なぜ「安全」といえばメルセデス・ベンツなのか? 「神話」が誕生した理由とは (1/2ページ)

なぜ「安全」といえばメルセデス・ベンツなのか? 「神話」が誕生した理由とは

メルセデス・ベンツは約80年前に安全への取り組みをはじめていた

 メルセデス・ベンツは、1939年に安全の取り組みをはじめている。日本では、その3年前の1936年に、トヨタ自動車がAA型と呼ばれる最初の乗用車をつくった時代に近い。

【関連記事】じつは100万円以下! ハッタリかましてステータスを感じさせられる中古車3選

トヨダAA型画像はこちら

 ガソリンエンジン自動車は、ドイツのカール・ベンツによって1886年に誕生しているので、メルセデス・ベンツにとっての1939年は、自動車づくりですでに53年もの経験を積んでいた時代になる。それでも当時はまだ、世界的に安全について語られることが少なく、ベラ・バレニーという技術者をメルセデス・ベンツが迎え入れたことは画期的な出来事といえる。そして衝突安全性についての研究をはじめたのである。

 バレニーは、メルセデス・ベンツに34年間在籍し、その間に2500件に及ぶ特許を取得した。なおかつ、「エンジンよりも先に人間を」の基本的考えにより、特許はすべて無償公開している。

 バレニーの功績の一つが、今日ではすべての自動車に適用されている衝撃吸収車体構造だ。これは、衝突する車体前後は潰れやすくすることで衝撃を吸収し、客室部分は堅牢な構造として人命を守る考えに基づいた車体設計である。この設計を用いたメルセデス・ベンツ180は、1953年に発表されている。トヨペットクラウンが誕生したのは、その2年後の1955年のことだ。自社開発にこだわったトヨタがようやくクラウンを発売したとき、メルセデス・ベンツは衝突事故を視野に入れた乗用車を実現していたのである。

衝突安全性のイメージ画像はこちら

画像ギャラリー