「純正ホイール」流用がいま熱い! アフターに勝るとも劣らないノーマル活用カスタムと注意点 (1/2ページ)

noteで書く
「純正ホイール」流用がいま熱い! アフターに勝るとも劣らないノーマル活用カスタムと注意点

王道のGT-R純正ホイールは今でも人気!

 ドレスアップの第一歩がホイール交換と言われるのは、純正ホイールがなんとなく野暮ったく、社外品に履き替えることで手っ取り早く個性的でスタイリッシュなクルマに仕上げられるため。

 そうしたなかで、例外的に他車の純正ホイールなのに「自分のクルマに履かせたい」と思わせる出色の純正ホイールも存在する。その代表といえば、R32GT-Rの純正16インチホイールだろう。

【関連記事】いまや20インチも当たり前! 自動車メーカーが進める大径偏平タイヤ化のメリットとは

R32GT-R純正の16インチアルミホイール画像はこちら

 スポーツホイールの王道の5本スポークで、しかも鍛造! R32やR33のタイプMをはじめ、シルビア、180SX、ローレルなどの日産車、さらにはRX-7やチェイサーにまで流用され、当時は盗難も多かった! また17インチになったR33GT-Rの純正ホイールも人気で、ドリ車などへの流用が盛んだった。R34GT-Rの純正ホイールは、R32GT-Rに流用するパターンもよく見られた。

 その他、日産系ではフェアレディZ(Z33)の純正18インチホイールを、エルグランド(E52)などに流用するのもひとつの手だ。

日産フェアレディZ(Z33型)のフロントスタイリング画像はこちら

 トヨタ系では、レクサスRXの純正20インチホイールを、アルファードに流用したり、レクサスISの18インチをクラウンに流用したり、クラウンの純正ホイールをマークⅩに流用するのも可。

レクサスRXのスタイリング(サイド)画像はこちら

 200系クラウンの18インチを、ノアやヴォクシーに流用しても意外に似合う。C-HRのホイールも個性的なので、流用すれば面白いかもしれない。

200系クラウンのホイール画像はこちら

名前:
藤田竜太
肩書き:
モータリングライター
現在の愛車:
日産スカイラインGT-R(R32)/ユーノス・ロードスター(NA6)
趣味:
-
好きな有名人:
-
noteで書く

画像ギャラリー


新着情報