「タグ: 純正」の記事一覧

純正に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

純正で62個のスピーカーが用意されたクルマも! スピーカーは数が多いほどいい音で聴けるのか

純正でも迫力あるサウンドを楽しめるモデルも存在!  音楽好きのドライバーなら、車内で、できるだけいい音で音楽を聴きたくなるのは当然だろう。純正オーディオに満足できず、手を加えている人も多いと思う。  車内でいい音を聴いて.…

続きを読む...

レンガの大きさが元だった! カーオーディオの1DIN・2DINの「DIN」とは

インパネのデザイン性が上がってスペースが取れなくなっている  最近、あまり聞かなくなったのが、DINという規格。DINとはドイツの工業規格で「Deutsch Industrie Norm」の頭文字を並べたものだ。レンガの...

続きを読む...

メーカー純正でコラボ採用の「シート」と「ブレーキ」は圧倒的に「レカロ&ブレンボ」! ここまで「偏る」理由とは

モータースポーツでの実績や知名度、ブランド力は抜群!  クルマの部品はおよそ3万点といわれているが、そのなかで同じ標準装着パーツでも、普通の純正パーツのほかに、パーツメーカーのブランドが強調されることで、商品性が高まるス.…

続きを読む...

個性的な9種類を設定! Honda純正アクセサリー「キーカバー」が新デザインで2021年2月に発売

従来よりも発色やデザイン性を追求!  ホンダ車のアクセサリー用品などを手掛けるホンダアクセスは、純正スマートキーに装着することができる樹脂製キーカバーのデザインを一新。2021年2月下旬より、全国のホンダカーズにて発売す...

続きを読む...

「純正ホイール」流用がいま熱い! アフターに勝るとも劣らないノーマル活用カスタムと注意点

王道のGT-R純正ホイールは今でも人気!  ドレスアップの第一歩がホイール交換と言われるのは、純正ホイールがなんとなく野暮ったく、社外品に履き替えることで手っ取り早く個性的でスタイリッシュなクルマに仕上げられるため。  ...

続きを読む...

美しくて省電力で長寿命! いいことずくめのLEDテールランプに潜む弱点とは

LEDは一粒点灯しないだけでも車検には通らない  国産車では2003年ごろから普及し始めたLEDのテールランプ。従来の電球よりも明るいし、消費電力は少ないし、点灯・消灯の応答速度も早く、長寿命でメンテナンスフリーとメリッ...

続きを読む...

トヨタのディスプレイオーディオにApple CarPlayとAndroid Autoを標準化すると発表 6月以降順次搭載

より多くのユーザーがコネクティッドサービスを体感可能に  トヨタ自動車は、ディスプレイオーディオのオプションサービスとなっているApple CarPlayならびにAndroid Autoを標準装備化し、6月以降に発売され...

続きを読む...

車載ディスプレイで操作可能! アルピーヌA110の純正アプリとカーナビタイムが連携

人気カーナビアプリをディスプレイで操作可能に!  アルピーヌ・ジャポンは、アルピーヌA110に搭載される純正アプリ「Alpine mySPIN」が、ナビタイムジャパンの提供するカーナビアプリ「カーナビタイム」との連携を開...

続きを読む...

【なぜメーカーは新車状態でツライチにしない?】フェンダーとタイヤのすき間が大きいクルマが多いワケ

歩行者への安全性が考慮されている  ドレスアップにおいて王道であり、基本と言われているのはフェンダーとタイヤをツライチにすることだ。つまりフェンダーとタイヤのフェイス面が同一線上にある状態で、見た目は確かにかっこいい。逆…

続きを読む...

辿り着ける? それともガス欠の危険あり? メーターに表示される航続可能距離の信憑性とは

走行状況によって航続可能距離の表示は変わってくる  最近のクルマにはすっかり標準化されている燃費計。走り方や環境によって、燃費が良くなった・悪くなったと一喜一憂するのもいいが、実用的に気になるのは、瞬間燃費や平均燃費より…

続きを読む...

単なるカッコつけ? 市販車が標準装着するリヤウイングは公道しか走らなくても意味はあるのか

一部のスポーツカーに標準装着されているリヤウイングだが……  日産GT-R(R35)やスバルWRX STIなど、一部のスポーツカーに標準装着されているリヤウイング。サーキット走行ならともかく、速度域の低い一般道や、高速道...

続きを読む...

ドレスアップには興味がない! そんな人でもクルマのホイールを交換したほうがいいケースとは

ホイール交換によって走りが変わる可能性も大きいが……  ホイールというのはタイヤと一緒になって機能するものなので、自動車メーカーもかなり気を使って、真面目なものを採用している。したがって耐久性や真円度、均一性、フィッティ...

続きを読む...

長年乗るひとは必見! 早めに確保しておかないと手に入らなくなる補修部品5選

交換したいときにはすでに製造廃止の場合も……  当然のことだが、クルマのパーツは永遠に供給されるものではない。家電のように供給保証期間が決まっているわけではないが、だいたい10年を過ぎるとポロポロと欠品が出てくる。さらに...

続きを読む...

クルマのパーツが壊れたり寿命で交換するならアフター物か純正か? パーツごとの選び方11選

モノによっては社外パーツを選んだほうがお得かつ性能もいい  クルマは消耗品の固まりだ。走行距離が伸びるにつれ、あるいは年数が経つにつれ、いろいろなところがくたびれてくる。そうしてパーツが寿命を迎えたとき、純正パーツを手配…

続きを読む...

タイヤ交換の際は純正サイズから変えないほうがいいのか?

走りを変えるならサイズは純正のままで銘柄を変えるほうが先  タイヤを交換する際に、せっかくだからインチアップしてドレスアップしたい、タイヤのパフォーマンスを上げたい、と考える人も多いだろう。こうした場合、タイヤの外径を変…

続きを読む...

デイリーランキング