「タグ: 日産」の記事一覧

日産に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

命を守る安全装備なのにナゼ? 後席の「エアバッグ」が普及しないワケ

確実に作動させるためには条件が厳しい  衝突安全機能として、エアバッグは70年代に米国で実用化が図られた。当初はモニター調査用やオプション装備としての扱いであった。背景にあったのは、シートベルトの着用が面倒であったり、快...

続きを読む...

初代から受け継がれるフェアレディZの魅力とは? 新型はどうなる?

50年続く日本を代表するスポーツカー  日本を代表するスポーツカー「日産フェアレディZ」。アメリカでも大ヒットし、多くのファンに愛されているモデルであり、2020年には新型モデルのプロトタイプも発表された。あらためて歴代...

続きを読む...

新型日産キャシュカイが欧州で登場! e-POWERに話題のVCターボを組み合わせた注目SUV

日本にも導入を希望したい魅力的なSUV  日産自動車は、欧州市場にて発売されるクロスオーバーSUV「キャシュカイ」の新型モデルを発表。2021年夏より欧州にて発売する。  キャシュカイは2007年にデビューした、欧州Cセ...

続きを読む...

ニスモからブースト圧も変更したスカイライン400R専用「スポーツリセッティング・タイプ2」が発売

より力強い走りのためにブースト圧などチューニング!  日産車の性能を引き出すチューニングアイテムなど手掛けるニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(ニスモ)は、走りを磨き上げたスポーツセダン「スカイライン」の上級…

続きを読む...

手放し運転可能な「2.0」があるのになぜ? 話題の日産ノートが「普通の」プロパイロットを採用したワケ

従来のプロパイロットとは異なる進化した機能を持ち合わせている  日産がスカイラインで実現したのが、ハンズフリー運転を可能にし、従来のACCに足りなかったカーブ、料金所、速度制限標識まで認識するプロパイロット2.0である。...

続きを読む...

自社開発をやめても販売は続ける! マツダやスバルがOEM軽自動車を扱う「止むに止まれぬ」事情

軽自動車は薄利多売でありながら売れ筋のカテゴリーだ  軽自動車はOEM(相手先ブランド供給)が活発で、もっとも顕著なのは軽商用車だ。スズキが製造するエブリイは、日産NV100クリッパー、マツダ・スクラムバン、三菱ミニキャ...

続きを読む...

32GT-Rのエンブレムをデザイン! キャライフにてスカイラインGT-Rマスクが発売中

GT-Rエンブレムがワンポイントで施されたファン必携アイテム  往年の名車などをモチーフにしたアイテムを多数取り揃える、ワキプリントピアが運営するECサイト・キャライフ。新製品として、スカイラインGT-R(BNR32)マ...

続きを読む...

かつて高性能車の証だったグレード名「GT」! 最近激減している理由とは

スポーツモデルの代名詞といえるグレード名だった  かつてトヨタが「名ばかりのGT達は、道を開ける」というキャッチコピーを掲げたことがあった。それは1979年にスポーツクーペである「セリカ」がDOHCエンジンを搭載した際に...

続きを読む...

【ムービー】筑波オブ・ザ・イヤー2020はどのクルマに? CARトップ恒例サーキットテストPart2

話題の軽自動車やSUVの実力はどうか?  姉妹誌のCARトップが長年行っている、注目の新車の性能をチェックする筑波サーキットテスト。2020年も魅力的な新車を多く走らせて評価してきた。  今回は、その集大成となる、筑波オ...

続きを読む...

日本に向けて作った感が薄い「スープラ」「GT-R」「NSX」! 北米では売れているのか?

高付加価値なスポーツカーとして安定した需要  日本車なのに、日本国内ではほとんど姿を見ないホンダNSXや、たまに見かけるスープラは、アメリカではどうなっているのだろうか? また、これら2モデルとのガチンコライバルであるG...

続きを読む...

話題のカスタムカーだけじゃない! オーテックジャパンは福祉車両からレース用部品まで手掛ける職人集団

これまでに数多くのスペシャルモデルを生み出してきた  1986年に日産グループ内の特装車と機能と人材を集結させ、独立会社として設立された「オーテックジャパン」。その業務は多岐に渡り、カスタムカー、福祉車用、商用特装、さら...

続きを読む...

普通に考えて30年前の中古車! 90年代国産スポーツの価格が驚くほど高騰するワケ

走りを追求したストイックなスポーツモデルは稀少な存在に  このところ、1990年代の国産スポーツの中古車価格が驚くほど高い! 平均価格が1600万円以上の日産スカイラインGT-R(R34)を筆頭に、R33、R32も500...

続きを読む...

単なる「高級車」以上の使命があった! トヨタ・センチュリーを途絶えさせてはいけないワケ

海外と比べると本格的な国産高級車は少ない  日本の高級車というと、思い浮かぶのはレクサスLSだろうか。ドイツのメルセデス・ベンツSクラスや、英国のジャガーXJなどと競合する車種といえるだろう。  しかし英国のロールス・ロ...

続きを読む...

ノートの「純ガソリン車」廃止で乗り替え客が発生! それでも「マーチ」が売れないワケ

新型ノートはe-POWERのみ搭載する  2020年の末にフルモデルチェンジを行った日産ノートは、ノーマルエンジンを用意せず、ハイブリッドのe-POWERのみを搭載する。ノーマルエンジンを廃止した理由を開発者にたずねると...

続きを読む...

冬のアウトドアはおまかせ! 電力を自給自足できる「e-NV200ウインターキャンパーコンセプト」が欧州で発表

充電もソーラーパネルで行える本格アウトドア仕様  日産自動車は、電気自動車の小型商用車「e-NV200」をベースに、冬のアウトドアを存分に楽しむことができるコンセプトモデル「e-NV200ウインターキャンパーコンセプト」...

続きを読む...

1 / 2712345...»

デイリーランキング