きドア」! 中央に「柱」がないけど安全性は問題ないのか?

Bピラーがあるクルマと同等の強度を確保している  トヨタの初代クラウンで採用されていたことでお馴染みの観音開き。観音開きというのは、前後のドアがどちらも後ろ向きに開くのではなく、後ろのドアは前向きに開くスタイルのことで、.…

続きを読む...

デザインよりも重要なものがある! いまクルマの「窓枠」が続々復活するワケ

ボディ剛性確保の難しさや防犯性を考えると致し方ない判断  ハードトップというのは、昭和から平成にかけて多く存在。セダンタイプのボディ形式のなかでもデザイン性が高く、人気のグレードだった。本来はソフトトップに対してのハード…

続きを読む...

高速道路の「120km/h」は危険か否か? レーシングドライバーが語る「運転者の意識」向上の必要性とは

クルマ自体の安全性を高めるのも重要な要素のひとつ  国内の最高速度は高速道路での100km/hが上限とされてきた。クルマの性能は年々高まり、高速道路での車線も増え、交通環境も良くなるなど環境も変化。近年では東名高速の一部...

続きを読む...

軽自動車が「危険」は車体サイズが原因じゃない! レーシングドライバーが語る「問題点」とは

この記事をまとめると ■基本的な衝突安全性能の評価はクルマの大小にかかわらず条件を変えていない ■さまざまな軽自動車を試乗テストすると、衝突安全性よりも操縦安定性が気になる ■軽自動車は「小さくて危険」よりも「操縦性を重...

続きを読む...

ホントに入ってる? かつては「ココにあり!」感の強かった「エアバッグ」が目立たなくなったワケ

小型化と併せて目立たないようにする工夫がなされている  エアバッグを世界初で装備したのは1981年に登場したメルセデス・ベンツのSクラス。日本車では1987年に登場したホンダのレジェンドで、一時話題になったタカタ製を搭載...

続きを読む...

プリウスが装備充実で安心・安全性を強化! トヨタセーフティセンスや外部給電機能などを標準化

さらに装備を充実させた特別仕様車も設定  トヨタ自動車は、日本を代表するハイブリッドカー「プリウス」ならびに「プリウスPHV」の安全・安心機能を強化し、7月1日より発売した。メーカー希望小売価格(税込み)は、プリウスが2...

続きを読む...

挑戦するもすぐに消滅! 前席横並び3人掛けの乗用車が一般化しないワケ

国産車も輸入車も存在したがどれも短命だった  今では乗用車に見かけなくなったクルマのパッケージとして、前席3人掛けがある。昔のアメリカ映画に出てくる、巨大なアメ車のソファのようなベンチシートに男(運転席)と、中央席に寄っ.…

続きを読む...

物理的には不利! 車体の小さい軽自動車の安全性は普通車に劣るのか

交通事故死者数の大幅減は軽自動車の安全性向上も大きな要因!  車体の小さい軽自動車は、衝突事故の際に危険だとの見方が根強い。一方で、1998年に改定された現行の軽自動車規格による車体寸法の拡大は、衝突したクルマ同士の安全...

続きを読む...

VWポロが仕様変更を実施 人気オプションのセーフティパッケージに“レーンアシスト”を追加

VWのレーンアシスト採用モデルは約8割に増加  フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、人気のコンパクトハッチバックのポロを一部改良し、オプションパッケージの仕様変更を行った。  2018年にMQBモジュールを採用して...

続きを読む...

デイリーランキング